神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

剣と馬『藤森神社』

本日は前々から参拝したかった藤森神社

へ。

京阪墨染駅が最寄というものの、周りは

もろに住宅街。。

割と狭い割に人と車の通りが多い道を

くねくね進むと突然見える大きな看板。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217213906j:plain

これが本日の目的地藤森神社です。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217214008j:plain

とりあえず神社に一礼。

(といっても車で通過したんですが。。)

鳥居をくぐって向かって右に駐車場が

完備、止めてみると分かるのですが、、、

正直止めづらいw境内の木は払わずに

残したまま空きスペースを駐車場として

開放している格好なので根っこで

でこぼこ、駐車の際も周りの木に注意、

まあ20分は無料なので文句言えんけどw

 

さて、本殿に向かう途中の建物にも歴史を

感じさせる馬の絵が。馬の社は伊達では

ないようです。ところで勝ち運&馬で

どうしても連想するのは競馬。。

僕はやらないのでわからないですが、

やっぱり競馬の必勝祈願とかそういう方の

人気も高いのでしょうか。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217214725j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20171217215527j:plain

さてさて、本殿にお参りを済ませて本日の

目的を果たす事とします。

それは、、、御朱印帳の購入。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217215846j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20171217215854j:plain

こちらは馬もですが、刀剣にも所縁がある

そうで、刀剣のお守りもあり、ほかにも

御朱印帳にも刀剣をあしらったもので、

これがかっこいい!(個人の感想です。)

地が紺と白、桜に神紋、にこにこして

見守って下さる宮司様を前に軽く30秒

ほど悩んだ末、紺の方をお買い上げ。

しっかりと御朱印

も頂戴しました。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217225420j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20171217225507j:plain

優柔不断なおっさんはどう考えてもいい

印象はもたれないんですが、そこは小遣い

4万円/月でやりくりをしている中やむを

得ないのです。。

目的も果たしたのでぶらぶらと境内を

散策。本殿右には『御旗塚』という塚

(というか切株?)が鎮座しており何でも

腰痛に効くそう。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217222721j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20171217222727j:plain

10数年前はビンビンやったわしの

腰も(ry

他にも不二の水という湧き水もあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217225643j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20171217225716j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20171217225818j:plain

こちらは武運長久、

学力向上、勝運授与と何とも今の私の為

にあるような御利益が書かれていました。

がぶ飲みしたいところですが、いい大人

なのでそこは慎ましく一口、冷たくて

美味しい。御香宮さんといい、こちらと

言い、伏見は昔から美味しい水が沸いた

から酒蔵が多いのかもしれません。

他方、水を仰ぐだけあって横には

『水六訓』なるものが掲げられ、水への

感謝と、畏敬の念をひしひしと感じさ

せられるものでした。

 

あと、菖蒲の節句子供の日)の発祥の地

でもあるらしく

f:id:aoi0730kanon0930:20171217232000j:plain

こんな可愛らしい像も建立されてました。

菖蒲の節句⇒菖蒲=勝負⇒勝運と何だか

おやじギャグのようでもありますが、

要は言葉ではなくその歴史という事なの

かもしれません。

 

あとは七福神像も建立されていました。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217232644j:plain

残念ながら七福神さんとこちらのご縁まで

は調べることが出来なかったのですが、

勝運、不二の水、いちいの木に加え

七福神さんまでとは、、藤森神社さんは

もしかしたらものっすごいパワースポット

かもしれません。。

 

あと、見どころとしては宝物殿が無料

開放されていました。

f:id:aoi0730kanon0930:20171217230531j:plain

こちら残念ながら撮影不可だったので

写真は入口のみですが、奉納された物々

しい甲冑、無銘ながら鋭い光を放つ刀など

中々見ごたえのある展示だったので、

密かにお勧めですね。

 

今回はここまでです、これを書く際に

調べていたら今一番の旬な話題は

刀剣乱舞』(不勉強です。)の

キャラクター鶴丸国永』の聖地

だそうで。。。

そこら辺を予習してから行ったらもう

少し見え方も変わったかもしれないな~と

反省する今回の参拝でした。