神社に一礼

神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

お酒のアテシリーズ『へしこ』

僕は日本酒が好きです、というかお酒全般を愛してやまない典型的なおっさんな訳ですが、お酒好きは食べ物も『その食べ物がおいしいか』よりも『お酒と一緒なら美味しいか』または、『これはどんなお酒と合うか』が先に立つため、しばしば一般の方から食べ物の趣味がずれているとか思われてしまう事があります。

僕が美味ければそれでええねん(*゚Д゚)キィ-ッ!

などと母ちゃんに強がったりするものの、それでも同士がいればそれに越したことはない訳で、そんな訳で僕の独断と偏見によるお酒に合うグルメをご紹介。

『へしこ』

f:id:aoi0730kanon0930:20180719234810j:plain
もしかしたら名前すら聞いた事のない方も結構いるかもしれません。なので、順番にご紹介していきます。

1.へしことは

一言で言ってしまえばお魚のぬか漬けです。

ちょっと言ってる事がわかんないんですが。。(´∀`*)

初見の方はもしかしたらそんな風に思うかもしれません。ぬか漬けといえば漬物、きゅうりやナスでしょ?!というのがまあ当然の意見かもしれませんが、その先入観はひとまず脇に置いといてください。
種類は鯖が多分一番ポピュラーですが、他にも河豚、アジ、イワシなんかも見かけたりします。福井・丹後辺りの伝統食で、保存用に作られた(そらそうですよねw)のが起源なんだそうです。推察ですが、この2地域は昔から鯖街道というものがあるくらい鯖の流通が盛んだったため越冬の保存食のほか、京都や大阪へ運ぶ際の腐食対策なんかの一面もあったんじゃないかな~とか考えたりもしてます。

2.どうやって食うの??

オイルに浸かっていないオイルサーディンと近似した立ち位置にある食材と考えて貰えれば分かりやすいかと。
全然わかんねえよ!!∑(゚o゚C=(__;バキッ

共通事項として、まずぬかだらけなので(予めおとしてあるのもあるけど)ぬかを綺麗に流しましょう。またこの際排水溝のネットは恐らくぬかでお腹いっぱいになるので、放置すると配偶者から最悪絶縁されるので注意が必要です。

f:id:aoi0730kanon0930:20180720001327j:plain

便利なぬか落とし済み、切り身タイプもありました。

そのまま食べる事も出来ますが、表面を炙るように火にかけると皮がパリッとして、下味の塩が引き立って、よりgoodな仕上がりになります。尚、この際も少し独特な臭いがキッチンに籠るので、換気扇必須です。

f:id:aoi0730kanon0930:20180720002159j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180720002202j:plain
⇐before、⇒after

あとは、お好みでポン酢なんかで味付けすると塩味を抑えたすっきりとした味わいを楽しむことが出来ます。

あとは、僕の試したメニューとしては、鷹の爪とニンニクと一緒にオリーブオイルの海にダイブさせてアヒージョにしたり、パスタに絡めてペペロンチーノにしたりと概ねオイルサーディンと同様の使用方法が可能です。

3.まとめ

元が完全にお酒のアテ食材なので、好き嫌いがどうしても別れるところですが、お酒好き、とりわけ日本酒党の方にとっては気に入ってもらえる一品かなと思います。

味が濃いので、合わせるお酒としてはビールもしくは日本酒でも淡麗系

もしくは思いっきり辛口系

ここら辺あたりが一番お互いがお互いを高め合ってくれるベストマッチな組み合わせかなと思います。