神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

南の守護、方除けの『城南宮』

梅の季節にほんまは参詣したかったんですが、周りが車で溢れてたので敬遠していた城南宮に今回はご参拝。京都南インターを南向き出口から降りたらすぐ出くわす大きな看板、京都市内有数の方除の神社それが城南宮です。
今回も神社に一礼。

f:id:aoi0730kanon0930:20180416005727j:plain

今回、時間が夕方に近かったこともあり、後光というより逆光の写真が多いかもしれませんw

御由緒としては、794年の平安遷都に際し、都の安堵と国の守護を願い創建されたそうです。平安京の霊的な南の守護という訳ですね。

ちなみに、西の守護は松尾大社、北は上賀茂神社、東に八坂神社、中央を平安神宮としたそうです。 

ご祭神は主祭神
・息長帯日売命(神功皇后
・八千歳神(大国主神
国常立尊
そのほか、天照皇大神、品陀別命、大山咋神天児屋根命、宇気毛智神を祀っているそうです。

ご利益は何といっても工事、引越、通勤・通学、営業、旅行とあらゆる方除け祈願。
『方除け』とは、方位に関するお話で、行先の方位が悪い、家の間取りが悪い(風水なんかでよく聞きますよね?)こんな心配を取り払ってくれるのが方除けというそうです。

さて、続いて境内のご案内。

f:id:aoi0730kanon0930:20180416205511j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416204826j:plain

丁度『方除大祭』の最中やったようですが、参拝時間が遅かったのか残念ながら祭事は見ることが出来ず。。。残念。

ご本殿をお参り。

f:id:aoi0730kanon0930:20180416204906j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416204910j:plain

遷宮の真っ最中のようで、本殿周りは大掛かりな工事テントに覆われてましたが、御祈祷や、参拝に問題はないそうです。

次は御朱印を頂きに社務所へ。

こちらは神苑『楽水苑』も有名で、四季折々草花が楽しめる場所ですが、その中でも有名なんは梅、御朱印帳も梅をあしらった可憐なもののようでした。

f:id:aoi0730kanon0930:20180416205447j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416205449j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416205457j:plain

そのほか明治天皇行幸150年記念御朱印や、季節限定のものなどコレクターには何度も訪れる価値のある神社のようです。

今回は残念ながらそのどれもの時季外れだったようなので、通常の御朱印を頂戴しました。
種類はこの2種類。

f:id:aoi0730kanon0930:20180416210509j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416210513j:plain

ご本殿の城南宮と摂社『真幡寸(まはたき)神社』。ちなみに真幡寸神社は参道途中にあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20180416210836j:plain

境内を散策。本来は参拝客で賑わってるんですが、時間が遅かったのでゆっくりと見て回ることが出来ました。ただ、一番の見どころの楽水苑は閉園して中に入れなかったのは残念。

f:id:aoi0730kanon0930:20180416205430j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416205537j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416205548j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180416205603j:plain

次は摂社をご案内。

三照宮社(ご祭神:天照皇大神

f:id:aoi0730kanon0930:20180416211320j:plain

唐渡天満宮(ご祭神:菅原道真

f:id:aoi0730kanon0930:20180416211413j:plain

アクセスは電車なら『近鉄竹田』駅ですが、少し遠いので車での参拝がおすすめです。
方除けからくる車の御祈祷も有名なので、参拝がてら車の御祈祷はいかがでしょうか。