神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

ラーメン創房ぱこ(日本一ラーメンぱこぱこ)

始めて訪れてからはや10年、ラーメン雑誌の常連、『ラーメン 右京区』で検索でも普通にHIT、にも拘らず行列もそれほど出来るわけでもない、正に客にとって最高のラーメン屋がある。
右京区西大路五条西、よく分からない、京都の地名ってこんなもん。
といってもこんな地名はない、正確には右京区西院、イオンモール京都五条の南側といった立地。イオン訪問客から、半導体ローム本社もあるこの界隈で何故そこまで行列ができていないのかいまだ不思議に感じているのが正直なところだが、理由はどうあれ利用客としては有り難い限り。

f:id:aoi0730kanon0930:20180611000002j:plain

題名の通り、昔は日本一ラーメンぱこぱこから改名された(らしい)。ただ、店主は同一人物の為、味の劣化はなし。店の一押しは塩ラーメン。

f:id:aoi0730kanon0930:20180611000155j:plain
とんこつをベースにしない塩は大体薄味、女性には受け入れられやすいものの、正直男性目線とりわけメタボなおっさん目線としては物足りないのが正直なところ。
ただし、この店に限って話は別。見た目通りスープは淡麗な為、しつこくない、けれどしっかりとした味、つまり薄味派・濃厚派双方に都合の良い味という点はまさしく長年多くの人に愛されてきた事の証左と言える。

また、バリエーションの探求には枚挙に暇がないようで、以前は塩・味噌・醤油のみだったのが、煮干し醤油がいつの日か加わり、今回醤油のもう一つのバリエーションが追加。

f:id:aoi0730kanon0930:20180611002419j:plain
濃いめの醤油と甘辛の味が同居したスープが中太の麺によく絡むこれはこれでありな一杯。

トッピングは種々取り揃えられているものの、一押しは煮卵。推すまでもなく、店側のメニューには各ラーメンに『煮卵入り』のラーメンが銘入れされているので迷う事もない。

最寄の観光スポットは梅宮大社、西院春日神社、若一神社だが、いずれも少し遠方。
駐車場は3台分しかない為、訪れるのが少しギャンブル的になってしまうのが難点なものの、一度食べてみる価値はあると通い詰めている僕の10年間が保証してくれるお店。