神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

何があった?!『スマニュー砲』とその後

こんばんわ、今回はここ1週間弱で起こった出来事について書いていきます。

先々週~先週の1週間は毎週末雨でろくに神社巡りも出来ひんかったり、その雨に祟られて風邪拗らせたりと散々な毎日を送っていました。(まあ雨の中無理やり神社に出かけたりもしてそのせいで調子崩して出かけれんくなったというのもあるんですが)

で、読者させて頂いてるブロガーさんのブログを拝見しながら試行錯誤を続けている中、異変は突如現れました。

f:id:aoi0730kanon0930:20180925011411j:plain
なんじゃこりゃぁ?!(((((( ;゚Д゚)))))

この言葉に反応してサングラスとかジーパンとか浮かんだ人は昭和の人です。
この日は朝ブログ一つ読む度に10単位でPV数が上がっていくのです、この往年のアラジンチャンスみたいなグラフはまずぶっ壊れたんか、と思いました。
まあ常に読みやすい、読んで楽しい記事を書こうと心掛けてはいますけど、諸兄は皆ご存知の通り、そんなコストもかけず、突然露出が上がるわけありませんからね。
結局、この日のアクセスは約1,000、いつもの約10倍です。で、かの噂には聞いていたけどまだ見たことがなかったこの事態に遭遇したことに気づいたんです。

f:id:aoi0730kanon0930:20180925003354j:plain

こ、これがスマニュー砲か・・・(ノ゚ο゚)ノ
もう日々のちょいちょい記事をリライトしたり面白いネタ見つけてこようとか、そんな努力をあざ笑うような文字通り砲撃と言える一発が突き刺さったんです。
(混んでる所とトレンド追うのが嫌いな僕が、話題の記事にぶち当たる事は少ないんですが、偶然参拝した神社のおみくじがSNS中心に話題になっていた場所やったんで、それが原因やと思います。)

www.aoimon.net

勿論数字でかつないよりある方が良い数値なので嬉しくない筈はありません。初日は普通に平日やったんですが、終日にやにやしながら仕事をする僕は同僚の目にはさぞ気持ち悪かった事でしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20180925004513j:plain

こういう時程初心を忘れず。

結果に対し、原因がわかってしまえば何という事はありません。ブロガー諸兄に今さらスマニュー砲について語るほど僕に知識はありませんが、スマニュー砲とはネットバズの一つで、以下の特徴をあると思料します。

・受動的に自分の記事がスマートニュースに掲載される事
・検索に依らずかなりの露出が見込まれる事
・一過性のものであること

威力は絶大ですが、自分から望むべくして得られる結果ではない為、何かしらの働きかけは出来ません。また当然掲載される記事は一つだけなので、その記事がスクロールアウトしてしまえば何事もなかったかのように元に戻ります。

f:id:aoi0730kanon0930:20180925005337j:plain

どの程度の継続が見込まれるか前例がなかったので、比べようもありませんでしたが、僕の場合は約2日で終了しました。丁度家族旅行の最中やったので継続日数もリセットされてしまうという憂き目に遭い、2日間続いたお祭りは一瞬で終わったのでした。

結局何が出来るの?というお話としては、日々出来るだけ楽しんでもらえる記事を書き連ね続けるのみ、今までと何にも変わらんというのが、僕の今回の結論です。
前述の通り、掲載されるのを受動的に待つのみである以上、自分からそれを望むことは出来る訳もなく、仮にそれがトレンドを追う事として、僕のブログの性質上話題の神社に行ったりすることでしょうか、人込みにもみくちゃにされながらそこに行ったレポートを書いて楽しいかと言われたらNOと言わざるを得ません。(結果的にそうなったりすることはあるけど)

f:id:aoi0730kanon0930:20180925011052j:plain
ブログを書いている当初はアクセス数もなく何のために書いているのかわかんない状況でしたが、最近PV数も伸びてきて、ちらほらとコメントも頂けるようになりました。
コミュニケーションが成り立つようにようやくなってきたと言えると思います。確かにPV数は跳ね上がるので、見ている分には楽しいですが、所詮数日で消えるトレンドであればさして意味もありません。(勿論宣伝という意味での効果は一定数あるかもしれないですが、結局回遊やリピートを期待するには、他の記事も読みたいと思えるように文章力をつけないと意味がありませんからね)
スマニュー掲載は確かに有用でかつ、こちらからのコストや労力は0なので、ありがたいお話ですが、その数値に踊らされてはいけないという教訓になりました、今回僕にとっては得難い貴重な経験が出来たと思っています。