神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

何でもかんでもボリューム満点『タマゴトアテ』

大映通りってご存知ですか?時代劇で有名な東映太秦映画村というアミューズメントパークがあるのですが、そこから南に下った東西に続く商店街のような、そうでないような。
この通りには、映画に因んだレストランや戦国武将の貸衣装屋さんなどが軒を連ねてます。
他方、前までは昼食処といえば、2,3軒をじゅんぐり回るイメージやったんが、最近、お店が増えてきました。今回ご紹介するのはそんな一つ、タマゴトアテです。

f:id:aoi0730kanon0930:20180718232750j:plain
店内は最近オープンしたらしく綺麗なカウンター5,6席にテーブル2席、2階に宴会席とこじんまりした店で、昼はランチ、夜は飲み屋に変貌するだろうスタイルと思料します。この店のウリは店名の通り卵。

f:id:aoi0730kanon0930:20180718232934j:plain
ランチメニューは割と散らばった感じにはなっているものの、軸に据えられているのが卵。卵かけご飯、いわゆるTKGですね、の定食は650円とお財布にも優しい。

f:id:aoi0730kanon0930:20180718233154j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180718233156j:plain

卵かけご飯定食の何がいいって、卵かけ放題なんです。しかも卵はこだわりの『特別濃厚卵』と『丹波黒豆卵』の選択適用。かきまぜた後のぐちゃまぜ感を美しく表現するすべを持ち合わせていない僕がかきまぜた後のTKG画像をご提供するのはとてもできないと判断し、卵割った画像は用意してないんですが、スーパーの卵とは色が違う、濃い。そして食べた時の濃厚さも勿論違う。
その他、こちらで食べたことがあるのが、目玉焼き丼。

f:id:aoi0730kanon0930:20180718234125j:plain
THE漢飯。
そう名付けてよいんではないでしょうか。蓋のように覆いかぶさる目玉焼き二つの下にはカリカリに焼かれた豚バラ肉と千切りキャベツが仕込まれており、味付けは若干薄めのタレと肉・卵にさらされた塩。もうガバっと(*´Д`*)掻き込むようにして一気に平らげるのが一番おいしいんでしょうねがファーストインプレッションから伝わってくるビジュアルは正に最低8時間労働を週5日強いられる、ごくごく一般的なサラリーマンの心の渇きを一時癒してくれること請け合いです。

店の立地としては太秦映画村にほど近く、また太秦広隆寺はもっと近いので観光・レジャーの前に腹ごしらえを澄ましておこうという特に男性諸氏に必見のお店です。