神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

京都府の神社

天神さんの誕生地『吉祥院天満宮』

今回ご紹介するのは吉祥院天満宮です。 天神さんと言えば日本全国それこそいろんな場所に創建されていて、その数およそ12000。大小さまざまな天満宮を合わせた総数なんだと思いますが、京都はやはり江戸時代まで政治・文化の中心地やっただけあって、三大天…

女人守護『市比売神社』

今回ご紹介するのは市比売神社です。京都市は河原町通に面した神社で、女人守護の神社とされています。というのもこの神社、5神いらっしゃるご祭神が全て女神様。多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)多岐都比賣命(…

『乃木神社』

今回ご紹介するのは乃木神社です。明治天皇陵である伏見桃山城を守護する位置に鎮座するこの神社は、陸軍大将の乃木希典をご祭神に祀り、神社もさることながら当時の様子を残す史跡として今に姿を残しています。 乃木陸軍大将は、明治時代に日露戦争で活躍し…

一条寺下り松『八大神社』

今回は、京都は北白川『八大神社』のご紹介です。この神社の特徴はずばり、宮本武蔵。いやわかんねぇよ(゚Д゚)ハァ? 実は僕も参拝するまでは宮本武蔵との縁は勿論、かろうじて名前知っている程度やったんが正直なところなんですが、それだけに見つけた穴場スポッ…

宇治神社・宇治上神社

京都府の南、宇治と言えば言わずと知れた平等院があります。もし平等院をご存知ない方はお手元の十円玉の裏をご覧下さい、そこに載っているのが平等院です。さて、そんなメジャー過ぎる平等院は世界遺産なんですが、宇治にはもう一つ世界遺産があります。そ…

平安神宮

平安神宮、全国津々浦々その名を聞いた事がない人はいないと思います。京都には都の鎮守を目的とした神社が東西南北及び中央に鎮座しています。 平安神宮は中央。知名度、スケール共に京都で有数の神社です。このブログでも度々ご紹介させて頂いてますが、東…

上賀茂神社(賀茂別雷神社)

京都五社巡りというものがあります。京都は古来から都の鎮守を目的として設計がなされ、それは外敵は勿論霊的・風水の面からも万全に設計がなされたそうです。そんな中、都を中心として東・西・南・北とその中心にそれぞれ五社東: 八坂神社西 :松尾大社南 …

京の都、東の鎮守、東天王『岡崎神社』

京都はかつて日本の政治や経済ほかあらゆる中心地であり、その京都の中心を守るべく色々な面で設計されています。その思想で(多分)一番有名なのが京都五社(平安神宮、松尾大社、上賀茂神社、八坂神社、城南宮)です。 今回ご紹介は、 この5社ではないん…

出雲大神宮

出雲と言えば、出雲大社が超有名ですが、京都にも出雲と名のつく神社があります。丹波国一之宮で別称『元出雲』。あくまで社伝からの一説という事なので断定はできないのですが、出雲大社は出雲大神宮から勧請を受けたことに由来するのだとか。(説によって…

天満宮の始まり『文子天満宮』

日本で最も有名、ではないかもしれないですが全国で最も多く信仰を集める神社の一つが天神さん、つまり菅原道真公を祀る神社です。菅公は能力がありながら時の流れに抗う事が出来ず左遷され、その無念から天災を引き起こした悪霊と考えられた一方、その非凡…

撫でると幸せになれる猪『護王神社』

神社に欠かせないもの、狛犬。怖そうなのから愛嬌のあるやつまで、様々ですが、共通しているのは狛『犬』という位だから犬。。。だけじゃない。たまに犬じゃない狛〇〇っているんですが、その中でも珍しい(というか僕はほかで見たことがない)狛犬ならぬ狛…

鬼は外『吉田神社』

節分の豆まきは誰もが一度はしたことがあるはず。『鬼は外』の掛け声と一緒に鬼役(大体父親)に力の限り豆をぶつける厄除け祈願を行う家庭でもできる行事ですが、これを神事として行う神社があります。それが吉田神社です。例年50万人が訪れ、境内には沢…

お酒の神様『梅宮大社』

京都市は右京区、今回は梅宮大社のご紹介です。京都市は四条河原町~烏丸と言えば、京都市内1,2の繁華街ですが、この四条通西にず~~っと伸びているんです。東は八坂神社から始まって、河原町の商店街を抜け、堀川通をまたぎ、諸々西へ西へ東映太秦映画…

北の『わら天神宮』

多分一番どの方も願うだろうご祈願の中の一つに安産があります。家庭にとって一大イベントであるとともに、母子ともに健やかにというのはどこのご家庭でも願って止まない事だと思います。今回は京都市北側で有名な安産祈願の神社『わら天神さん』ことわら天…

玉の輿パワースポット?『今宮神社』

玉の輿にとは、何とも欲望が透けて見えそうなご利益ですが、そんな神社が京都にはあります。『今宮神社』。先の建勲神社とはご近所さんというかお向かいさんに近い位置にあります。 とりあえず今回も一礼。 玉の輿云々はさておき、この神社は人気があり、い…

天下布武『建勲神社(たけいさおじんじゃ)』

ご祭神と聞くと誰を思い浮かべますか?天照大神や、お稲荷さん、菅原道真も有名ですが、今回はちょっと変わったご祭神をお祀りする神社です。建勲神社、ご祭神は、かの天下人の一人、織田信長。 これは御朱印貰った時の添え紙ですが、この顔、この名前を知ら…

山科一之宮『岩屋神社』

京都市とは言えば、一塊の市街地を想像しがちですが実は全くそんな事ありませんw平地で繋がるのは西半分くらいで、東はJR、京阪線の東側に広がる山で分断されています。(最近、京北町も右京区に組み込まれたので、北半分も山になりましたがw)その為、…

金の鳥居『御金神社(みかねじんじゃ)』

皆さんご利益って何を期待しますか?学業、商売繁盛、安産その他様々なものがありますが、大別すると成功と健康、それに恋愛(縁切りとかも含めると広義な対人関係)になるかなと思います。今回は成功の中でもかなり即物的な完全なる金運特化型の神社、それ…

スポーツ上達のご利益あり?『白峰神宮』

今は球技と言えば野球、サッカー、テニスやゴルフと多種多彩ですが、昔の球技と言えば蹴鞠一択だったようです。よく平安時代の烏帽子に束帯というおおよそスポーツに向かない格好で蹴鞠に興じている絵面をご覧になった事はないですか?あれですw 今回は京都…

出世開運はお墨付き、平清盛所縁の若一神社

源氏の栄華が源頼朝からなら、平氏の繁栄を築いたのは平清盛だと言えましょう。武士初めての太政大臣任官。宋との貿易を広め通貨経済の基礎を築き、平時政権の基礎を作り上げた人物です。数年前に大河ドラマにもなりました、少し後味の悪い終わり方でしたが…

伏見のご利益盛沢山?の神社『金礼宮(きんさつぐう)』

伏見はお酒処で、色んな酒蔵さんが軒を並べる街でHPをざっと拝見しただけでも有名なお酒がずらり。(⇒伏見酒造組合 ~ 京都 伏見・城陽の酒蔵による組合公式サイト) そんな蔵見学と一緒に回りたいのが、この金礼宮と御香宮さんです。 京阪『伏見桃山駅』、…

六孫王神社

京都駅の西は梅小路公園が拡がり、最近は京都水族館ができ、鉄道博物館が出来、すっかりレジャーエリアになりました。今回はその梅小路公園から南、太いJRの線路を挟んで向かい側にひっそりと隠れるように立つ、それが今回の六孫王神社です。 まあ建立はJ…

南の守護、方除けの『城南宮』

梅の季節にほんまは参詣したかったんですが、周りが車で溢れてたので敬遠していた城南宮に今回はご参拝。京都南インターを南向き出口から降りたらすぐ出くわす大きな看板、京都市内有数の方除の神社それが城南宮です。今回も神社に一礼。 今回、時間が夕方に…

西院春日神社

西院春日神社、今回は割と知ってそうで知らないこちらの神社をご紹介です。 知ってそう、は春日神社ってかなり神社の中では有名じゃないかな~という点、知らな い、は西院にそんな有名な神社あったっけ?という点(個人の感想です。) というのもこの西院神…

京都随一の天神さん『北野天満宮』

先日平野神社へ行った時に一緒に参った天神さん、多分こちらの方が知名度は上でしょうかね? 天満宮はほんとに日本全国多いですよね。調べてみると実に12,000社。言わずと知れた学問の神様菅原道真をご祭神とする神社で、受験や資格試験を受けるなら一度は訪…

桜満開の平野神社

初めに言います。超人多いですwいきなりげんなりする事を書きましたが、そのくらい多かったですw 今回は平野神社。京都で一、二を争う桜の名スポットです。また受験の神様『菅原道真』公を祀る『北野天満宮』とご近所さん同士なので、セットで参られる(神…

京都の隠れ桜名所『向日神社』

いよいよ桜の季節がやってまいりました。今年は週の巡りが悪そうで、満開を週半ばで迎えそうな雰囲気が漂ってます。今回は3~5分咲きでもいいからとりあえず桜を見に行きたいぞ!!という事で向日神社へお花見へ。 この神社、そこまでメジャーでもないです…

平等院へお参りの際はぜひこっちも『あがた神社』

宇治といえば。。1.お茶2.平等院・・・3.宇治神社・宇治上神社こんな感じでしょうかwとにかく1.2の知名度が半端ないw まあ全国区で知れ渡る観光資源が地元にあるのは良い事でかつ、誇らしい事なんですが、他の素晴らしい名所旧跡の霞み具合が半端…

古都の香り『長岡天満宮』

長岡京ってご存知ですか? 784年に平城京(奈良)から遷都され、泣くよ(794)鶯平安京に遷都されるまでの 10年間、都だった町です。 今は閑静な住宅街ですが、そんな街の中心に位置するのが長岡天満宮です。 ご利益は、有名ですね合格祈願、受験シーズンち…

今や陰陽師=羽生結弦選手?『晴明神社』

「晴明」と聞いて何(誰)を連想するでしょうか。 恐らく一番多いのが「安倍晴明」ではないでしょうか。今回はその安倍晴明を御祭神とする晴明神社です。 ご利益は魔除け、厄除け。魔や厄と言うと、おどろおどろしいものを想像してしまいますが、不幸とか災…