神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

行くなら今のうち『ビストロD』

今回ご紹介するのは宇治に新しくオープンしたビストロDです。
最近新店出店が目まぐるしい宇治、正に出店ラッシュです。 

www.aoimon.net

宇治は観光都市なんで、出来るお店はどうしても観光客向け色のお店と居酒屋さんが多いんですが、ビストロDはどちらにも属する感じではありません。
では、今回はそんなビストロDにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20181110085032j:plain

外観・内装

京都は宇治、JR宇治駅から宇治橋通商店街を歩くと丁度中ごろにある角地、それが今回の目的地『ビストロD』です、駅近で好立地。

何か胡散臭い不動産屋みやいやね★

なんですが昼間特に休日は人通りのおおいこの商店街沿いの道も夜はまばら。そんな中一際明るいのがこのお店。一面オープングラス仕様で店内も一望。
店内は新店らしく綺麗、淡白な色の木目調、っていうんでしょうか。すっきりした店内はバーの様な雰囲気も。

f:id:aoi0730kanon0930:20181110090302j:plain

メニュー・味

このお店、出来てからまだ2週間。(2018.11.9現在)なので、メニューなんかの作り込みもまだまだ発展途上。おまかせコースがメインで、アラカルトで楽しむ事も可能との事でしたが

f:id:aoi0730kanon0930:20181110090900j:plain
よくよくメニューを見比べてみるとほぼ一緒。今逐次考案中なんでこうご期待なんだそうです。という訳で今回はお任せコースを選択。

f:id:aoi0730kanon0930:20181110092417j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181110092500j:plain

まずはオードブル。左のジュレの奥にはパプリカムースが隠れています。パプリカは苦みもなくて甘さと塩味が同居、真ん中のかぼちゃはオレンジで煮込まれているちょっと珍しい感じ、さんまの燻製も適度に塩味、燻製の香りと魚の香りが鼻孔をくすぐられる感覚がとても食べやすくまとめられています。

f:id:aoi0730kanon0930:20181110092712j:plain
温泉卵のサーモン包み。サーモンの中にはしっかりと濃厚な卵が。ユッケに近い味わい。クスクスって食べた事なかったんですが、モロッコの食材でご飯かと思いきや、分類はパスタのようです。サーモンとクスクスの間にラタトゥイユが。

f:id:aoi0730kanon0930:20181110130458j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181110130501j:plain

ホタテ貝柱ときのこのエスカルゴバター焼き。ソース?にバターの香りがついていて、美味しい、上に振られたローストアーモンドが香ばしくて香りも味にもいいアクセントになっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20181110130926j:plain
メイン料理はハンバーグと魚料理の選択制、今回は魚料理を選択。
鰆かスズキのポワレ(寝て起きてどっちか忘れちゃいましたすみません。)
コース料理のメインって結構ちっちゃいじゃないですか、ちんまりしててちょっと食べたら『あ、もう終わり??』みたいな。ここのはもう食べても食べても中々減らない。
ポワレ(蒸し焼き)とは言えど
添えられたライスはオリーブライスとの事でした。これは正直初めて食べましたが、意外と普通、オリーブの香りのする炊き込みご飯です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181110131317j:plain

アクセス

JR宇治駅徒歩4分。新店なのでグーグル先生の更新が追い付いてないらしく、前のお店の名前でヒットしますので、あくまで場所の参考までに。

まとめ

今回はこれで以上です。コースをご覧になった通りフレンチ色が濃い料理構成ですが、味付けはしっかり目やったので、普通に飲みに行くのにも使えそうです。まだオープンから2週間という事で訪問時のお客さんはまばら(夜)やったんですが、近隣の飲食店に鑑みるとこのお店も混雑する日はそう遠くないと思います。
マスターも人当りが良くて居心地の良い店なので、ゆっくりと寛ぎながら料理を楽しみたいという方、行くなら今のうちです。