神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

ペンションフェステ

今回は岐阜高山にあるペンション『フェステ』さんのご紹介です。
岐阜と言えば、下呂なら温泉、郡上・白川郷なら旅館や民宿、高山なら?ペンションですよね。

本人の勝手な想像です☆

ペンションオーナーとのふれあいと宿泊客との語らいと、そしてさつじんじけ

美味しいフルコースですよね☆

勝手な想像ですが、岐阜と長野は山合いにスキー客を相手にするプチペンションみたいなところが多いので、今回はそんな中の一つにお邪魔しました。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629200821j:plain

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

施設概要

このペンションは高山にあります。位置的には御岳山の麓という事になるんでしょうか。僕の中でペンション=殺人事件と言うイメージが定着したのは多分これの影響が強いんですが、実際には勿論殺人など起こる事もなく、平和に宿泊が出来るので安心してください。

ja.wikipedia.org

最悪訴えられるで☆

外観・内装

概ねこんな感じの道を抜けていくと、細い山道へ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629201533j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190629201609j:plain

白樺に囲まれる道をくねくねと登っていくとやがて見える建物全部ペンションに。そんなペンション村とでも言うべき中の一つにあるのがペンションフェステです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629202046j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190629202053j:plain

部屋

お部屋はこんな感じ、4人で予約でも内二人は子供(未就学×2)なので、ツインのお部屋があてがわれたのだと思料。窓には一面白樺林。

食事

グーグルマップ先生で調べたらわかる通り、飲食店、コンビニその他商店は

20km四方一切ありません

なので、望むと望まないに関わらずここら辺に宿泊する方は間違っても素泊まりは選択しないようにしましょう。

夕食

夕食はフレンチのフルコース調。食べ物の献立表やお品書きはありません、出てくるまでお楽しみって事ですね。
前菜のマッシュポテト、鴨のスモーク、マロングラッセ

f:id:aoi0730kanon0930:20190629213321j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20190629203600j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190629203606j:plain

まずはスープ、それにサラダ。スープは子供に全部取られたので味わからず。サラダのドレッシングはフルーツ調というのか甘め。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629203742j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190629203749j:plain

魚料理。白身はふわふわ、ソースは酸味が効いていてさっぱり。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629203755j:plain

肉料理。A5とかそういう感じのものではないですが、赤身の旨味たっぷりで食べ応え十分。胃にもたれないのでこっちの方が好みです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629203802j:plain

朝食

健やかな眠りの後に迎えた爽やかな朝は、当然夜見た他の宿泊客が全員揃ってました。

ええ加減かまいたちの夜から頭を離そうか☆

爽やかな朝を演出してくれるのはやっぱり焼きたてのパンにスクランブルエッグ、ウインナーにサラダ。基本ですが気持ち良く朝を迎えるには十分。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629212916j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190629212923j:plain

風呂(外湯)

このペンションにもお風呂はついているようですが、外湯の『ひめしゃがの湯』という温泉施設のタダ券が付いたプランを選択していたので、早速そちらへ向かう事に。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629220211j:plain

車で片道30分という最早近くもなんともない外湯でしたが、飲用にもなるという山あいの秘湯という事で雰囲気は抜群。

入口にある温泉が飲める場所、手水舎みたい。

f:id:aoi0730kanon0930:20190629220328j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190629220338j:plain

とても臭いです。

文句多いな☆

温泉の成分が強いんでしょう、余すところなく硫黄と鉄分がプンプンと立ち込め、恐らくとても贅沢な飲用温泉なんだとは思いますが、口に運ぶことはできませんでした。
中もこの匂いそのままの広い温泉なので、初めは辟易としますが4,5分も浸かっていれば気にならなくなります。お肌つるつる、温泉としてとても良いお湯なのはわかります。

アクセス

岐阜県高山市国道41号線から朝日町方面へ。

まとめ

今回はこれで以上です。
岐阜の山あいなので、ここのオンシーズンはやっぱり冬なんだと思いますが、個人的には夏がお勧め。

運動神経的な理由でね☆

白樺の散策は気持ちよく、天候に恵まれれば夜は満点の星空を見ることが可能、冬は最悪凍死してしまうので、やっぱり夏に訪れてゆっくりと避暑がてら星空観賞はいかがでしょう。