神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

遂にここまで。サービス規格外『覇丸堂』

今回は東大阪市にあるラーメン屋『覇丸堂』さんのご紹介。
このお店はラーメン自身も美味しかったんですが、それ以上にびっくりなのがそのサービス。ばっちり、がっつり、どっさりと食べたい人向けのこのお店。
では、そんなサービス満点のラーメン屋『覇丸堂』さんにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190504233726j:plain

店舗概要

このお店は大阪府東大阪市にあります、大阪を南北に繋ぐ近畿自動車道沿線沿いのかなりわかりやすい位置。目印はこの『覇』の丸。

f:id:aoi0730kanon0930:20190504234057j:plain
風で翻る覇の文字は棒にでもくっつければ、どこぞの戦国武将の旗印にでもなりそうな程の凛々しさです。
店内はテーブル多めで、ゆったりと寛げる広々したスタイル、住宅地に囲まれる地域なので、ファミリー層向けの配置なんだろうと思料します。
営業時間
11時30分~14時30分, 17時30分~22時00分(土曜のみ21:45まで)

メニュー・味

メニューの前に店の前にも、メニュー表にも一際目を惹く謎の一文が。
から揚げ・ご飯20分間無料。

f:id:aoi0730kanon0930:20190504235502j:plain

ちょっと言ってる意味が分かんないんですが。
メニューを見ていてもイマイチ、よく見かける〇〇丼や炒飯、何より一品のから揚げがない。そう、ここはから揚げとご飯食べ放題のお店なんです。

せやしそう書いてあるやん☆

衝撃を伝えたくて。
から揚げはこんな感じで備え付けられています、シンプルで普通に美味しい。

f:id:aoi0730kanon0930:20190505000734j:plain
最悪、唐揚げ食べ過ぎてラーメン来る前に満腹になってしまうかもしれません、ある程度節度を持って挑みましょう。

ラーメンのメニューはこんな感じ。どっちかっていうとまぜそば推しな感じが伝わってくる5種のバリエーションをそろえるラインナップと、食べ方解説。

f:id:aoi0730kanon0930:20190504235246j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190504235248j:plain

ちょっと目障りな唐辛子の絵が気になったので、ついていない塩まぜそばを選択。

f:id:aoi0730kanon0930:20190505001140j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190505002005j:plain

親切に辛さ教えてくれてるんやん☆

海老の赤、卵の黄色に三つ葉の緑、のりとチャーシューの黒なり茶色なりと、彩り豊富で華やかな盛り付けが何よりの特徴です。
麺は太麺というほどでもないながら食べ応えあり、塩ベースのあっさりながら旨味の強い味付け、啜った奥に微かに感じるハマグリの香りが、海老の香ばしさと相まって旨さ倍増。時折、三つ葉を嚙み締める事で口の中がリセットされ、最後まで飽きの来ないまま美味しく食べ終わることが出来ます。
まぜそばの楽しみは二度、それが追い飯。

f:id:aoi0730kanon0930:20190505002304j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190505002306j:plain

ご飯多くない??

無料と聞くと、貧乏性なのでつい。
ご飯がどうやら若干多すぎたようで、少しスープがかぶさっていない部分が出来てしまいましたが、卵かけ塩混ぜご飯とでも言いましょうか。チャーシューを全部食べずに我慢して、追い飯用に多めに残しとくとより美味しく頂けるかと思います。

アクセス

大阪府東大阪市近畿自動車道側道『金物団地東』交差点西へすぐ。
駐車場無し。

まとめ

今回はこれで以上です。
から揚げって、頼みたいけどご飯ものも頼まないとお腹持ちが悪くなるので

そういう発想が豚になる素なんやで☆

米を食わないと何だか晩御飯食った気にならないという意見に賛同者は多いはずです。
そういうご飯優先で考えると中々から揚げって個人的にはオーダーしないで終わる事が多いんですが、ここにはそもそもそんな葛藤すらありません。
心赴くままから揚げを食べたい、そんな時にはこのお店を思い出してください、きっとあなたのそんな切なる願いを余すとこなく叶えてくれることと思いますよ。