神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

雰囲気はとなりのトトロ?『来宮神社(きのみやじんじゃ)』

今回ご紹介するのは、来宮神社です。
静岡県熱海市にある由緒ある神社で、一番のトレードマークはこの大楠の木。

f:id:aoi0730kanon0930:20181022123421j:plain
樹齢2000年以上とされる巨木で、外周23m。この写真の通り、圧倒的なボリューム感で、見上げればてっぺんの確認に首が痛くなり、写真を撮ればその幅は納まりきらないほど。『となりのトトロ』に出てくる大木を思い出しました。
では、今回はそんな大楠だけでなく、見所盛り沢山の来宮神社に一礼。

f:id:aoi0730kanon0930:20181022232457j:plain

本殿まで

この神社は静岡県、温泉街で有名な熱海にあります。JR熱海駅から商店街を西へ通り抜けてもひたすら西へ。f:id:aoi0730kanon0930:20181022125021j:plainこのトンネルをくぐれば殺風景やった国道沿いの道が一変、途端に情緒ある雰囲気の鳥居が出迎えてくれます。

f:id:aoi0730kanon0930:20181022125142j:plain
ご参拝の時間がちょっと遅かったので、少し暗くて見づらいかもしれないですが、ご容赦ください。ただ、実際の境内は足元に柔らかな光が灯されていて、とても幻想的で神社というよりライトアップされたデートスポットのようです。
本殿までの道のりはまっすぐで綺麗に舗装された白い参道がまっすぐに続きます。

f:id:aoi0730kanon0930:20181022232811j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181022232850j:plain

明るいうちは竹の青々した彩りが目に映えますが、夜は夜で各所がライトアップされるようで、幻想的な雰囲気が味わえます、どちらの時間の参拝もお薦めです。

f:id:aoi0730kanon0930:20181023000927j:plain程なくしてご拝殿へ到着。

f:id:aoi0730kanon0930:20181022233726j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20181022233743j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181022233745j:plain

ご拝殿向かって左からは本殿らしき建物を伺う事も出来ます。

境内散策

大楠

この神社の大楠は勿論この神社のご神木であり、シンボルでもあります。
本殿左には社務所がありますが、夜だと見落としてしまいそう(になってる人がいたので)本殿左を奥に抜ける道があります。

f:id:aoi0730kanon0930:20181022235815j:plain
この道だけでもアプローチが綺麗で歩いていて見惚れてしま寸ですが、更に進むと奥に布の暖簾が視界を遮ります。

f:id:aoi0730kanon0930:20181022235818j:plain
この暖簾をくぐれば

f:id:aoi0730kanon0930:20181022123421j:plain
眼前いっぱいにこの大きな楠木が広がります。趣向を凝らした演出というのは個人的な感想でもないらしく、参拝客が暖簾をくぐる都度、ため息を漏らします。
樹齢2000年を誇るこの巨木は健康長寿・心願成就の二つの御神徳が授かれるとされています。即ち
・幹を一周巡ると一年の延命を授かる
・願いを込めながら一周すると願いが叶う
とされています。

f:id:aoi0730kanon0930:20181023001103j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023001105j:plain

来宮弁天社

この神社の摂社の一つがこの来宮弁天社です。しっかり池もあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20181023001255j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20181023001541j:plain

来宮稲荷神社

もう一つの摂社、来宮稲荷神社。

f:id:aoi0730kanon0930:20181023002119j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20181023002123j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023002126j:plain

この神社の入口には磐船でしょうか、大きな岩がお祀りされていました。

f:id:aoi0730kanon0930:20181023002447j:plain
第二の大楠

先ほどの大楠は番号を付けるなら第一、こちらは第二とされる楠木があります。こちらの大クスは落雷などで中が火災で焦げ、結果的に今は裏が張りぼての様な状況になっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20181023002640j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023002647j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023002759j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023002804j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023002807j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023002809j:plain

社務所御朱印

御朱印です。御朱印帳も取扱いがあるようですが、やはりここもトレードマークの大楠がが存在感を放っています。

f:id:aoi0730kanon0930:20181023003151j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181023003215j:plain

ご由緒・ご利益

この神社の御由緒としては、約1300年。漁師がご神託を受け、お祀りする場所を探していたところ、ここに辿り着いたという訳です。
ご神木から授かるご利益として、不老長寿、無病息災、それに心願成就。坂上田村麻呂もこの地に必勝祈願を行なっていたそうです。
御祭神は
來宮大明神
大巳貴命(おおなむちのみこと)
日本武尊ヤマトタケルノミコト
五十猛命

アクセス

 電車の場合:JR熱海駅徒歩18分。

まとめ

今回はこれで以上です、熱海は坂が多く、この神社への道のりも常にアップダウンが続き、正直同じように歩いているだけでも疲れ方は段違い、お気を付けください。
願いをかなえてくれる大楠は健康長寿に、心願成就にと、人生の様々な悩みを解決出来そうなご利益もあります。ご利益なしにしても単純見ごたえだけ求めて訪ねて行っても、その期待が裏切られることはないでしょう。
一度恋人やパートナーがいる方はこの境内の小路を二人で歩いてみて下さい、ちょっといい雰囲気になれる(だろう)と思いますよ。