神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

京都でベトナムを堪能しよう。『XUAN(スアン)』

今回は京都市にあるベトナム料理店『XUAN(スアン)』さんのご紹介です。
ベトナム料理が食べたい!!そんな日ってありませんか。ありますよね、むしろ一定周期で当然巡ってくるものですよね。

ねえよ☆

かつて京都の台所『錦市場』という超一等地にあったお店がひっそりとした左京区に移転してきて早や8年(ぐらい)今も変わらず美味しいベトナム料理を提供してくれるお店スアンさんを今回はレポートです。

店舗概要

京都市左京区の住宅街にあります

このお店があるのは京都市左京区。全体的に高級住宅街と文化財と京大の敷地の印象しかない場所ですが、このお店があるのも銀閣寺と京大と高級そうな住宅街の一つかのように立っています。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225114738j:plain

店名のXUAN(スアン)はベトナム語で『春』という意味だそうで、お店の前にもガーデニングの花がいっぱい。一瞬ちょっとガーデニングが好きな家庭の一般住宅のような感じにみえてしまうかもしれません。

アクセスなど

  • 営業時間:11時30分~15時00分、18時00分~22時00分
  •  定休日:火曜日
  •  駐車場:
  • 住  所:〒606-8266 京都府京都市左京区北白川久保田町56−1

場所柄、駐車場はありません。大通りまで出れば駐車場が点在しておりますので、そちらをどうぞ。現在(2021.12月)コロナの影響もあって、ほぼ予約のみ営業にされているようです。

メニュー・味

セットが割とボリューム大

メニューです。単品メニューも色々あって、フォーとかベトナム春巻きとかベトナム料理っぽいメニューも様々。ですがここはそれらメニューがいっぺんに楽しめるランチセットを一押し。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225115653j:plain

松竹梅の竹推し理論ではないですが、ボリュームたっぷりでベトナム料理入門編を存分に堪能できます。

食前酒ならぬ食前茶

車での訪問だったのでアルコールはNG。まず出てきたのは食前酒ならぬ食前茶。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225134725j:plain

香ばしいお茶は日本の緑茶ともまた違った味わいが寒い日にはほっこりとさせてくれます。

前菜6種のはずがむしろメインプレートみたいに

メニューがちょっぴりお高くなる理由は主にここ。この豪華な前菜盛合せ。一応6種ということになっていますが、ワンプレーとにてんこ盛りで運ばれてきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225134808j:plain

プレートの上に丸々一本設えられたパクチーは好みを分けそうですが、僕は好き嫌いがないので美味しく頂きました。となりに座るパクチー嫌いな母ちゃんが文字通りごみを食べている人を見るような目で僕を見ていましたが、気になどしません、好き嫌いがないって最高ですね。

フォーはちょっと可愛い鉢に

フォーはサイズ的にはミニにあたりそうな大きさ。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225135005j:plain

前菜で既に結構お腹が膨れていたりするのと、フォーは米の麵なので、意外とお腹は膨れます、なのでこのくらいがちょうど良いかもしれません。因みにレギュラーサイズはこんな感じ。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225135311j:plain

デザート2種もしくはデザート+サラダが選択可能

お腹もいっぱいになったところで、デザートの登場、二種を頂けるかもしくはサラダと一種ずつ頂く事も可能です。今回はせっかくなので2種類頂くことに。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225140410j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20211225140413j:plain

〆はやっぱりベトナムコーヒー

ベトナム料理店に来てのシメはやっぱりベトナムコーヒーでしょ。

f:id:aoi0730kanon0930:20211225140606j:plain

小さいサイフォンでじっくりと抽出されたコーヒーは香り高くとても美味しい。今回はブラックで頂きましたが、ミルクと一緒に甘くして頂くのも美味しく頂けるようです。

まとめ

今回はこれで以上です。
ランチとしては少しお高めですが、ランチ+デザート+カフェを一緒に楽しんでいると思えば、妥当なところでしょうか。ありそうでそんなに見かけないベトナム料理店、一度ご賞味ください。