神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

消費増税はこうやって乗り切れ!!『貧乏飯』

今回は貧乏飯『昼飯を如何にして安く耐えるか』についてです。
昼食代ってばかにならないですよね、愛妻弁当は洗って帰らないと怒られるし、まして弁当箱忘れて帰った日にはもう、家庭内は羅刹の家の様相を呈する事となります。
今回はそんな殺伐としたサラリーマンの日常の昼食をお題にしたお話です。

はじめに

現在当ブログでは現在、若干散らかってはいますがラーメンほかグルメ、神社・寺、その他観光スポットやらいろんなものを題材に取り扱っていますが、たまに聞くのが、『ええもん食べに行っとるな~

全くわかってない

別に僕の年収は特段高くありません、というかはっきり言って低いです。どれくらい低いかというと、うちの奥様が毎月の給与明細を目の端で見やり、口の端をゆがませて鼻で笑うくらい低いです。ボーナスは金額に目もくれず出た事に喜んでくれます、顔いっぱいに侮蔑の表情を浮かべて。
アットホームな家庭です。

自信もって言う話じゃないよね☆

そんなアットホームな当家を襲った災厄、それが

消費増税

家計を精一杯担う僕のお小遣いが少ない事は想像に難くないと思うんですが、物価は上がり相対的に僕のお小遣いはますます目減りする一方。
そんな中でも僕は日々文化的最低限度の生活は送っていかなければいけません。憲法で決められた権利ですし。
そこで毎日の支出を計算した結果、無駄なものを徹底的に排除しました。
その中で最たるものが平日の昼食です。

絶対もっと他にあるよね?

就業時間の合間(昼休み)に摂取する食事を指しますが、これが無駄に高い。いや、最近コンビニ飯美味しいですよ、でも週に5回も食べれるもんじゃない、というか美味しくなった分、値段もいっちょ前になったという言い方が正確かもしれません。

日々家庭でゴミを製作して家族にふるまっている人が何を。。。

諸事情により愛妻弁当と言う選択肢をとる事が出来ない僕にとって、お昼休みの癒しは癒された分だけしっかりお財布を蝕んでいたんです。

目標金額は1万円/月

長年の交渉が実を結び、僕のお小遣いは月額で4万円を得ることができるようになった僕、これは世の中のお父さんの平均からすると多いんだとか。世の中には愛妻弁当縛り込月額2万円で日々を強く生きている人もいっぱいいますので、その中において僕は確かに恵まれた方といえるかもしれません。

ただ、これが平日5食、月間20日の平均額を770円とした場合、この昼食だけで無為に消えていく消費額は15,400円、上述の僕の知り合いからすればこの時点でほぼお小遣いを使い切ってしまうくらい多大な金額が流出してしまっていたという事です。

昼飯の時くらいゆっくり外食したいよ

なんていうふざけたセレブどもの意見は無視です。
僕としてはこの月の半分以上の支出を占めるこの昼食費を何とか10,000円以内にする方法を試行錯誤しました。

プランあれこれ

前提として以下3要件、これは目をつぶって頂く必要があります。

・家からおにぎりを2個持っていく(現在母ちゃんが握ってくれます。)
・栄養は全く度外視(サプリメントと休日に補います。)
・昼食の楽しみは度外視
(何かを得るためには、そのほかの全てを捨てなければならないんです。)

つまり、毎日ある程度味の変わるもの5種を見つけてきて、あとはこの一食単価を低減できた分だけ差引で僕のお小遣いの残額は増えるという夢のような計画です。

みんな解説するまでもなく実行している事ですね☆

プランA:カップ

コンビニのカップ麺は高い。

そこまで声高に言う話でもないよね☆

大体が150円超え、消費税増税のあおりを受けますます高くなりました。もう、某有名店とコラボでもしようものなら300円も見えてきます。もはやカップ麺は庶民の味方ではなく、美食を追求した食べ物になってしまいました。
ただ、これをスーパーなどで購入すれば、100円前後まで抑えることが可能です。
このプラン最大の利点は調理工程がお湯を注ぐのみと言う点。

誰でも知ってる事よね☆

安いというだけならPB商品も選択肢に入ってくるんですが、どうせ同等のお値段を出すなら美味しい方がいい。と言う訳で狙い目は個人的にこの3択。

麺職人(日清) 

値段が安いのにヘタにメジャーな商品よりずっと美味しい。
また、バリエーションが多いのもウリの一つ。

マルちゃん(東洋水産

とにかくどれも安い。多分ブランドの関係で、日清と比べるとどうしても後塵を拝してしまっているからでしょうか。
当然ブランドなど食べる事は出来ません、安くてうまいなら何の問題があるんでしょう。『赤いきつね』と『緑のたぬき』なんてもう何十年前からあるのかすら不明な位、不動の人気商品。 

マルタイラーメン

棒ラーメンが割と有名ですが、地域によっては知らない人もいるかも。
勝手なイマジネーションかもしれませんが、美味しい、と言うよりも何故か懐かしい、そんな風に感じてしまうラーメンです。

プランB:インスタント麺

熱くカップ麺を書いた後に難ですが、所詮カップ麺では地元の激安スーパーを攻めたところで、精々100円を切るのが限界なんです。まして消費増税に便乗した価格転嫁のあおりを受けて、今や100円を切るカップ麺すら見なくなりました。
そこで、更なるコスパを求める時こそ、インスタント麺。つまり袋めんです。
部材を一つ購入する必要があります。

f:id:aoi0730kanon0930:20191113124934j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191113124943j:plain

製品名は不明ですが『袋麺茹で器』と仮称します。ピンキリはあるかもしれませんが、再安価なら百十円不均一ショップで調達が可能。

名前は百円均一で合ってるねんで?

いや、100円で買えないし。110円以外の品も多いし。
なんせその110円で買ってきたこの袋めん茹で器、消耗品と割り切ればかなり優秀な代物です。ものによりますが、鍋に湯を張ってゆでるのと変わらない時間でインスタントラーメンが作れます。
作り方は簡単。容器に麺を入れ、容器内部の線まで湯を注ぎ、レンジでチン。

f:id:aoi0730kanon0930:20191113125555j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191113125557j:plain

最大の見せ場は何といってもコスパの良さ。
カップ麺で100円を切るのは至難の業ですが、袋めんは一食単価100円を切るところから勝負が始まります。個人的な感覚としては、5食入りで348円~398円(税別)、つまり一食60円~80円まで抑えることが出来るというわけです。消費増税さえなければ、400円を割り込むだって可能なんです。たまにセール商品を捕まえれば278円なんて言う行幸に恵まれる事も可能。ここでも味的に見劣りするPB商品は除外します。

f:id:aoi0730kanon0930:20191117205242j:plain

クオリティは鍋で作るのとほぼ変わらず。
唯一、粉末スープ後入れのため、偏り易いという点が挙げられますが、この点は粉末の入れ方による改善が可能かと思います。

プランC:パスタ

バリエーションを求めるならやはりパスタです。こちらも部材を必要とします。
こちらも正式な名称は不明なため、『パスタ茹で器』と仮称します。

ネタの使いまわしは寒いで?

まずパスタを買ってきて、中に入れます。湯を注ぎ、通常の茹で時間+3分レンジでチン。湯切りすれば出来上がり。(茹で器により異なるかもしれません。)

f:id:aoi0730kanon0930:20191114124003j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191114124007j:plain

パスタの長所は何といってもバリエーションの豊富さ。粉末やレトルトのパスタソースは勿論、個人的には何らか味のついた調味料を上からかけて混ぜるだけでパスタは成立するものと思ってますので、理論上、味のバリエーションは無限大といえます。

言い過ぎや☆

鮭茶漬け+マヨネーズで、和風ペペロンチーノとか、なんでもありです。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114124701j:plain

職場での見る目変わったよね、悪い意味で☆

色んなものが多少犠牲になりますが、そんなことを気にしていてはこの消費税10%時代を生き抜いていくことはできません。台湾かカナダにでも移住しましょう。

食品やから8%のまんまやねんけどねぇ?

周りの目が気になるといった小心者さんは普通にパスタソース買ってきて食べるようにしましょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20191114124910j:plain

お値段的には、パスタ一束が大体20円前後+ソース75円=95円とこちらも100円を下回ることが可能。毎日パスタであることにさえ目をつぶれば365日毎日違う味で食卓を彩ることも可能です。

プランD:かた焼きそば

一連のプラン読んで頂く中、勘のいい皆さんならお気づきかもしれません

1mmも栄養価無いな

冒頭で申し上げた通り、趣旨はただ安く、結果、栄養価や楽しみといったものは一切排除されているため、味、見た目等の要素は一切加味されていません。

やりすぎじゃない?

そんなセレブな同僚の声など完全に黙殺すればよいのですが、流石に栄養価0はよろしくない。何か風邪とか引きやすくなってしまったのも多分栄養が足りていないのも要因の一つかもしれません。

いや、そっちの原因は加齢です☆

と言う訳で、少しは栄養が取りたい、または食卓に彩が欲しいなんてわがままな要望にはこれ。

f:id:aoi0730kanon0930:20191117164441j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191117164443j:plain

前日、準備しないといけないのと、ある程度冷蔵庫に残り物が詰まっている必要はあるんですが、これらがあれば逆に家で食べる昼飯とそん色ないお弁当が完成します。

f:id:aoi0730kanon0930:20191117164554j:plain

プランE:カレー・カレーうどん

これはもう実践している人もおおいかもしれませんが、カレーです。
カレーというのは万能な食べ物で、米に掛けても麺に掛けてもパスタに掛けても鍋に掛けても何でも食べれます。

好みです☆

若干煮込まないといけない、鍋洗うのが面倒などの副次作用は発するものの、これほど保存食に向いているものはないかもしれません。海上自衛隊などでもカレーは定期的に巡ってくるのもそういった加減があるのかもしれません。

曜日感覚をなくさないようにするためで、全然違います☆

作り方と言った解説はありません。普通にカレー作って下さい、家で一番でかい鍋を使用する事、以上です。

f:id:aoi0730kanon0930:20191117165223j:plain

これを小分けにしてパックに入れて冷凍庫へIN。カレー10人前で600円と考えれば、一食60円でご飯が食べれます。しかも冷凍するので

またカレーかよ

現象の発生も抑制する事が可能です。

番外編:栄養失調が心配なあなたの為に

ぶっちゃけこんな生活を少なく見積もっても1年は続けている小生ですが、体は至って健康です。周りからは馬鹿だからとか、ビールに色んな栄養素が詰まってるからとかそこそこ非人道的な発言を投げかけられることもしばしばですが、人って結構丈夫にできているもんなんですね。
ただ、途中でも触れた通り、体調を崩しやすくなったのも事実です。元々しょっちゅう風邪ばっかりひいたりもしていたんですが、どこまでが栄養足りていないせいかも不明な為、一応そういった面もケアしていこうかと思います。

プランA:オイルサーディン

かといって栄養気にして食費が上がってしまっては元も子もありません。
そんな中見つけたのがこれです。

f:id:aoi0730kanon0930:20191117170017j:plain

どうでしょうこのオリーブオイル、まるで休日にほんの30分ブログを書いているだけで投げかけられる母ちゃんの小言のようにねっとりと絡みついています。
オイルサーディンってなんか、酒好きなおっさんが好きなただのおつまみくらいにしか思っていないのではないでしょうか。

今も酒好きなおっさんがおつまみを紹介している訳ですからね☆

実は超栄養価の高い食べ物だったりします。
まず、イワシ。他にもサバやアジと合わせて『青魚』として知られるお魚で、日本の食卓でもおなじみですよね。
もっと言えば下魚(げぎょではなくしたざかな)つまり、格の低い魚として蔑まれたりしていた魚ですが、これら全部その栄養価が見直されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191117170841j:plain

鯖缶ダイエットなんていうよくわからないブームはとりあえず置いといて、イワシにはDHAEPA、カルシウム、ビタミンB2などが含まれ

バカが賢くなる、風邪をひかなくなる

食材であるほか、歯や骨、免疫機能の強化にも有効な食べ物なんです。
あと、オリーブオイルの主成分はオレイン酸。一般的なサラダ油に含まれるリノール酸は悪玉コレステロール低下と同時に善玉コレステロールまで抑制してしまうのに対し、オレイン酸は善玉コレステロールへ影響を及ぼす事はありません。この効果は

おっさんの敵『生活習慣病』に効果てきめん

な訳です。発がん、動脈硬化心筋梗塞などの血栓による病気、あと糖尿病にも効果があるとされています。あと胃腸が弱い人にも有効だったりします。

プランB:DHCサプリメント

本末転倒やない?

なんて思った方、じゃあ逆に聞きます。

普段の食生活で栄養足りてますか?

比較的摂取しやすいものから不足し勝ちなものまで、仮に僕の昼食による摂取が0だったとして

仮やなくて0やけどね☆

例えば一番不足し勝ちな栄養素はカルシウムだそうですが、一日に必要な摂取量は男性で800mg、女性650mg。対して平均的な摂取量は男性で430mg、女性400mg程度。
つまり、普通に食生活を送っていてはどのみち不足してしまうんです。

0であっても50であっても足りないのであればどっちみち補充しないといけないなら、これは節約とは別の問題になると考えて購入しています。 
同様に、風邪ひきやすい体質を補う意味で、ビタミンB1、C。恒常的に不足しがちな鉄分辺りは食べ物を意識する事も大事ですが、それ以外でも補う事を意識した方がよい栄養素と言えます。

まとめ

今回はこれで以上です。
長くなってしまい、最後は栄養講座のようになってしまいましたが、最後まで信じていた消費税10%凍結案はあのよくわからない軽減税率を導入すればいいじゃん的なノリで現場に多大な混乱だけ丸投げしてしれっと上がってしまいました。
消費増税と言うのは消費者、つまりエンドユーザーに載っかってきます、つまり

貧乏なサラリーマン死ねよ

と言っているのと同義。しかし本当に死なないまでも、たまの週末に飲みに行くくらいの余暇がなければ生きている甲斐がないというもの。削れるとこを削らないとお金はそのまま減ってしまう訳で、その一案として提案する次第です。