神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

王道、やけど安定、中華そば『ほそかわ』

今回ご紹介するのは中華そばほそかわです。
城陽市は24号線沿い、昔からあるラーメン屋で、京都のラーメンといえばこれ!!を正に地で行くラーメンを提供してくれるお店。
『ラーメン』ではなく、『中華そば』と表記するあたり、こだわりが感じられます。
では、今回も元気よく中華そばほそかわさんにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20181024215530j:plain

外観・内装

国道24号線京都府城陽市へ、JR城陽駅城陽市役所などがある城陽市の中心地あたりの何気ない交差点を折れた辺りにこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20181024215613j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181024215615j:plain

『駐車場あります』の看板はあれどそれらしき駐車場がない?!そんな思いでお店の横の路地を入っていくと、なぜかパチンコ屋に入店してしまう不思議な立地。

f:id:aoi0730kanon0930:20181024215708j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181024215710j:plain

おどおどしながら、場内警備員のおっちゃんに『ラーメン屋行きたいんやけど』と告げれば、どこでも停めてええよとのこと。どうやらパチンコ屋の駐車場=ほそかわの駐車場のようです、そら気づかへんわ。
店内はカウンターのほか座敷席が3席。ちょっと古めな畳敷もなんだか懐かしさを覚える雰囲気がたっぷりです。

メニュー・味

メニュー表です、いたってシンプル。炒飯すらありません。

f:id:aoi0730kanon0930:20181024215826j:plain

並、大がそば、叉焼面にライスが用意されているほかは、かろうじて焼豚と餃子が用意されている程度。ラーメン一本で勝負していますといったところでしょうか。
今回は、ラーメン(並)と餃子をオーダー。

中華そばです。今や京都に限らず関西中を席巻した背油醤油ラーメンです、麺は勿論細麺のストレート、チャーシューはくどくない程度の脂身寄り。

f:id:aoi0730kanon0930:20181024215940j:plain

感想を一言で言うなら安定。背油系って結構くどかったり、口の中に残ったりというのは、ある程度仕方ないものと諦めていたりもするんですが、そういう後味の悪さはなし。味はしっかりしているのに、あっさり食べれるというなかなかの謎仕様です。
結構一味唐辛子が効いているので、苦手な方は『一味抜き』で、予めお願いするといいかもしれません。(オーダー通るかは知らないけど)

餃子です。これもシンプルイズベスト。

f:id:aoi0730kanon0930:20181024220211j:plain『餃子食べたいな』という問いに対し、100%餃子、変わり映えない代わりに外れも好き嫌いもない皆が好きな一品をご提供頂けます。

アクセス

車の場合:国道24号線城陽市寺田交番を東へ。
目印はありそうでないんですがあえて言うなら『眼鏡市場』の大きな看板が見えるちょっと手前で曲がる印象です。

見えてから曲がろうとすると行きすぎますよ

電車の場合:JR城陽駅徒歩4分。

まとめ

今回は以上です。今や京都中を駆け巡って、嘘かホントか京都のラーメンと言えばこれと言わんばかりに定着した背油醤油系ラーメンの先駆けともいうべきお店です。

先陣切って広めた来来亭は滋賀やけどね

本店は京都市内の花屋町にあって、こっちは暖簾分け店舗、なんで変に味が落ちたりとかそういうのも一切ありません、両方美味しいラーメン屋さんとして頂くことができます。行楽シーズンなど南部へお出かけの際は一度わざわざ立ち寄ってみる価値のあるお店です。