神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

大垣で食べる味噌カツ定食は五度楽しむ『喜楽屋』

名古屋やないの?

本来は名古屋のご当地グルメの一つそれが味噌カツですが、まあ隣なので大垣にも味噌カツを提供してくれるお店があります。今回はそんな一つとんかつ屋さん『喜楽屋』さんをレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201225233j:plain

実名口コミグルメサービスNO.1【Retty】

店舗概要

このお店があるのは岐阜県大垣市東海道新幹線沿いに走る県道18号線に面してこのお店はあります。行ってみてびっくりの超人気店でその人気は美味しさもさることながらそれ以上にコスパ(コストパフォーマンス)抜群。特にランチの目玉『味噌カツランチ』は650円で食べられる、今時では中々見られないお得な貧乏人の為のお財布に優しいお店と言う事で大人気のお店なんです。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201223133p:plain

言い直してもあんま意味変わってなくない?

ニュアンスさえ変わればそれでよいと。
入口はちょっと狭いんですが、そこには順番待ちをしているお客さんがいっぱいなんですが、てきぱきお客さんを捌けるお店らしく、4,5組待ち位なら15分程度待てば店内へ案内してもらう事が出来ます。
営業時間/11:00~14:30、17:00~21:30(定休日:火曜日)

メニュー・味

メニューです。ランチはお値段も内容も魅力的なものがいっぱい、それら殆どが千円以内で楽しむ事が出来るんです。あと期間限定のようですがお子様メニューの値段が、最早あってないような値段です。大垣おそるべし。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201224024j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200201224734j:plain

大垣=安いという訳ではないんやけどね☆

ランチが安いというよりは、この店の価格帯がリーズナブルに設定されているようで、『食べたいけどちょっと高いな』と思わせるものが何一つありません。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201224932j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200201224935j:plain

今回はちょっとボリュームを求めて『厚切味噌カツランチ』をチョイス。小鉢は見えにくいですが、豆煮。予期していなかった生卵の提供が僕の想像力を掻き立てます。
僕を最大限活用してくれよと語りかけてくるようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201225425j:plain

最近仕事が忙しいらしいんです☆

さて、ここの味噌カツ、三度楽しめるんだとか。こういうの大好きです。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201230556j:plain

いつも言われるまでもなく色んなメニュー台無しにしとるからね☆

オリジナルアレンジレシピと呼んで頂いて結構。
まずは一口そのままで。サクサク感はないものの、程よい甘さの味噌が染みて美味しい。次にカラシをつけて、更に一味を振りかけて。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201230859j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200201230855j:plain

まず辛子は思ったほど辛くはありません、納豆についてくるやつと同じくらい。味噌が甘めなのを少し抑えるために付ける感じ。
唐辛子はもうそのまんまです。ちょっとかけ過ぎた感は否めません。
ここからが少しアレンジ。

お店非推奨レシピです☆

溶き卵をまずくぐらせたバージョン。多分この為に用意されていたのだと確信します。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201231433j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200201231430j:plain

いや、違うで☆

個人的にかつ丼は卵とじ派、卵かけご飯も好きな派の僕に適したメニューです。
最後に2,3切れ残してご飯に載せて卵とじ風かつ丼に。

f:id:aoi0730kanon0930:20200201231617j:plain

都合五度、色んな味のバリエーションが楽しめます。

アクセス

岐阜県大垣市県道18号線『役場南』交差点を東へ。人気店ですが、駐車場はいっぱいあります。

まとめ

今回はこれで以上です。
味噌カツは結構好みの別れるB級グルメですが、挑戦したことのない方は一度食べて見て下さい。串カツ初め大阪のソースは甘い目のやつが多いので、意外と馴染みやすいかもしれません。