神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

こだわりの白湯スープ『麺本舗やまと』

今回ご紹介するのは麺本舗やまとです。

奈良県は 大和郡山市、大きな国道沿いに位置するこのラーメン屋は真っ白白湯にこだわったラーメン屋さんで、その味わいは中々のものでした。
では、今回も元気よく麺本舗やまとへお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029220728j:plain

外観・内装

奈良県大和郡山市、近所の方はわかると思いますが、国道24号線を『イオン大和郡山』から更に少し南へ、並走というか24号線が途中から枝分かれする形で走る県道754号線沿いに、今回のお店『麺本舗やまと』はあります。目印はこの大きな看板。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029221201j:plain
やまとというのは言うまでもなく大和を指すんでしょう。
外観は最近のラーメン屋よろしくカフェか何かの様なオープンで綺麗。昭和の人間にとってラーメン屋と言えば床も壁も店主のおっちゃんも脂っぽくてなんぼいうところも正直あったので、寂しい気もしますが、飲食店が衛生的なのはプラスではなくもはや必須。

あんまいうと年齢バレるで

ばれても何の面白みもないおっさんがおっさんでしたというだけなので、全く気にしません。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029222223j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181029222229j:plain

メニュー・味

メニューです。鶏白湯、味噌白湯、魚介鶏白湯とメニュー全部じゃないですが、まさに白湯尽くし。その中で牛すじ白湯が店長一押しとの事。メインは恐らく鶏白湯という中、1,200円というラーメンでは中々の値を付けながら堂々と推してくるこれは無視できない所です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029223147j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181029223152j:plain

予算の関係から、今回は魚介鶏白湯を選択。

頼まないものを過度に推すなyo

小遣いの供給が滞っていたこの日、一食1,200円は自殺行為に等しいです。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029223549j:plain
思っていた以上に白いです、そしてクリーミー。白湯系はともすれば甘いと感じる人も多いのか、ブラックペッパーなんかでカドの立った感じにまとめてくるお店も多いんですが、ここはそういう過度な刺激物関係はなし。魚介と白湯の相性もばっちりです。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029224345j:plain
クリーミー部分は表面のみ。麺は中太、ちぢれ麺でしょうか。白湯スープを存分に楽しみつつ、一気に食べることが出来ます。

炒飯です。比較的ノーマルな味付けですが、鶏白湯の味がしっかりしているので、心持薄味にすら感じてしまうかも。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029225121j:plain

無論替え玉をオーダー。少し水切りが甘いのかスープが若干薄まってしまった点だけが残念。

f:id:aoi0730kanon0930:20181029225315j:plain

毎度言っている通り好みですが、ラーメンの完成度を非常に高く感じました。

アクセス

車の場合:奈良県大和郡山市県道754号線番匠田中交差点南。

まとめ

奈良の観光はどうしてもまずは奈良公園、大仏、春日大社に目が行ってしまうんですが、これらは奈良でいうと北の端っこ。古都奈良というだけあって少し南に下がるだけでも、石上神宮大和神社大神神社と名所に困る事はありません。ラーメンのついででも、観光のついででも奈良観光はとても楽しいですよ。

www.aoimon.net

www.aoimon.net