神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

飛騨高山のお土産色々

今回は飛騨観光旅行に参りました。海のない山の観光地という事でどんなところかと憂慮していましたが、予想以上に良い場所でした。
お土産も色々と充実していましたので、順番にご紹介です。

お菓子編

君の名は。クッキー

正直職場用のネタとして購入したんですが、思いのほか美味しくてびっくり。タチバナタキ、宮水三葉の両主人公は勿論、劇中の主要な登場キャラの絵が描かれていて、クッキーもバターが利いたしっかりとした味。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601232311j:plain

乗鞍高原の恋人

君の名は。クッキーが予想外に美味しく、立場を失ってしまった職場へのもう一つのお土産。明らかに聞いた事のある名前のお菓子を知っていますが、きっと気のせいでしょう。少し硬めの生地にホワイトチョコをコーティングしてあり、甘さたっぷり。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601232313j:plain

お土産何で自分で食べてるん??

うちの職場の慣例です。お土産は自分も食べる、仲良いからと言うより地雷防止の為です。誰も言いませんが、これ買ってきた奴がいたんです。この破壊力を舐めていた人間たちの阿鼻叫喚の渦に見舞われた職場には以来、『買ってきた土産は自分も食べる事』という不文律が出来上がったという訳です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601234255j:plain
まあ買ってきたん僕なんですが。

果樹園の手造り風味リンゴケーキ

甥っ子姪っ子用のお土産。リンゴっていうと長野なんかもしれませんが、所詮小5を頭とする連中にそんな細かい事は必要なしお隣だから別にかまへんよねというアバウトな発想で購入。
ケーキを子供に与えた際の悲劇の一つに『果物だけくりぬいてスポンジ全部残す』というのがありますが、うちの甥姪どもは正にそれをやるやつら。ですが、これは余すとこなくりんごが埋められていて、避けようがないほどだったので無事完食したという喜びの声が返ってきました。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601232315j:plain

天空バウム

地上から(多分)一番高い位置にあるバームクーヘン屋さんの『天空バウム』。
お店で焼かれたバウムクーヘンはふわっふわ。甘さ程よく、他では中々味わえない美味しさです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601235201j:plain⇓詳しくはこちら。
www.aoimon.net

ご飯系編

高山ラーメン

飛騨山系と言えば、浮かんでくるのはやっぱりこれですよね。
高山ラーメン

味噌とか漬物とかいろいろあるやん☆

絵的に地味なので。高山ラーメンについてはこちらをご参照下さい。

www.aoimon.net

シンプルなあっさり醤油にちぢれ麺の為、割と簡単に自宅でも際限が可能。勿論、上を見ればキリがないんですが、十分おいしいものが作れます。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601235451j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190602000451j:plain

ほうば味噌

ほうば味噌と聞いて想像するのはほうばと一緒に売られているお味噌。一食分に対しほうばが一枚。あれ、少なくないですか?しかもほうば使い切りの為、一個作ると食べきってしまわないとゴミになるだけやし。そこでこれ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190602000613j:plain

ただの味噌やん☆

ちゃんとほうば味噌って書いてあります。要は葉っぱのないバージョンですね。
でもこれなら、食べたい分だけ焼けば済む話にもなります。ほうばの香りが大事!そんな方は改めてはっぱだけ買ってきたら済む話です。

お酒とか編

寒い地方なので、辛いものとか漬物とかが多い印象。勿論お酒もあります。

野沢菜漬け

これも長野の印象の方が強いお土産ですが、自宅用なので気にする必要もないでしょう。野沢菜というのはアブラナ科で菜の花なんかの仲間らしい少しの苦みとあっさりした味わい、塩加減の漬物格付けの中でもかなり上位にランク付けされる事間違いなしの一品。

f:id:aoi0730kanon0930:20190602102122j:plain

焼きしそ巻

クルミ胡麻などをシソで巻いたシンプルながら美味しそうな一品。
母ちゃんが全部平らげてしまったので推測でしたか無いんですが、きっとおいしかったことでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20190602102544j:plain

鶏ちゃん

名前自体初めて聞きましたが、4,50年の歴史を持つB級グルメのようです。
北海道ジンギスカンの羊を鶏に変えたバージョンと言ったところで、味噌ベースの独特なタレに漬け込んだ肉を野菜と共に炒める・焼くと言う割とお手軽な料理ですが、今これが流行っているんだとか。肉を焼くだけのものもあれば、タレだけも売ってます。

f:id:aoi0730kanon0930:20190602103003j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190602000612j:plain

※今肉を漬け込み中詳細は追って後日UPします。

牛ちっぷ

生産地が近い食材とコラボしたチップス的なものです。割とよくあるし結構割高なんで普段あんまり買わないんですが、試食コーナーであまりに美味しかったんで思わず購入。牛の味か正味判別は出来ないものの、米の味がしっかり感じられるそこらの〇〇チップスとは一線を画す存在です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190602104459j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190602105537j:plain

まずはお酒、多分地酒です。さらっとした口当たりの辛口で、飲みやすいので晩酌にぴったりのお酒でした。

f:id:aoi0730kanon0930:20190602101148j:plain

店の人の言ってたそのまんまやしな☆

まとめ

今回はこれで以上です。
飛騨は観光としても魅力的ですが、飛騨牛は勿論、他の郷土料理なんかも色々美味しいものがいっぱい。あんまり食べ物に期待せず訪れてみると良い意味で期待を裏切ってくれることと思います。