神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

君の名は。巡りその1『飛騨山王宮日枝神社』

今回は岐阜県高山市にある『日枝神社』のご紹介です。
『飛騨山王宮』と言う別名もある高山市の結構由緒ある神社で、高山市で一番大きなお祭りの一つ『山王祭』を執り行う神社でもあるんですが、ちょっと前にこの神社を一躍有名にしたのが、これ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190506211856j:plain

公式HPより

君の名は。2016年にヒットしたこのアニメ映画の舞台は東京と岐阜で、ヒロインの宮水三葉は、岐阜の『宮水神社』という神社の娘。その神社のモチーフになったんではないかとファンの間で語られているのがこの神社だったりする訳です。
では、今回は君の名は。の聖地『日枝神社』に一礼。

f:id:aoi0730kanon0930:20190506220318j:plain

神社概要

創建の歴史

この神社は岐阜県高山市内にあります。高山市を代表する例祭のうち、春の山王祭を行う神社です。
創建は1141年、飛騨国国司やった平時輔が近江の日吉神社大津市にある日吉大社)を勧請し、自城の三仏寺城の近くに創建したのが起源とされています。
この創建には不思議な言い伝えがあって、平時輔が狩りの最中、老いた狼を見つけます。時輔は狼を仕留めようと矢を射るも獲物は見当たらず、矢は杉の木に突き刺さっていたんだとか。これを山の神『大山咋神』が自分の遣いの狼を守ったんだと考えたため、日吉神社からの勧請に至ったんだと言われています。

 

www.aoimon.net

その後、1181年源義仲によって三仏寺城は落城、その際に日枝神社も焼失しますが、ご神体は無事やったため、片野村という場所を経て、1605年に金森長近が高山城の鎮護神として、現在の場所に至ったと言われています。
その後、高山城が廃城となった後は、高山陣屋(高山が天領となった後の役所)の鎮守とされ、1869年神仏分離によって日枝神社と改称され現在に至ります。

ご祭神・ご利益

この神社のご祭神は大山咋神(おおやまぐいのかみ)、勧請元の日吉大社のほか、京都の松尾大社のご祭神としても高名な神様です。ご利益は方除け、厄除け、縁結び、家内安全、夫婦和合、商売繁盛。山に囲まれた山と共に在る神社に山の神様と、正にこの神社にふさわしい神様と言えるかもしれません。

境内散策

ご本殿・拝殿

境内東側にある長い石段を登った最奥にあるのが、拝殿、そしてそのさらに奥にあるのがご本殿です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190508235528j:plain

富士社社殿(富士神社)

拝殿向かって右にあるのが、この富士社。

f:id:aoi0730kanon0930:20190509000238j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190509000242j:plain

この神社での位置づけは末社ですが、建物自体は旧本殿の物。というのも、この神社は昭和10年に一度豪雨によって倒壊してしまったそうです。その為、現在のご本殿は昭和13年に再建されたもので、この旧社殿は修復の上でこの場所に移されたという訳です。彩色の優美な様はさすが、元本殿といったところでしょうか。

御朱印

御朱印は境内中腹にある社務所にて頂けます。山王祭のものでしょうか、神輿のようなものが写っています。

f:id:aoi0730kanon0930:20190509233023j:plain

君の名は。

2016年に公開された空前の大ヒットとなったこの映画。それまで知る人ぞ知る『新海誠』監督の名前を一躍『誰もが知る』世界の人に押し上げたのもこの作品だったわけですが、いまだ多くのファンを魅了する、正に名作と言える映画です。
僕自身『君の名は。』は映画館だけで2回、家で録画したものを含めれば視聴回数は30回はくだらない位に見ている作品です。

おっさんきもいからあんま大きな声で言わない方がイイよ☆ 

ここ山王宮日枝神社は『君の名は。』巡礼地として今も結構訪れる人が多いんだとか。
流石、空前の大ヒットと言われただけの事はあります。

鳥居

まずモチーフとされたと言われる場所の一つがこの鳥居。本殿前の階段正面に建っている鳥居です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190509233857j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190509233847p:plain

どうでしょう、正直あんまり似てな。。

木々に囲まれた雰囲気や灯篭が似ている感じがしますね☆

まあ、まるっぽそっくりにしなければいけないという話でもないですからね。

富士社社殿(旧本社殿)

上述の通り、本殿右側にある修復された旧社殿です。こちらは、一般にモチーフになったという話は出ていなかったんですが、個人的に似ていると思ったので対比掲載。

f:id:aoi0730kanon0930:20190509235042j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190509235035p:plain

宮水姉妹が舞を奉納するシーンで、舞殿と境内社の違いはあるものの、雰囲気は似ていませんか。
ヒロインの三葉が舞い、『口噛み酒』という穀物(映画では米)を咀嚼し、升に戻し、発酵させて作る酒を奉納するというシーン。口から戻すという行為を見られ、意地の悪い同級生に蔭口を叩かれ落ち込んでしまう一方で、仲のいい同級生からは(三葉の口噛み酒を)奉納されて嬉しいのか、という疑問に間髪入れず『嬉しいに決まってるやろ』と返答する中々、印象的なシーンです。
僕は勿論仲の良い同級生の方に賛同します、恐らく一升でも飲めと言われれば

ためらいもなく飲み干す事でしょう。

あんまキモイと読者減るで☆

ここまで読んでくれている方はきっと理解(僕がある程度壊れている事を)してくれているものと期待しています。

アクセス

JR高山本線高山駅』徒歩25分。徒歩で直接向かう距離としてはちょっと辛いですが、向かう道々を観光がてら散策するのも良し、駅周辺には多数レンタサイクルの店もあるので、そちらを使うのもありです。
駐車場は神社手前の和合橋付近に日枝神社用に限らず観光用に確保されています。

まとめ

今回はこれで以上です。
個人的にこちらにご参拝した当初の目的は『君の名は。』ですが、それを抜きにしても雰囲気のいい素敵な神社です。
上で紹介したお社以外にも例えば北側からの参道など、木々のトンネルを抜ける石段の雰囲気は中々味わえるものでもないでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20190510002847j:plain

訪れるきっかけは何であってもいざ参拝してみると『あ、ここ雰囲気いいかも』と、きっと気に入るそんな神社です。