神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

春の平等院『つつじ』、『藤』

今回は宇治にある世界遺産平等院』。
季節ごとに色んな草花が咲き乱れる中でも今回は春をお届け。
基本情報はこちらをご参照下さい。

www.aoimon.net

【じゃらん】国内25,000軒の宿をネットで予約OK!2%ポイント還元!

平等院は花と紅葉の名所

10円玉の裏に書いてあることで有名な世界遺産平等院』ですが、四季折々色んな姿を見ることが出来ることでも有名。紅葉時はライトアップされたりして最も観光客が訪れるんですが、春もおすすめ。

www.aoimon.net

特に桜も散ってなんにも知らない観光客がひと心地つき、落ち着いて平等院の拝観ができることもありますが、桜が終わる時期にはつつじが、そして更にその後には藤棚が見事に咲き誇ります。
桜と紅葉ほど人が沸くこともないので、落ち着いて見ることが可能なこともおすすめの理由の一つ。

つつじ

境内入り口から鳳凰堂の手前くらいまで続く参道の多くがつつじの木。

f:id:aoi0730kanon0930:20200426220822j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200426220825j:plain

鳳凰堂右手には境内唯一の紅色のつつじも見られます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200426221018j:plain

アングルを頑張ればお堂をバックに写真を撮ることも可能。

f:id:aoi0730kanon0930:20200426221343j:plain

藤棚

つつじのあと、もしくはつつじと一緒に鑑賞できるのが藤です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200426221851j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200426221853j:plain

まだもう少し伸びるようですが、今でも十分に綺麗。上の写真は入り口手前、それに門をくぐってすぐのところにも藤棚があります。
下の写真は境内内部のものですが、こちらは手前のつつじと一緒に鑑賞することが可能です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200426222137j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200426222140j:plain

まとめ

今回はこれで以上です。
これからまだまだ藤棚は長く垂れていく事となり、例年の見頃はゴールデンウィーク過ぎくらいになるんだとか。予定通り自粛解除されれば楽しめる事でしょう。