神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

たまに食べたくなるシンプルな中華そば『中華そば満丸』

今回は滋賀県にある『中華そば満丸』さんのご紹介です。
最近は定番の醬油・味噌・塩のほかにとんこつは勿論二郎系なんてのもメジャーになって、バリエーションの広がりはとどまることを知りません。
一方そんなご時世、昔ながらの中華そばを提供してくれるお店が駆逐されつつあるのも確かです。今回はそんな昔ながらの中華そばが食べられる貴重なお店『中華そば満丸』さんをレポートです。

店舗概要

お店があるのは滋賀県草津市

このお店があるのは滋賀県草津市。繁華街の草津駅前から少し離れた住宅街の中にこのお店はあります。佇まいから店の外観から如何にも昭和レトロな雰囲気が漂い、否が応にも高まる期待感は抑えることは出来ません。

f:id:aoi0730kanon0930:20200513215147j:plain

狙ってか図らずか不明ですが、このお店は現場系の腹をすかせたおっちゃんに好まれる傾向にあるようで、ちょっといかついのからだいぶいかついのまでごつい系のおっちゃん1人~3人がひっきりなしに来店するという、だいぶ客層の偏ったお店のよう。

多分偶然です☆

営業時間・定休日・アクセスなど

営業時間:11時00分~16時00分
定休日 :月曜日
駐車場 :店前に4台分あり。長屋建て隣店の駐車場にはくれぐれも止めないようにと注意書きがあります。
住  所:〒525-0027 滋賀県草津市野村3丁目7−28
座  席:カウンター・座敷
支払方法:現金のみ。

4人がけの座敷が2セットほどあるほかは全部カウンターの為、やはりこのお店は漢の園という感じがします。

メニュー・味

メニューです。麺類ごはん類は超シンプルに中華そばとチャーシュー麺のみ。

f:id:aoi0730kanon0930:20200513220048j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200513220052j:plain

ランチのみの営業のはずなんですが、お酒を傾ける人のニーズも高いのかおつまみセットやキムチ単品の取り扱いもあるのがますますレトロ感。

何か『レトロ』を履き違えている感じもしなくはありませんが☆

卓上サービスとして、この謎のクリのような物体。

f:id:aoi0730kanon0930:20200513220653j:plain

何かしら漬けにしたにんにくの塊のようです。箸休めに、食前にかなり気前の良いサービスです、知らずに食べるとえらい目にあいますが。

中華そば(チャーシュー麺)は空腹時こそ食べたい

この中華そばという響きに言いしれぬ魅力を感じてしまうのは僕だけでしょうか。

f:id:aoi0730kanon0930:20200513220811j:plain

僕だけやで☆

スープを一口、コクしっかり。シンプルな、でも飽きさせない中華そばです。チャーシューがバラなのも食べ応えにしっかりと貢献してくれます。

中華そば(味噌)は口にも胃にも優しい

このお店は、+100円で味噌、カレーに変更することが出来ます。茹で・煮玉子ではなく生たまごのトッピングも可能。

f:id:aoi0730kanon0930:20200513223046j:plain

こちらはノーマルな中華そばとまた違ってまろやかさが活きていて、これはこれでありな一杯。

ごはん頼むならキムチもでしょ

チャーシュー丼もありますが、どうやらセットで見る類のミニ丼タイプでなくがっつりと単品で食べるタイプのもののようなので白ごはんをチョイス。
そして、新井商店がいまいちどこなのかわかんなかったですが、キムチとそこに味噌ラーメンのスープをトッピング。

f:id:aoi0730kanon0930:20200513223543j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200513223540j:plain

追加300円で堪能できる立派な丼が完成です。

まとめ

今回はこれで以上です。
空腹時に一番お腹にフィットする中華そばはシンプルながら人気があるようで、地元客が入れ代わり立ち代わり来店するものの、一人客が多いので満席で待たないといけないという類のお店でも無いみたい。昔ながらの中華そば食べたいなと思ったらやっぱりここです。