神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

史上No.2のラーメン屋『FLYINGチキン野郎』

微妙に褒めてんのかけなしてるんかわからんタイトルね☆

今回は滋賀県にあるラーメン屋『フライングチキン野郎』さんのご紹介。
一度聞いたらなかなか頭から抜けなさそうなネーミングですが、ラーメンにはなかなかこだわりが光る一杯を提供してくれるお店です。

店舗概要

お店があるのは滋賀県草津市

このお店があるのは滋賀県草津市滋賀県特有のお話なのか不明ですが、駅前は結構背の高いビルなんかが立ち並ぶ都会っぽい雰囲気がある一方で、車で15分ほど走らせれば途端に風光明媚な琵琶湖を望む眺望が広がり、そしてその間には住宅街がひしめく不思議な街。こおお店があるのも明らかに住宅街のど真ん中にこつ然と現れる不思議な立地をしたお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200712223842j:plain

滋賀のこの辺りは、昔から東海道が東西にずっと続く交通の要衝で、琵琶湖があるリゾート地で、最近では住みたい街上位にもランキングされるという複数の特徴を兼ね備えた滋賀は、市街地の棲み分けが割と曖昧で色んなものが同居していたりします☆

営業時間・駐車場・アクセスなど

  • 営業時間

   平 日:11時30分~15時00分、17時30分~21時00分
   土 日:11時30分~21時00分

  • 定休日 :特になし
  • 駐車場 :店舗横に10台程度。
  • 住  所:〒525-0028 滋賀県草津市上笠4丁目2−28
  • 座  席:カウンター・テーブル計20席。
  • 支払方法:現金(食券制)

 駅前から少し離れた店舗なので訪問は車でしたいところですが、駐車場が10台用意というのは心強く感じられます。

メニュー・味

メニューです。食券制ですが、ラーメンにそれぞれ写真が添付されているので選ぶ助けになります。

f:id:aoi0730kanon0930:20200712224720j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200712224717j:plain

メインのラーメンはフライング野郎、他に台湾まぜ野郎、油まぜ野郎、味噌フライング野郎の4種。名前からは1mmも内容が伝わってきませんが気になる名前ばかりが並びます。

だからメニューに写真付いてるんちゃうかな?

フライング野郎

恐らくこのお店のスタンダードがこのフライング野郎(ラーメン)。

f:id:aoi0730kanon0930:20200712230754j:plain

メレンゲのようにふわふわに泡立てられた鶏白湯スープにやっぱり間違いはありません。ここはともすればしつこくなってしまいがちな濃厚スープに柚子風味をプラスすることで最後の一滴まで飲めるスープのように仕上げられています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200712231456j:plain

お子様ラーメンというのも用意されていて、内容はこのラーメンのハーフサイズ。
でも美味しさや仕様は同じなので、やっぱりスープの最後の一滴まで楽しむことが可能。(注:別の丼です。)

f:id:aoi0730kanon0930:20200712231604j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200712231601j:plain

空の丼二度写す必要はないよね☆

油まぜ野郎

彩り豊かな油そば『油まぜ野郎』。はじめからシメ飯を食べる前提になっているのか、ご飯が一緒に提供されます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200712231731j:plain

台湾まぜ野郎と違い辛い要素はなく、卵黄を絡めてその濃厚なオイリーなスープと太麺を豪快にすすることこそこのメニューの真骨頂と言えます。
シメ飯の美味しさも言うまでもありません、B級グルメならでは、恥も外聞もなく周りの目を気にすることもなく、思いっきり口の中に頬張りましょう。

まとめ

今回はこれで以上です。
このクリームスープ状にした鶏白湯スープは割とメジャーになりつつあって、もうこれだけで驚く事はありませんが、柚子風味をプラスし、鳥の旨味を余すところ無く凝縮させてあるここの鶏白湯は他店に抜きん出て美味しい一杯を提供してくれるお店と行って良いと思います。僕ほどではありませんが、各地で多数のラーメンを食べ漁る当家の嫡男(7歳)をして、今まで食べた中で2番目に美味しいラーメンと言わしめた実力を是非一度お試し下さい。

色々とツッコミどころが多すぎて逆に何いっていいかわかんないわ☆