神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

大正ロマン『古屋旅館』

先日熱海旅行に行ってきたわけですが、その時にお世話になった旅館が予想以上に良い所やったんで、ご紹介です。
古屋旅館という旅館で、開業200年を誇る老舗中の老舗。熱海が昔から続く、且つ全国に名を轟かせる温泉地なんで、200年と言われてもお、おう、と何となく納得してしまうのが不思議なところです。

外観・お部屋

今回は幹事さんが支払から何から何まで手配してくれたのでお値段関係は全く存じておりませんが、タクシーの運転手さん曰く『熱海で一番高い宿』との事でした。幹事曰く『どうせ戻らぬわが銭なら余すとこなく使ってくれるわ』との事でした。

f:id:aoi0730kanon0930:20181025232804j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181025232802j:plain

何故か旅館内に鳥居まであります。

f:id:aoi0730kanon0930:20181025232807j:plain

ロビーです。綺麗なのは言うまでもないですが、この良い旅館って匂いが良いですよね。ここしか良い旅館泊った事ないですけど。

f:id:aoi0730kanon0930:20181025233354j:plain
お部屋は今回、4人一室やったので広めの奥座敷、露天、庭付きでした。お庭同士は繋がってるらしく出たらあかんらしいんですが。

f:id:aoi0730kanon0930:20181025233557j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181025233605j:plain

外観・内装は食って風呂入って寝る分に1mmも必要ないんですが、たまの贅沢に綺麗な旅館に泊まれたらこの上ない幸せな気分になれます。

食事

食事はどちらかと言えば素泊まりして、地元の居酒屋で飲んだ暮れる派なんですが、ここでもおもてなしたっぷり旅情感を味わってきました。

夕食

旅館とは食事と風呂と寝るところ。やはりこれが印象の大部分を占めます。彩り、華やかさ、そして酒。これが揃うのはやはり夕食でしょう。

酒、言いたかっただけでしょ

朝から酒飲めへんし
という訳でお品書き。

f:id:aoi0730kanon0930:20181025235006j:plain
ものっそい量ありそうに見えますが、一品一品はちっさいので食べれない事はありません。この初っ端からエスプレッソみたいに見えるカップはごまだれのかかったごま豆腐です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181025235110j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20181025235122j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181025235124j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181025235504j:plain

海の近場で海の幸ってそのまま食べても美味しそうなもんやのに、味が一つ一つ凝っていて不思議な物を食べてる感覚の連続です。細工も細やかで、大根で象った兎など何かしらのテーマ性を感じさせます。

刺身、てっさ。たかがアジ、されどアジ。このアジの味わい深さは鮮度でしょうか、それともさばき方でしょうか。刺身醤油のポジションに、3種用意されていました。

中盤のメイン、アワビの踊り焼きです。ムービーでup出来ないのが無念極まりません、踊り狂ってました。感触はアワビの弾力は残しつつ、噛み切る時の抵抗の無さは正にツンデレ

f:id:aoi0730kanon0930:20181026000238j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181026000336j:plain

ご飯は後半に差し掛かります。炊き合わせ。一杯目のビールは飲み終わっている為、ここらで日本酒へ。地酒もそうでないのも種類豊富に揃えられてました。

f:id:aoi0730kanon0930:20181026000702j:plain
熱海のお酒ってそこまで聞かないけど、『ひやづめ』をチョイス。すっきりしていて飲みやすい、それは飲み過ぎてしまう兆候でもあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20181026001118j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181026001135j:plain

強肴やら何やら。お酒のあてになりそうなものばかり続きます。

f:id:aoi0730kanon0930:20181026001856j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181026001900j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181026001904j:plain

〆は栗ご飯と赤だし、それにデザート。

f:id:aoi0730kanon0930:20181026001907j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181026001911j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181026001914j:plain

総カロリーとかそんな意味での量はそこまで多くは無いものの、海際ならではの海の幸をふんだんに盛り込んでいる他、フォアグラ、トリュフ、からすみなど高級食材も盛沢山、これで美味しくない筈がないと言わんばかりの大満足の夕食でした。

朝食

夕食は彩りと酒に対応する味という意味合いが強いかもしれませんが、朝食は酒抜き。(社長は朝から飲んでますが)朝食にふさわしい云々は献立考える人がやる事で、こちらが求めるのはひたすら味。
旅館の朝食って何故か凄く美味しいやないですか。僕普段30%OFFってシール張ったパン以外朝食で食べたことないですが、旅館の朝食が美味しいとそれだけでその帰路までの観光にも俄然力が入るという物です。

さて、朝食の献立です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181026002946j:plain
日本の朝食と言った感じではないでしょうか。

f:id:aoi0730kanon0930:20181026002922j:plain

何故か朝から粥と白飯両方食えというスタイルらしく、ボリューム満点でした。

f:id:aoi0730kanon0930:20181026003145j:plain

風呂

僕は宿に来たら温泉・大浴場に関わらず入浴を5回はします。洗体を伴う入浴以外でも4回は入り、ひたっすら湯に浸かるのみ。混浴でなくても温泉は何か魅力を感じます。日本人やからか、他に原因があるんか、とりあえず温泉は楽しめればOKという事で。
流石に画像はありません、あと大浴場はそんなに広くはありません。露天風呂と内湯の計2か所。議題とすべきはどちらか泉質です。湯を持ち上げてみると、当然水なので持ち上がります。ですが、何故かまとわりつくような、でも水なので普通に手から零れ落ち、何かよく分からない挙動をするのがこの泉質なんだそうです。原因はこの温泉が極端に成分が濃いからなんだそうです。

まとめ

今回はこれで以上です。幹事曰く今年の分は大分奮発したそうなんで、来年の旅行が若干心配ですが、食に風呂に寝床に今回は初めて満足した旅行になりました。
お・も・て・な・し

ではないですが、やはり日本人以外はもしかしたら気に留めないかもしない細かな気遣い、そんな小さなおもてなしを数々感じてゆったりとした時間を過ごす、そんな至福の時間を過ごして頂けるものと思います。