神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

これぞ大阪流?進化系つけ麺が食べられるラーメン屋『金の玉子』

今回ご紹介するのは大阪にあるラーメン屋『金の玉子』さん。
店名の通り、トッピングにもメニュー自体にも玉子をあしらったものが多く、その取扱いは正に新境地ともいえるものをご提供してくれる、それが今回の金の玉子さんです。

店舗概要

お店があるのは大阪東成区緑橋近辺

ここは大阪市東成区、大阪城から少し東へ少し進めば高層ビル群はやがて低層の下町っぽい雰囲気に変わる、そんな大阪らしい雰囲気の漂う界隈の一角にこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20201130210050j:plain

コロナ対策用にパテーション完備された店内

店内はカウンターの他、数脚のテーブルのみというこじんまりしたお店。昨今は当たり前になったコロナ対策用のパテーションが建てられ、対策も万全というわけです。

f:id:aoi0730kanon0930:20201130210259j:plain

営業時間・アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~23時00分
  •  定休日:水曜日
  •  駐車場:なし
  • 住  所:〒537-0022 大阪府大阪市東成区中本5丁目22−11 ウェストハイツ中本 1階
  • 支払方法:現金のみ

交差点の西側にあって、分離帯があるので南側からアプローチする必要あり。立地から駐車場は望むべくもありませんが、すぐ北側にコインパーキングがあります。

メニュー・味

基本はとんこつ、そこに味噌・醤油・塩、そしてつけ麺があります。麺メニュー各種における金額の差異がなく、己の本能に従ったオーダーが出来るあたりが嬉しいところ。

f:id:aoi0730kanon0930:20201130210711j:plain

サイドメニューが、というかセットのコスパがよく、王道の半焼飯と餃子4つがつくセットメニューでもお値段1,030円で味わう事が出来ます。

新境地。『大阪流』つけ麺

今回は『大阪流』のつけ麺という名前に惹かれてこちらをオーダー。

f:id:aoi0730kanon0930:20201130210732j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201130210735j:plain

大阪広しといえど5,60軒は食べ歩く私でも初対面のこの玉子落とし。

なんの自慢にもならんわ☆

当然他の店で見かけることは皆無の為、大阪流というか当店オリジナルというやつですね。通例あまり目がいかない麺の方に気を取られてしまいがちなつけ麺です。
食べ方としては、しっかり玉子を絡めてからという事なので、しっかりと絡めて

f:id:aoi0730kanon0930:20201130210935j:plain

一口。美味しい、すき焼きともカルボナーラともかまたまうどんともちょっとずつ違います、まさに新境地。程よく卵が麺の熱を吸収し、それをつけ汁に放り込んで食べた時の独特な食感と味わいは大阪流というよりやっぱりこのお店オリジナルといってよい独創性を十分に感じられる味でした。
イデアばかりに聞こえてしまうかもしれませんが、それほどしつこさを感じさせない魚粉の香りと出汁のよく効いたつけ汁がまたこの玉子コートの麺によくあいます。

チャーハン

セットの半チャーハンです。ここへさらに餃子がついて1,030円、どうしてもコスパの良さを感じずにいられず、当初半チャーハンのみにしようと思っていたところを急遽全部セットに変更へ。

f:id:aoi0730kanon0930:20201130211108j:plain

チャーハンの具は色々ありますがほぼ例外なく具として登場するのが玉子。逆に言えば玉子の扱いに長けているお店でチャーハンに外れは無いということになります。
王道のあっさりしたシンプルチャーハンですが、とても美味しくいただけました。

餃子

餃子です、くどいようですが3つもついて1,030円です。

f:id:aoi0730kanon0930:20201130212852j:plain

くどい☆

 こちらも比較的オーソドックスな皮目パリッと、肉汁が溢れてくるというよりどちらかといえばあっさりさっぱりと食べられるタイプのものに仕上げられています。

まとめ

今回はこれで以上です。
本来このお店のメインはとんこつのようなのですが、それを脇に追いやってでも食べる価値を感じる一杯、それが今回のつけ麺。何なら自宅でも実践できそうなアイデアメニューですが、実際やってみるとこれじゃない感が半端ないのがこういうメニューの不思議なところ、是非お店で味わってみて下さい。

イデアだけパクって安上がりに済ませようという精神が失敗を招くんでしょうね☆