神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

2019年10月遂にあのキラメキ系列が京都市外に『キラメキノトリ久御山』

今回は京都のラーメン屋『キラメキノトリ』さんのご紹介。
合計で14店程を展開するキラメキ系列、京都の至る所に出来ていたのが最近は大阪にもでき始め、俄然存在感を増している最近一押しのチェーン店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210212547j:plain

今回はそんなキラメキ系列から久御山に2019年10月にオープンしたキラメキノトリ久御山店をレポートです。

店舗概要

お店があるのは京都府久御山町。国道一号線と言う関西で多分一番主要な道路に面してこのお店はあります。激戦区ってありますよね、幾つも同じジャンルのお店がオープンしてせめぎ合っているのになぜか潰れない区画、京都では『一乗寺』や『龍谷大学前』などがラーメン激戦区として有名。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210214025p:plain

翻ってこのお店があるのはいわばその真反対、立地としてはとてもいい場所なのに、しかも適したジャンルの出店にも関わらず長続きしない、そんな魔のラーメン屋一等地区画に、満を持して登場したのが大人気ラーメンチェーン『キラメキ』系列。と言う訳です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210214454j:plain

色んな方面にそこそこ失礼な事言ってる事にそろそろ気づこうか☆

このお店の前も違うラーメン屋さんだったので、中のレイアウトなどはほぼそのまま、キラメキ系列は市内に集中しているきらいがあるので、是非この久御山の地で末永く営業してくれることを切に願います。

営業時間
 終 日:11時00分~23時00分
 定休日:特になし

メニュー・味

メニューです、食券制。共通したメニューもあるものの、ちょっとずつそのお店ごとの色があって、同じ系列なのに違うお店に食べに行った感覚が味わえるのがこの系列の特徴です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210214939j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200210214941j:plain

とはいえいつも違うメニューを頼もうと思っているのに、気が付けば押してしまうのがこれ。

小麦のチカラ

小麦ノチカラ極太のまぜそばです。いわゆる二郎系に類されるメニューと言ってよいのでしょうか。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210215148j:plain

乱雑に積み上げられたもやし・チャーシュー・ニンニクの下にはこれでもかと言う位に敷き詰められた極太麺。小(150g)~最大520gまでの増量が可能で、写真は440gという最大量一歩手前。
よくかき混ぜてひたすら食べます、ブラックペッパーが効いていてスパイシー。けど辛いという程でもなくニンニクがイイ感じに食欲をそそり、どんどん食べ進めることが可能。
とは言え、400gオーバーともなれば流石に後半ばててきます、というか飽きてきます。
そこで活躍するのが味変スパイス各種。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210221507j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200210221338j:plain

スパイスの他に酢なども置いてあり、ちょっとしたちゃんぽんを食べる感覚も味わえます。一心不乱に食べる事が出来るまぜそば、そんな感じです。

鶏白湯らーめん醤油・塩

このお店のメインの一つ鶏白湯ラーメン醤油・塩。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210223023j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200210221808j:plain

濃厚かつクリーミーで、少し甘めのスープがよく麺に絡みます。冷めると膜が張ってしまう位濃厚なので、熱々なうちに食べる必要があります。

お子様ラーメン

家族連れで地味に嬉しいのがこのお子様ラーメン、何と無料。

f:id:aoi0730kanon0930:20200210222548j:plain

ちっちゃい子って食べる量が読めませんが、何もなしと言う訳にもいかない、思いのほか食べる時もあれば全く食べてくれない時もあって、食べ物残す奴は人間のクズと教えている当家では結果、僕がものっすごい量を食べることになってしまう事もしばしば。
こういうメニューは非常に助かります。

アクセス

京都府久御山町国道一号線『久御山田井』交差点を北東へ。駐車場多数あり。

まとめ

今回はこれで以上です。
このお店の前に建っていたお店も結構好きやったんですが、結局程なくして潰れてしまいました。

www.aoimon.net

やはり素人目にはわからない部分で立地でのマイナスというのがあるのかもしれませんが、結局美味しいお店が長続きする事に変わりはないので、今回こそ長続きしてほしいと思うお店でした。

room.rakuten.co.jp