神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

彦根ラーメンGP受賞は伊達じゃない『麵屋半蔵』

今回は滋賀県にある『麺屋半蔵』さんのご紹介です。
滋賀は広いだけあって各所に美味しいものが食べられます。数々グランプリを受賞したという入る前から期待が膨らむこのお店、今回はそのレポートです。

f:id:aoi0730kanon0930:20191125000015j:plain

店舗概要

お店があるのは滋賀県愛知郡、丁度織田信長安土城があった東近江とひこにゃん彦根城がある彦根市の間くらい、この辺りは国道沿いに店が集中しているので、車を流しているとラーメンだけでなく色んなお店が見つかります。
お店はまあ特段変哲のない郊外のラーメン屋と言った感じですが、注目は店前のこれ。

f:id:aoi0730kanon0930:20191123004032j:plain

彦根グランプリの格がどの程度かは不明ですが、とにかく毎年のようにこのグランプリに、しかも毎回違うラーメンで受賞しているというのは店主のイマジネーションが秀でているのだろう事が窺えます。

営業時間/11:00~15:00、18:00~24:00(定休月曜日)

メニュー・味

メニューです、店頭で見た通り彦根ラーメンGP受賞作の『タタキ背脂』、『塩』、『味噌』、『柚子塩』ラーメンのほか、鰹醤油や豚骨魚介、それぞれにつけめんが用意されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191124232722j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191124232702j:plain

魅力的なメニューが揃う中、比較的オーソドックスに見えるラーメンでGPを取っているのが俄然期待を増幅させてくれます。
チャーハンがなかったのは残念ですが、色んなサイドメニューも充実しているので、ガッツリ食べたい人も安心。

f:id:aoi0730kanon0930:20191124232850j:plain

今回はやっぱりどう見ても一押しに見える『タタキ背脂ラーメン』をオーダー。

f:id:aoi0730kanon0930:20191124233244j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191124233505j:plain

盛り付けが二郎系を連想させますが、味付けはコンセプト自体全く別方向です。いや、あっさり系二郎系と思えばそういう系統ともいえるのでしょうか。

どっちやねん☆あと系系うっさい

平打ち麺がスープを吸うのではなく、よく絡めとり背脂はコクを出すけど濃くなりすぎず。がっつりとしたボリューム(食後の腹持ち)を支える大部分がもやしなので、カロリーも気にする事もありません。このラーメン

デブが満足して食べつつ痩せられるラーメン

かもしれません。

ええ加減真面目にダイエットを考えようよ

ツナマヨご飯。食べる前から味の推測が出来るシンプルサイドメニューです。

f:id:aoi0730kanon0930:20191124233034j:plain

それただ単に悪口言ってるだけなんじゃ。。

いえ、今回こういったシンプルなメニューをオーダーしたのには理由があります。
それがこれ。

f:id:aoi0730kanon0930:20191124234616j:plain

めっちゃすごい事みたいに言うてるけど、汁掛けただけやしな?

丼だけで味が成立してしまっているメニューにこういった事は出来ません、あと純粋にスープが美味しく、かつ比較的淡麗に纏められていたので是非ご飯と合わせて食べたかったのです。

白ご飯でええやないか

ちょっと下品かもしれませんが、マヨとツナをトッピングにしたおじや風は当たりでした。
最後に餃子です、ラーメン屋にしては珍しく茹で餃子の取扱いもあったんですが、今回は初見の為焼きで。

f:id:aoi0730kanon0930:20191124235047j:plain
シンプルな造りながら美味しい。肉汁が程よく口に拡がる感じがgood。 

アクセス

滋賀県愛知郡国道8号線『長野北』交差点北東角。店前に数台駐車場あり。

まとめ

今回はこれで以上です。
ここら辺ラーメン屋ちらほら見かけるんですが、こちらのラーメン屋はかなり当たりの気がしました。
個人的に味噌ラーメンで個性を出せているお店にぶち当たった事がないので、次回訪問時はそちらに期待したいと思っています。