神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

昔懐かしの定食屋さん『六三亭』

今回は京都市にある定食屋さん『六三亭』さんのご紹介です。
読み方が迷うところですが、どうやら『むつみてい』さんとお読みするようです。
最近、個人的に注目度上昇中なのがこの定食屋さん。
ラーメン屋程ではありませんが、お休みの日の昼食に迷った時は定食屋を目指す程に定食屋がマイブームとなっています。

ラーメン食べ過ぎて飽きただけなんじゃ??

今回はそんな伏見の定食屋さん『六三亭』さんをレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216172122j:plain

店舗概要

このお店があるのは京都市伏見区。『大岩山』という山で東西に分断されている街の東側にこのお店はあります。洋食屋さんと定食屋さん、ご提供メニューはハンバーグやとんかつなどの揚げ物、あとはお店によってオムレツとかカレーとかあったりしますが、いずれにせよメニューは同じものと考えています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216174921j:plain

にもかかわらず洋食屋はお洒落、定食屋はサラリーマンの哀愁と共に、そんな両者には似て非なるイメージの確執が付きまといます。

あんただけやないかなそのイメージ?

今回のお店は紛れもなない定食屋さん、なのでおっちゃんにも受け入れやすいアットホームな雰囲気のあるお店。

アットホームな洋食屋に謝っとこうか☆

店内にはL字に配列されたカウンター10席程度に二人掛けのテーブルが5セット程、府3人以上にはテーブルをくっつけて対応して頂けるけど、席数的に多少待つ事は覚悟した方が良いかもしれません。人気店なので、このくらいの席数は流れによっては10分でいっぱいになる事も。

営業時間
 終 日:11時30分~15時00分 17時30分~21時30分
 定休日:火曜日
席の種類:カウンター10席、二人掛テーブル席7,8席程度(記憶があいまいです。)

メニュー・味

メニューです。何の偶然か最近、行く店行く店何故かお子様メニューが安くなっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216114344j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200216114347j:plain

100%気のせいやで☆

5種類の自家製ドレッシングが

定食屋さんといえばプレートに据えられたサラダです。メインの揚げ物に目を奪われて時間の制約上食べないなんてことすらあり得るこの野菜たち。このお店ではそんな脇役に甘んじているサラダの為に(多分)自家製ドレッシングをご用意、それも5種類。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216115552j:plain

クリーミー、ゆずしょうゆ、イタリアン、胡麻クリーミー、すりおろしオニオン。
好みに合わせて使うも良し、少しずつ試してみるも良しです。

日替わり定食

味もさることながら定食屋一番の見せ場はやはり値段でしょう。特に日替わり定食は破格。630円(税込)でこれなら老若男女満足。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216120605j:plain

一日限定五食と言う事ですが、13時頃訪問で普通に残っていて、隣の二人客が頼んでいて計3食。意外と人気がないのかもしれません。

言い方。他のメニューが人気とかあるやん☆

コロッケはクリーミー、唐揚げは肉汁ジューシー、定食屋定番の味と言ったところ。

月替わり定食

日替わり程ではありませんが、お得なセット。味噌汁じゃなくて粕汁提供の辺りわかってる感じがします。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216172223j:plain

ハンバーグ定食

定食屋さんの定番の一つハンバーグです。このふわっとした食感は家で中々出す事が出来ません。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216172817j:plain

お子様ランチ

たこさんウインナーを久々に見ました。お野菜感0なのがちょっと気になるところですが、どうせ出てきても食べないし子供の好きな物ばっかりでまとめられているので多少多くても全部食べてくれます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216172928j:plain

アクセス

京都市伏見区地下鉄東西線『醍醐』駅徒歩6分。駐車場多数有り。

まとめ

今回はこれで以上です。
お店は綺麗なんですが、お店に漂っている雰囲気はまるっぽ昭和。ピカタより白身魚のフライが、コーンスープより味噌汁が似合うサラリーマン好みのお店です。

両方美味しいしええやん☆

家族でランチでも良し、夜にコップ酒片手にでも、お弁当もやってるみたいなので買って帰って家でおつまみ感覚にでも。

f:id:aoi0730kanon0930:20200216174145j:plain

全部飲むんやん☆

シーンを問わず訪れる事が出来る気軽なお店、それが六三亭の魅力です。