神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

小豆島ご当地グルメ『オリーブ生そうめん』が味わえるお店・なかぶ庵

今回は小豆島にあるなかぶ庵のご紹介です。
小豆島といえばオリーブ、そしてもう一つのご当地グルメがそうめんです。
他ではあまり見かけない生そうめんが味わえる、それがこのお店『なかぶ庵』です。

店舗概要

ここは香川県小豆島町

このお店があるのは香川県小豆島町。特産品そうめんというだけあって、製麺所も食べる場所もそれなりに多く島内に点在しているのが小豆島です。

そんな知らんよね小豆島のこと☆

それなりというのは同じ数だけ、もしくはそれ以上にうどんのお店を見かけるから。流石、島という事で離れていて、島独自の他の麺類が特産であっても存在感抜群。さすがうどん県香川といったところでしょうか。

細い道を抜けた先にあるのに大人気

このお店は島の南東部に位置していて、正直目立った場所にはありません。最後の道なんかもう対向車が来た日にはメンチの切り合いでもせざるを得ないような路地沿い。

f:id:aoi0730kanon0930:20201101224110j:plain

今日び言わんね、メンチ☆

にもかかわらずこのお店を訪れる人は後を絶たず、後から後から人が訪れる人気店です。『なかぶ』というのは小豆島の方言か何かと思いきや、どうやらこのお店の人のお名前のようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20201101224227j:plain

営業時間・定休日・アクセスなど

  • 営業時間:10時00分~14時00分
  •  定休日:水曜日・木曜日
  •  駐車所:あり
  • 住  所:〒761-4411 香川県小豆郡小豆島町安田甲1385
  • 支払方法:現金・gotoトラベルクーポン

お店前の道が狭く、要望の範囲を出ないとはいえ道順が決まっているようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20201101225113j:plain

食事だけでなく、そうめんづくり体験付きプランもあるようです。(一時間程度・要予約)。大人気の上、その日の分のそうめんがなくなり次第終了ということなので、食事のみでも可能な限り予約してからの訪問をお店側も推奨されています。

メニュー・味

メニューです。『釜揚げそうめん』なる本来うどんの前に来る単語のメニューはあるものの、これは冬季限定。なので、生そうめんとオリーブ生そうめん、それぞれ並・大があるだけという超シンプル構成。

f:id:aoi0730kanon0930:20201101232108j:plain

生そうめん

メニューの一つ生そうめんです。写真は170gの大。

f:id:aoi0730kanon0930:20201101232509j:plain

一般的なそうめんはのどごしで味わうもの、つまりほぼ噛まずにほぼ飲む感覚に近いと言えます。

あんただけや☆

なので、全く別物と考えたほうが良いかと思います。ひやむぎまでいかないものの、ある程度の太さがあって、つやつやの麺からはしっかりとコシと噛みごたえが感じられます。細ければ細いほど美味しいとされる他のそうめんとは、全く異なる似て非なる食べ物と思って良いでしょう。

オリーブ生そうめん

オリーブ生そうめんです。写真ではいまいちくすんで見えますが、実際にはもう少し艷やかなライトグリーンをしています。

f:id:aoi0730kanon0930:20201101233424j:plain

小豆島ではしばしば見られることですが、チョコ、お茶、ラーメンなど大抵のものにオリーブが入っています。そしてその大半で見受けられるのがオリーブの味ほぼしない。

舌が馬鹿だからじゃないかな?

そもそも生オリーブをかじったことがないので、オリーブありとなし、食べ比べても味の違いがオリーブ味なのか別のなにかなのか知る由もないのですが。
一方このオリーブ生そうめんに関しては味ではなくもちもちとした弾力をアップさせる効果があるようです。両者の違いは並べてみて食べ比べなければわからないような微妙な違いですが、どっち食べたい?そう聞かれたら間違いなくオリーブ生そうめんをオーダーする、その程度にはポジティブな変化はもたらす内容に仕上がっています。

まとめ

今回はこれで以上です。
生そうめんと聞いて、いまいちピンとこなかったんですが食べ終わったこの身の上ではそうめんといえば生でしょ?!そう思えるほどに意外なかつ、ポジティブな発見を与えてくれたメニューと言えます。
小豆島のランチを決めあぐねた方は思い出してみて下さい。