神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

ピンタレスト投稿のススメ ブログ記事投稿の仕方~ピンの自動生成まで

こんにちわ、1週間の待機を経て復帰したら同僚全員から仮病認定された葵です。

発熱一日で収まったあと1週間寝て過ごしてたんやし、あながち間違えではないよね☆

今回は超時間がある時にやっておきたい第2弾ピンタレストです。一週間、突然時間が出来た方必見。

www.aoimon.net

正直僕もそんなこんなで始めたばかりなので、教えるも何もというところなんですが、最初のコツだけ掴んでしまえばすごく簡単なので今回ご紹介です。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106013303p:plain

ピンタレストって何?

ピンタレストはアイデア+ボードにピン止め

専門的な解説は専門家か、それに準ずる人にお任せするとして

Pinterest - Wikipedia

じゃあ何で解説しようと思ったんや☆

ピンタレストとは?

アクセスすれば大体どんな感じかわかるんですが、画面いっぱいに色んな画像の投稿が広がります。

www.pinterest.jp

これ一個一個世界中のだれかが投稿したアイデア。アイデアっていうとイマイチふわっとした感じになるんですが、ピンタレストは色んな人のコルクボードが置いてあって、色んな人はそのボードにどんどん自分のお気に入りの写真を貼り付けていく、そんなイメージで捉えると理解が早いかもしれません。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106013425j:plain

ピンはどこかしらへのリンクと考えて差し支えありません。そのまま写真が投稿されているのもあれば、ブログ記事がリンクされていたり、ツイッターだったりとリンク先は様々。いっぱいの写真のなかで自分が気になった画像をクリックした人がその先にあるリンクへどんどんと飛んでいく、そんな感じのサービスです。

表示されるピンはピンをクリックした履歴によって閲覧者の趣味に合わさるように調整がされていくようです。なので筆者の場合、常に吉岡里穂さん、浜辺美波さんで埋め尽くされています☆

注目度が高いSNS、それがピンタレスト(らしい)

皆さんブログの閲覧数気にしていますか、気にしていますよね。
まあ中には自分、好きに書いているんで数は別に、、なんて人もいるんですがそれは気にしていないんじゃなくて気にする必要がないくらい閲覧数があるっていう人だけなんですよ。
女の人が美容で心掛けている事は?
って聞かれたときに(十分美貌に恵まれているので)特に気にしていないですねっていうのとほぼ同義です。

こういうこと言わせるとほんま卑屈な本性がむき出しになるよね☆

で、ブログの集客に有効とされているのが各種SNSなんですが、活況で注目度の高いサービスを利用するのが良いのは当たり前。今一番かどうかは別として俄然知名度を上げているのがピンタレストという訳です。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106013440j:plain

ピンタレストで出来る事

何をする前にも下準備

アカウント作成&ビジネスアカウントへ切り替え

僕自身そうだったんですが、ピンタレストってただただ見る分にはいいんですが、何すればいいかわかんないですよね。僕も以前から一応アカウントはもっていたんですが、投稿の仕方一つわからないので、ただただ昼休みに浜辺美波さんを愛でるだけのアプリでしかなかったんです。という訳でまずは下準備です。
と言っても難しい事はなくまずは普通にアカウントを作成します、恐らくここら辺は5分もなく終わります。
すると『個人用アカウント』が作成されます。これだけでも投稿なんかは出来るらしいんですが

  • やれることがググっと広がる
  • ビジネスと言っても無料
  • 嫌ならいつでも個人用アカウントに切り替え可能

となれば、変えてみるのに躊躇する必要もないでしょう。しかもやり方は簡単。右上の三角印の中にある『ビジネスアカウントに切り替える』をクリックするだけ。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106013903p:plain

その次に個人用とビジネスとで出来る事の比較が掲載されているのですが、おおざっぱに言えば、アクセスに関する分析や広告を出せるといったところでしょうか。
当ブログはたまに広告が載っているものの商用目的ではないのですが、投稿に対する分析ツールがついてくるのはいいですね。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106013927p:plain

各種設定を進める

ピンタレストは単純な投稿よりも他のものと以下に結び付けるか、何でも結び付けられるので設定をあらかた済ませておきましょう。
設定は先ほどのアカウント切り替えの下にあります。
どこまでこだわるかは人それぞれですが、公開プロフィールに閲覧者の掴みに使う写真、ドメイン・アカウントの認証画面で自身のブログやインスタグラムなどお使いのものを結び付けておくくらいはしておくとよいかもしれません。
因みに個人用アカウントへ戻したい場合もここで変更します。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106014017p:plain

ブログの投稿をしよう

ヤクルト優勝おめでとうの高津監督でも、今日食べたピザ美味しかったでも、今日すれ違った女の子可愛かったでも何でも画像(最近は動画も)投稿できるんですが

最後のは犯罪です

ブログの記事を投稿すれば、アイデア写真が気になってクリックしてくれた人がリンク踏んで流入してくれる。これがブロガーさんたちにとってピンタレストを使う上で一番の目的になる事でしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106014054j:plain

普通に記事に注目を集めるための写真を投稿してリンク先に記事のURLを関連付けるというのもありですが、もう既に公開した記事なら『ウェブサイトから保存する』という方法が断然楽です。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106014250p:plain

記事のURLを書き込むと画像がいっぱい出てきます、その記事の中に掲載した画像です。この中で自分の記事を紹介する上でこれだ!!という一枚、または複数枚を選びます。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106014514p:plain

複数枚を選択すると、同じ記事へのリンク元画像が選択数だけ出来ることになるので、そこは好み次第と言ったところでしょうか☆

選択すれば次はボードの選択です。ボードは(メイン)ボードとサブボードがあります。当ブログなら例えば『神社に一礼』というでっかいボードがあって、写真毎にメインボードの中の貼り付ける場所、サブボードを選択するイメージでしょうか。
これで一記事の投稿は完了です。記事の投稿に要する時間は2,3分と言ったとこでしょうか、割と簡単にどんどん自分の記事をピンタレストを通じて紹介する土壌形成が可能という訳です。
※僕のボードの検索ができないというご意見を頂きましたので、以下のリンクを追ってもらえばご覧頂くことが出来ます。すみませんが、まだ整理中なので見てもかえって混乱させるだけかもしれませんが、こんな感じで自分が作ったピンがどんどんピンタレスト内で共有されていく、、というイメージを掴んでいただければ幸いです。

https://www.pinterest.jp/aoi0730kanon0930/_created/

自動投稿(ピンの自動作成)は実はめっちゃ簡単

僕も一時期そうでしたがはてなブロガーさんは、なのか大体のブロガーさんがそうなのか不明ですが、人によっては毎日記事を投稿している頑張り屋さんも多くいます。毎日ブログ書いてって大変ですよね、そこに追加作業というのは流石に気が引けるかもしれません。なので、今回はブログ記事のピンタレストへの自動投稿の方法をご紹介。
ピンタレストには『ピンの一括作成』という機能があります。それにはrssフィードという機能を使います。rssフィードが何か、なんて詳しい事は専門家に任せるとして、同じ機能なのか不明ですが、はてなブロガーさんのブログを読者登録しておくと新着記事が出るたびに通知が来ますよね、あんな感じで通知の元が詰まっている場所みたいなもんでしょうか。そこを予めピンタレストへ登録しておけば、あとは記事を書くだけで勝手にピンタレストへピンが24時間以内に自動でピン生成がなされるという訳です。

f:id:aoi0730kanon0930:20211106014607p:plain

これにはまず自分のブログのrssフィードのURLを知る必要があるんですが、これは結構いろんな人が紹介されているので見つける事は出来ると思います。というか僕の場合、自分のURL:https://www.aoimon.netの後ろに/rssとつけるだけで登録が出来ましたので調べるのが面倒な方はこれだけ試してみるのもいいかもしれません。

まとめ

今回はこれで以上です。
ピンタレストを当ブログで取り入れてみて、集客数が増えたかどうかについては、結論から言えばほぼほぼ変わらないというのが正直なところです。面倒くさがりなので、もっと真剣に取り組めばピンタレストを集客に役立てることが出来るのかもしれませんが、あくまでもあまりに使っていなかったピンタレストを少しでも活用しようというのが今回のメインテーマですから。
ですが、ピンタレストは面白いです、ブログならタイトルで目を惹きますが、ピンタレストはまずは画像だけで訴えかけてきます。それも使い続ければ自分の好みの画像ばっかり出てきます。正に電車でちょろっと空いた時間にうってつけのアプリと言えます。
いきなり投稿は抵抗がある方はまず、見る側になって楽しんでみるというのはいかがでしょうか。