神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

魚介4種スープの中華そば。『ラーメンたぬき屋』

今回は京都市にある『ラーメンたぬき屋』のご紹介です。
最近急にラーメン激戦区の様相を呈し始めてきた近鉄伏見駅周辺、店舗の数としてはそこまで多くはないものの、そのどれもが口コミ件数が多く、評価が高く、そして行ったら大体並んでいるという人気店ばかり。
今回はそんな伏見からラーメンたぬき屋さんをレポートします。

f:id:aoi0730kanon0930:20191005102900j:plain

店舗概要

お店は京都市伏見区にあります。近鉄伏見駅周辺にあるラーメン屋さんの一つで、駐車場なし。駅から少し離れているという立地に少し難のあるお店。ですが、常連さんを中心に知っている人知っているらしく、昼食・夕食のピークタイムには平日・休日を問わず、並びの絶えない人気店です。
店内は最近のラーメン屋さんらしく、カウンターのみの10席程度。そこを3人の店員さんが忙しく店内を動き回る活発な雰囲気。店長さんがごっつがたいがいい、そして店員さん二人も以下3名全て大柄、ラガーマンの店かと思う程。その三人がガタイとは裏腹に柔和な笑顔で出迎えてくれるのでそのギャップが何とも親しみが持てます。

ラーメンの良し悪しには一切関係ないよね、その情報☆

メニュー・味

メニューです。中華そばに豚骨ラーメン、まぜそばのほかに汁なし担々麺にカレーまぜそば、その他季節限定で鯖醤油つけ麺、冷やし担々麺、冷やし油そばとバリエーション豊富なラインナップ。しかもどれも美味しそうで魅力的なメニューが揃っています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191005102920j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191005102924j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191005102928j:plain

今回は所見の為、一番オーソドックスと思われる中華そばをチョイス。以前は何でもかんでも細麺派やったんですが、やはりプロは自分の店にあった麺をチョイスして来るので、最近はこの中太麺系もかなりはまっています。

f:id:aoi0730kanon0930:20191005103037j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191005103041j:plain

チャーシューは豚と鶏からチョイスできるので、今回は鶏。一見ノーマルな醤油ラーメンのように見せかけて、4種の魚介から織りなされるこのスープは何とも奥行きを感じる味。

残念ながら味音痴には何が入っているのか1種類もわからなかったわけですが☆

チャーハンです。しっとり系でほんのり甘味が感じられるものの、比較的オーソドックス。けど最大の特徴はこの具、チャーシューがゴロゴロなんてレベルではありません。
多分端切れ部分とは思うんですが、入ってます、と言っても過言ではありません。

f:id:aoi0730kanon0930:20191005103111j:plain

アクセス

京都市伏見区国道24号線深草加賀屋敷町』交差点南東。駐車場無し。

まとめ

今回はこれで以上です。
最寄りの伏見駅付近には、老舗の新福菜館、ラーメン荘夢を語れ、セアブラノ神など数はそれほどでもないですが、どこも人気店ばかり。そんな中でしのぎを削るラーメン屋の一つであるこのたぬき屋さんが美味しくない筈がありません。
今回オーダーしたのは中華そばでしたが、他のお客さんのオーダーを見ている限り偏りが全くありません。それだけに多分全部美味しい事が窺えることからリピート確実なお店、一度お試しください。

www.aoimon.net