神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

赤いピリ辛麺はおかわりでどうぞ。ラーメン嵐

今回は京都にあるラーメン嵐のご紹介です。
紅葉の綺麗な京都有数の観光スポット嵐山のほど近くにあるこのお店の特徴は何といってもこの赤い麵。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203121914j:plain

注)紅葉は1mmも関係ありません☆

今回はそんな中々尖った印象のあるお店『ラーメン嵐』さんをレポートです。

店舗概要

お店があるのは京都嵐山(のちょっと手前)

このお店があるのは京都市右京区。全国的に名前が知られた紅葉の観光名所『嵐山』から少し東に行ったあたり。コロナ禍の現在はともかくとして、シーズン中には人がごみのように群がる絶対に近づきたくないエリアになる一角ですが、そんな嵐山の中心地から少し東へ、閑静な住宅街の道沿いにお店はあります。目印はこの真っ黒な看板。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203122710j:plain

店内は威勢のいい店長と愛想のいい奥さん?

店内はテーブル数席とカウンターのみというこじんまり感。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203122922j:plain

お昼からお酒のご提供も頂けるようで、地元のお客さんの憩いの場にもなっているようです。

営業時間・定休日・アクセスなど

  • 営業時間:11時30分~14時30分、18時30分~21時30分
  •  定休日:特になし
  •  駐車場:あり。
  • 住  所:〒616-8304 京都府京都市右京区嵯峨広沢南野町12−2
  • 支払方法:現金・paypay・aupay・d払い

駐車場は隣の⑤・⑥・⑨の三台分確保されています。QR系の取り扱い種類が多いのも特徴的。

メニュー・味

メニューです、基本は塩とんこつベースの嵐、ピリ辛の鬼嵐、魚介醤油の影嵐。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203124008j:plain

サイドメニューも割と充実していて、店名を冠する嵐どんぶりはじめいろんなものがあります。嵐丼はお昼のごはんセットでもオーダー可能。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203124042j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20201203124044j:plain

嵐ラーメン

やっぱり折角来たならお店の一番人気(っぽい)メニューという事で、嵐ラーメンをオーダー。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203124224j:plain

店内で軽く感じるとんこつ臭は旨さの期待を裏切ることはありません。とんこつの柔らかさと塩のあっさりした旨味がちょうどいい感じ。具材がわかめのほか紅色の柴漬けが添えられている辺り、京都らしいといったところでしょうか。

お代わりは味変も兼ねて『辛練り麺』を

お代わりの替え玉は基本120円ですが、+70円で一風変わった辛練り麺というものをチョイスする事も可能。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203124720j:plain

唐辛子が練りこまれたという製法だけ聞けばおよそ辛くて食べ物のようには聞こえてこないこの麺は柔らかい美味しさのとんこつスープでこそ真価を発揮します。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203124840j:plain

味変目的のピリッとした茂樹はそのままに辛さを程よく中和してくれるので、ちょうど一杯目の味に飽きてきたな、という時にピッタリ。

嵐丼

こちらも店名を冠する(多分)お店自慢のメニュー嵐丼。これはセットのミニサイズ。

f:id:aoi0730kanon0930:20201203125010j:plain

独特なあっさりダレが上からかけられていて、細切れのチャーシューと柴漬けとをよく混ぜ合わせて食べるこの丼はちらし寿司とチャーシュー丼のいいところどりをしたようなメニューです。

まとめ

今回はこれで以上です。
嵐山はお店も多くてそのなかには美味しいお店もいっぱい。ですがそこは日本有数の観光地、総じてちょっとお高い、そんな印象を受けます。予算の関係から美味しければあとはそんなにこだわりなし、そんな方におすすめです。