神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

海の香りがたまらない『ラーメン霽レ空(HARESORA)』

今回は京都市にあるラーメン霽レ空(HARESORA)さんのご紹介。
当ブログで研究してきた結果でもあるわけですが、『貝類』の出汁はもうそれだけで旨い。

何をプロと肩を並べた風に意見言うとるか☆

今回はそんな貝出汁の中でも意外と見かけない牡蠣出汁を使ったラーメンをご提供頂けるラーメン霽レ空さんをレポートしていきます。

店舗概要

お店があるのは京都府京都市

このお店があるのは京都府京都市京都市って都会と思っている人も多いかもしれませんが意外と田舎で、例えばこのお店の最寄り駅二条駅がある嵯峨野山陰線を走る電車は一時間にたったの三本。そんないまいちアクセスのよろしくないけど市内北部の中心界隈にこのお店はあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20200810233127j:plain

まだ真新しい店内はほぼカウンターのみのこじんまりしたお店

お店は出来たばかりというほど開店したてというわけでもないんですが、清潔感漂う白い木のカウンターが印象的な店内で、ほぼカウンターのみという割とこじんまりとしています。

f:id:aoi0730kanon0930:20200810233232j:plain

営業時間・駐車場・定休日など

  • 営業時間:11時30分~15時00分、18時00分~21時30分
  • 定休日 :月曜日
  • 住  所:京都府京都市中京区西ノ京永本町23-20
  • 駐車場 :特になし
  • 支払方法:現金のみ(食券制)

場所柄付設した無料駐車場など期待するべくもありません。最近増えてきたとはいえ食券制のお店にpaypay導入は難しいらしく、今の所そういったお店は見たことがありません。決済の手軽さとポイント還元を考え合わせると是非導入を切に願います。

paypayなら生活費でこっそり落としてもばれないからね☆

利用履歴でしっかりバレて小遣い減額されております。

メニュー・味

ラーメンは大きく分けて4種類

メニューです。食券制ですが、カウンターにわかりやすい紹介がなされていたのでそちらを転用。牡蠣そば、海鮮塩そば、中華そば、辛まぜそば

f:id:aoi0730kanon0930:20200810234211j:plain

トッピングのしそワンタン、ごはんものの近江牛すじごはんが異彩を放つ、随所にバランス良く魅力が詰まったメニュー構成になっています。

ありそうであんまり見かけない牡蠣そば

やっぱり一番きになるのはこれ、牡蠣そば。

f:id:aoi0730kanon0930:20200811000110j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200811000245j:plain

一見すると普通の濃い口の醤油ラーメンのようにも見えますが、特徴はこのペースト状の牡蠣エキス。牡蠣エキスって響きがなんか健康食品みたいですが、牡蠣の旨味がここに凝縮されているだろうことは言うまでもありません。
指定というほどではありませんが、牡蠣そばはお勧めの食べ方というか手順があります。

f:id:aoi0730kanon0930:20200811000354j:plain

まずは普通に味わう、この時点ではそれほどというより殆ど牡蠣風味は感じません。
次に牡蠣エキスを少し溶かしてみます。見た目にはわかりませんが、途端に牡蠣の風味がスープに溶け出します。

f:id:aoi0730kanon0930:20200811000651j:plain
最後にはこれを全部スープに溶かすと、最初普通の醤油ラーメンだったものはすっかり牡蠣の香り漂う魚介醤油ラーメンに変身。

f:id:aoi0730kanon0930:20200811000639j:plain

お店の言う通り三種三様の変化が楽しめる美味しいラーメンです。

ごはん小はちょっとうれしいふりかけつき

ごはんって当然ですが頼むと出てくるのはお椀に盛られた白飯のみ。ですが、このお店は少し違います。風味豊かなかつおの生ふりかけがついてきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20200811001129j:plain

どうせスープかけるんやからええやん☆

まあ当然かけるわけですが、その際もこんな感じでちょっと豪華に。

f:id:aoi0730kanon0930:20200811001339j:plain

スープのみの時点で海の香りたっぷりなんですが、かつおのおかげで更にプラスされる至高の逸品にパラダイムシフトします。

まとめ

この牡蠣そば、普通ラーメンの主役は麺ですが、(食べるのは麺やしね) この牡蠣そばに限ってメインはスープにあります。三様の変化を楽しみ、最後ふんだんに練り込まれた牡蠣の味が溶け出したスープは必ず飲み干すようにしましょう。