神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

椀いっぱいにあふれんばかりのニンニク『ラーメン小僧』

今回は京都藤森にある『ラーメン小僧』さんのご紹介です。
たまにある恥や外聞やしがらみその他諸々を一切かなぐり捨てて、ニンニクたっぷりラーメンを食べたくなりませんか。

いつもあまり気にしているようには。。。

このお店は正にそんな食べた後時間やクライアントに縛られていない日にこそ訪れてほしい、そんなラーメン屋さんです。

店舗概要

お店は龍谷大学深草キャンバス付近

もはや京都有数のラーメン激戦区といっても良い、龍谷大学深草キャンバス界隈に2020.4月堂々オープンしたラーメン屋さんです。

f:id:aoi0730kanon0930:20210109211438j:plain

最寄り駅は藤森駅と、龍谷大学からは少し離れてはいるものの大学からは十分徒歩圏内と呼べる立地です。

京阪電車と『藤森』駅が日本一綺麗に見えるお店

このお店の周辺地図は後ほど掲載するものの、このお店は京阪藤森駅の駅前。加えてお店は線路に面していて、そして店内はスケルトン仕様。となればこのお店から臨むロケーションは必然的にこうなります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210109212319j:plain

驚異的な空腹に瀕していた今回の訪問では電車へ1mmも気を配ることはできませんでした(ので、列車の往来シーンもありません。)が、このロケーション、昼はもちろん夜もきっと余すとこなく京阪電車を楽しむことが可能です。

営業時間・定休日・アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~14時00分、17時30分~23時00分
  •  定休日:特になし
  •  駐車場:なし
  • 住  所:〒612-0025 京都府伏見区深草キトロ町7−12

駅からのアクセスが抜群。なので、この駅に用事の際はもちろんですが、京阪電車は割と安いので途中下車で食べに行くというのもありです。

メニュー・味

ラーメンは3種

メニューです。ラーメンは焦がしにんにく、豚骨、醤油。

f:id:aoi0730kanon0930:20210109214159j:plain

昼はランチ、夜は飲み屋さんを兼ねているらしく、おつまみ+一杯というメニューもあり。

f:id:aoi0730kanon0930:20210109214742j:plain

焦がしにんにくラーメン

あなたはこれからクライアントとの打ち合わせを控えています。一方でお昼ごはんにどうしても焦がしにんにくラーメンが食べたくなったらどうしますか。

思いとどまるのがビジネスマンというものよね☆

f:id:aoi0730kanon0930:20210109215254j:plain

どうですかこのフォルム。浮いてるものの一部はナッツ的な食感をよくする系でしょとか思ったあなたは甘いです。浮いてるものこれ全部フライドガーリック。豚骨ベースのスープの上にこれでもかと散らされたマー油(っぽいもの)。この店本気です、1mmも食べた後この人デートとか、授業出たりとか満員電車乗ったりとかしないのかな、なんて手抜きは一切なし。食べた後は面会謝絶待ったなしの一杯入魂です。

普通そういうことはお店の人じゃなく食べる本人が予定と相談しながら選択するものなので、お店側が気を遣うお話ではありません☆

ニンニクの件を除けば味わいとしては熊本ラーメンの系統のように思えます。ラーメンを食べ終わった後には替え玉。半玉と一玉が用意されています、写真は半玉。

f:id:aoi0730kanon0930:20210109220538j:plain

これだけふんだんに盛られたガーリックがあれば、必然的にライスの方も華やかになります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210109220652j:plain

から揚げ

食べ応え抜群のから揚げは荒々しさ満点です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210109220838j:plain

荒々しさは見た目だけでなく味にも出ています。正に漢のから揚げといった雰囲気を醸し出しています。

 

まとめ

今回はこれで以上です。
同僚曰く、僕はここで食べた後韓国料理を食べた後のような臭いを一日中まとって生活していたそうで、食べに行くシーンに迷うところですが、そんな羞恥心を捨て去れる、もしくは気にしなくても良い日はぜひとも。
店主は一見すると寡黙に見えますが、言葉を交わせば柔和な性格がにじみ出る優しそうな方です。京阪電車の光跡を追いながら、おつまみ片手にチューハイというのもおつなものです。