神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

お店の看板あましおは新境地『らーめん太郎』

今回は京都市にある『らーめん太郎』さんのご紹介です。
『太郎』って、昔はどこででも、何屋さんでもよく見たネーミングで、どっかのチェーン店の生き残りかなんかと正直侮っていたんですが

冒頭から失礼なやつやな☆

今回はそんなありふれた名前のありふれていないラーメンを提供してくれる『らーめん太郎』さんをレポートします。

f:id:aoi0730kanon0930:20200512233019j:plain

店舗概要

お店があるのは京都市

今回の舞台は京都市内、常盤といって西に嵐山、東に映画村という右京区の二大観光スポットのちょうど中間に当たる場所。一応『嵐電』という今でもバリバリ現役で京都市内を走る路面電車『常盤』駅前ではあるものの、駅前といった雰囲気は全く無い閑静な住宅街といった地域で、お店の看板も一緒に軒を連ねるお店に溶け込むように立っていて、予めそこにあると知っていなければまず見落としてしまうようなさりげないお店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20200512225248j:plain

営業時間・定休日・駐車場・アクセスなど

  • 営業時間

火曜日~金曜日:11時30分~13時45分、18時30分~0時00分

土曜日、11時30分~0時00分

日曜日、11時30分~23時30分

月曜日、11時30分~13時45分、19時00分~0時00分

  • 定休日 :特になし
  • 駐車場 :店の西側の他、東側の道を北上した場所に提携駐車場多数。
  • 住  所:〒616-8227 京都府京都市右京区常盤草木町3−4
  • 座  席:カウンター・テーブル
  • 支払方法:現金のみ。

 全部で10ちょいの席の内、殆どがカウンターという2人以下のお客さんを想定した造りになっています。ランチタイムの終了が早い事、曜日によって微妙に営業時間が違う点を予め頭に入れておきましょう。徒歩2,3分の位置に提携駐車場があり、周辺店舗と共用なものの、十分な台数が駐車可能なのでまず困ることはなさそう。

f:id:aoi0730kanon0930:20200512230607j:plain

メニュー・味 

メニューです、ラーメンはノーマルがあましおというあまり馴染みのない名前のないものに始まり、しょうゆ、ピリ辛味噌、カレーに加えてあましおWスープ、赤玉入りと豊富な味のバリエーションが揃っています。トッピングも豊富。

f:id:aoi0730kanon0930:20200512230820j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200512230823j:plain

夜の終わり時間が遅いので、メニューからラーメン屋兼居酒屋の様相を呈しているところが昔ながらのラーメン屋さん感が漂います。

あましおWスープは新感覚

おすすめと言われて頼まないわけにいきません。あましおWスープラーメンがこちら。
一見したところ昔よくみたパイタンもしくは博多とんこつ。

f:id:aoi0730kanon0930:20200512231500j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20200512231458j:plain

が、食べてみてびっくりなのがその味。なんというか新境地です、たしかに甘い。
甘じょっぱいとでもいいましょうか、塩気と甘みと魚介・鶏ガラのWスープが渾然一体、まろやかな風味がスープ単体でも料理として成立しそうな、でも他のお店ではなかなか味わうことの出来ない、正にこのお店オンリーワンな味
焼豚はとろっとろなんですが、それがごろっごろ入っているのもプラスポイントと言えます。

チャーハン

チャーハンです。基本に忠実で味に尖った特徴はないですが、純粋に美味しいチャーハン。ここらへんは流石、名前どおりの老舗の味といったところでしょうか。

f:id:aoi0730kanon0930:20200512232210j:plain

まとめ

今回はこれで以上です。
知名度の高い観光地に挟まれてなかなか注目されない場所にある上、すぐ近所にかつて京都一番とまで言われた『杉千代』の後継店『ラーメンてんぐ』もあって、なかなか注目されないお店なんですが全く引けを取りません。車での訪問が可能な場所なので、気軽に立ち寄ってみたいお店です。

room.rakuten.co.jp