神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

桜、、さくら咲く、、、日

今回は奈良にあるとんかつ屋さん『桜、、さくら咲く、、、日』さんのご紹介です。
冒頭からおっさんには似つかわしくない超おしゃれなネーミングのお店ですが、中身はしっかりとおっちゃん大好きとんかつ屋さんです。

冒頭からえらい迷惑なシンパシーやな☆

店舗概要

お店があるのは奈良県桜井市

このお店があるのは奈良県桜井市奈良県は北の端っこ除いて基本山、という感覚の人が多いかもしれませんが、桜井市はそんな山の始まる一歩手前にある町で、吉野を過ぎれば基本山。

山々いうな☆

明日香、桜井、斑鳩奈良時代の遺跡がわんさかあるうろちょろしているだけで楽しいエリアの一つです。

店名はまるで詩人、店内は至って和風

店名、正確には『桜、、さくら咲く、、、日』というんだとか。

詩人か。

ほっといたれや☆

とんかつを切望するおっさんと8歳児には、とんかつ屋とこの店名が全く結びつかず、2回ほど正面道路を周回してしまったほど。

f:id:aoi0730kanon0930:20210624233245j:plain

店内はいたって普通の和風なとんかつ屋さんなので、おっさんでも入店は可能です。安心してご来店ください。

アクセスなど

  • 営業時間:11時30分~14時00分、18時00分~21時00分
  •  定休日:木曜日
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒633-0062 奈良県桜井市粟殿1014−3
  • 支払方法:現金、paypay、メルペイ、aupay、d払い

定着したころに加盟店手数料吹っ掛けられるんじゃないかという事で、キャッシュレス決済に物怖じする小規模店さんは多いみたいなんですが、このお店は臆することなくめいっぱい導入してくれているのが嬉しいところです。

メニュー・味

メニューです、鹿児島山麓豚というよくわからないですがとにかく美味しいだろうことだけは伝わってくる豚肉を使用した色んなものがラインナップ。

f:id:aoi0730kanon0930:20210624235232j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20210624235237j:plain

オーダー後に揚げるので時間がかかるそうで、なんかトラブルとかあったんでしょうか。オーダー後揚げはじめとか個人的には当たり前というか、どっか似非セルフうどんみたいに作り置きとか、冷凍とか、奥からチンとか鳴ろうものなら食う前から興ざめです。

 

f:id:aoi0730kanon0930:20210624235433j:plain

お子様ランチ

名前はっきり覚えてませんが、ポジションは同じものです。まあとはいうもののこのボリュームですわ。未就学なら十分こっちに回ってくる分も計算する必要がある量です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210625000106j:plain

そこら辺の並の子役くらいなら軒並みなぎ倒してくれるくらい可愛いうちの3歳児は満面の笑みで頬張っておりました。

もち豚ひれかつ定食

お気づきかもしれませんが、霧島山麓豚のお値段はそれなり。4万円/月(昼食・交際費込み)の僕にはその野口1人分の味の追及が命取りになったりということもありえなくもありません。そんな庶民にも味方になってくれるのがこのモチ豚ひれかつ。

f:id:aoi0730kanon0930:20210625000906j:plain

前置き無駄に長いねん☆

この分厚い肉、食べ応えがある事だけはまず伝わってきます。例えるならルパンを誘惑する

f:id:aoi0730kanon0930:20210625001043j:plain

例えんでええよ☆

ヘルシーさならロースですが、純粋なうまみ追及なら断然ひれと言えるでしょう。脂身と赤身のバランスが程よく、カラッと揚がった衣と肉のジューシーさはこの太さでこそ初めて実現するというものなんですよね。
胡麻をよく擦って、特製ソースを絡めて頂きます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210625001630j:plain

エビフライカレー

『父ちゃんシェアしようぜ』

いうようになったやないか。胃袋の大きさはまだ心もとないですが、おいしいものを色々食べるための知略はもう既に一人前。食べ物の趣味も似通うので、とんかつ屋に来ると、一方がとんかつ(またはかつ丼)もう一方がカレーを頼むという盤石のフォーメーションが組めるようになりました。

f:id:aoi0730kanon0930:20210625001642j:plain

ルーはピリ辛、コ〇壱一辛くらいでしょうか。程よく辛さを楽しむのにとてもちょうどいい塩梅です。

まとめ

今回はこれで以上です。
加齢と共に段々とんかつってきつくなってきている食べ物の一つで、正直毎日だとちょっときつい。

おっさんの老化の事情に興味ありません☆

だからこそ望みたい、たまに食べるときはボリュームあるかつを。それが余すとこなく実現しているのがこのお店です。