神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

ラーメン屋でまさかの丼に遭遇『らーめん笑福屋』

今回は京都にあるラーメン屋『笑福屋』さんのご紹介です。
ラーメン屋さんのメインメニューは当然ラーメンですが、サイドメニューと聞いて何を思い浮かべますか。炒飯、餃子、最近ラーメン用のチャーシュー細切れをご飯に散らしたチャーシュー丼なんていうのもよく見ますよね。
こちらのサイドメニューはそんな凡百のサイドメニューを一蹴するようなメニューをご提供頂けるラーメン屋さんなんです。では、今回はそんな笑福屋さんをレポート。

f:id:aoi0730kanon0930:20200115215807j:plain

店舗概要

お店があるのは京都市右京区。特に目立った観光名所がある訳でもない、イオンがある訳でもない、最寄り駅もない。

言い過ぎや☆

かろうじて西京極球場が自転車圏内と言う微妙な位置にある、それが今回の笑福屋さん。

おうちの近所にあって、よく見かけるけど中々入店する機会に恵まれない、そんなラーメン屋さんはありませんか。立地だったり、雰囲気が読めなかったり、駐車場が無かったり

駐車場なくてもコインパ止めてでも行くやん☆

心理的ハードルの数の話です。このお店は正にそんな要因が一個または複数重なった結果、何となくそこに在る事を知りながら何となく行けてなかったそんなお店です。

おっちゃんの個人的事情はこの際どうでもいいんです☆

店前の看板には一杯入魂の文字。店のマークは昔の中華そばに必ず入っていたこのくるくるしたやつ、もうこれだけで老舗と言う事がわかります。
店内も老舗感たっぷり。汚いお店と古いお店って似ているようでちょっと違うんですが、ここは古いお店と言う感じです。

日本語でお願いします☆

メニュー・味

メニューです。ラーメンの種類は一つ、チャーシュー麺と特製ラーメンが区別されているものの、分析によると味は変わらずトッピングの差分と判断。

f:id:aoi0730kanon0930:20200115221112j:plain

見た感じそうっぽいってだけね☆

さて、このお店での見所はセットにあります、単品メニューにもありましたが。

f:id:aoi0730kanon0930:20200115221443j:plain

ライス+温玉、チャーシュー丼、づけ丼。

づけ丼?

リアルで二度聞き返す人間なんかおらへんわ☆

あまりに堂々と三セット居並びの一ポジションを占めていたので。
僕の中でづけ丼とは漬け、つまり刺身の醤油漬けしか浮かびません。

f:id:aoi0730kanon0930:20200115221742j:plain

ほんまに刺身来た?!

写真もあるし、ある程度予想していたんですがやっぱりラーメン屋とのアンバランス具合は予想外でした。しかも美味しい、漬かり過ぎず薄すぎずの塩梅はラーメンの老舗でわざわざづけ丼出しているだけはあります。
ラーメンです。昔ながらの中華そば+ほんのり魚介味。

f:id:aoi0730kanon0930:20200115222047j:plain

丼がえらい懐かしい感じです、韓のようで何て読むかわからない漢字、ドラゴ〇ボールとは一切関係ないだろう龍。
一見濃そうですが無駄な濃さは感じません、そこにあるべき濃さと言ったところでしょうか。

日本語でよろしく☆

麺は加水麺というやつでしょうか、艶がある中太。これがスープだけ飲んだら少し濃いスープをいい感じの濃さに感じさせているんでしょう、バランスの良さを感じます。
トッピングが超と言っていいほどオーソドックスです。

アクセス

京都市右京区西京極総合運動公園』西側沿道より北へ。道挟んだお隣に『ココカラファイン』があるのでそれが目印。北側にわかりにくいですが、3台分駐車場あり。ココカラに止めないようにしましょう。

まとめ

今回はこれで以上です。
づけ丼のアンバランスさばっかり書いてしまいましたが、美味しいお店です。老舗ならではのずっと培われてきたいぶし銀のおいしさとでも表現すればよいでしょうか、新しいお店が出来る一方で残念ながら閉める店も多い中こういうお店が長く続けているのを見ると何だかそれだけで嬉しくなる、そんなお店です。