神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

カレーうどんじゃない、カレー専門店『得正』

今回ご紹介するのはカレーうどんで有名な得正さんです。
と言っても今回のお店はカレーうどんではありません。

どっちやねん☆

カレーうどん得正さん系列のカレー専門店徳正さんをレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20191120231001j:plain

店舗概要

このお店は大阪に本社を置くカレー専門店を経営するチェーン店です。一番名前が知れているのが多分カレーうどん得正、他今回のカレーライス専門店、初耳ですが上等カレーもここの系列で、主に関西に出店を拡げているお店です。
今回お邪魔したのは山科店。
店の外観からも伝わってくる通り、落ち着いたというより風情さえ感じられる佇まいは店内も同様で、割烹の板前さんかもしれないと思えるような貫禄のある料理人さんがL字型のカウンターを切り盛りする、でも紛れもないカレー店です。

営業時間(店舗HPより抜粋)

平日
昼11:00~14:30
夜18:00~22:30
ラストオーダー22:00)
土日祝
昼11:00~15:00
夜17:30~21:30
(ラストオーダー21:15)
定休日:無し
カウンター11席

メニュー・味

メニューです、カレー専門店なので当然メニューはカレー一色。カレーに辛口・甘口の別はなく、チョイスの幅はトッピングのみ。

f:id:aoi0730kanon0930:20191120231622j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191120231626j:plain

メニュー右にカレーの種類が一応書いてあるものの、これらは全て任意でトッピングが可能なようで、茄子カレーのチーズトッピングとチーズカレーのなすトッピングは同じものが出来上がります。但し揚げ物4種の追加は出来ないので、個人的にやりたかったエビフライカレーのとんかつトッピングとかは残念ながら出来ません。

これ以上そのお腹の子供を育ててどうするの?!

想像妊娠なので、大丈夫です。

まずオーダーに関わらずカレーの付け合わせでは定番のらっきょうと福神漬、それに卵これは黄身のみです、がお盆と共に提供されてきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20191120232006j:plain

今回はカツカレーをチョイス。特筆すべきはその速さ。カレーは大きな寸胴、飯は予め炊かれているのはわかりますが、揚げ物込みなのにものの数分でこの皿が目の前に堂々鎮座。

f:id:aoi0730kanon0930:20191120232128j:plain

熱い!

冷めてたら怒るやろ?

いや、提供スピードから適温位で出てくるかもとか想像しますやん、もうあっつあつです。そして辛い、ほんのり甘い、スパイシー、そして最後感じる美味い。

せわしないおっさんやな☆

写真ではわかりにくいからもしれないですが、ルーに黒い粒が浮いているんですが多分これがスパイシー要素なんでしょう。ルーの粘度は適度な感じ、しゃばしゃばでもなく固すぎず丁度良い。かつはカラッと、舌に甘いと感じているのに汗がひっきりなしに出てくるという不思議な感覚。

死ぬんちゃう?

スパイシーさ重視のカレーならではと言ったところでしょうか。

ラーメンでいう味変と言ったところでしょうか、黄身をチェックイン。おっさんギャグが思い浮かんだのですが、ヒンシュクどころの話ではないので自粛。

f:id:aoi0730kanon0930:20191120233155j:plain

昔、食べやすくなることはわかっていたものの、掛けてしまう事は自らの敗北を指すものと考えて、中々卵トッピングをしなかったんですが、マイルドさ追求の意味でこれ以上のものはありません。何より美味しさを損なわず辛さだけをええ感じに抑えてくれる、猫やけどネコアレルギーの人みたいに辛いの苦手やけど辛いの好きみたいな人は是非一度お試しください。

アクセス

京都市山科駅前交差点を東へ。駐車場無し。

まとめ

今回はこれで以上です。
型に拘らないカレー、それがここのお店のイメージです。
某チェーン店のカレーは10倍とか界王拳か?!とかツッコみたくなる辛さ志向で

そのくだり要らんわ☆

1辛の時点で既に辛いため、僕は食べる事が出来ません。
カレーの頂点からかけた黄身をつぶした時の法円、名店なのに気取らずに食べる事が出来るカレーを象徴するかのようでした。辛いの食べたいけど辛いの中々苦手やなとかいう人、お勧めです。