神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

大阪で徳島ラーメン食べるならここ。『ひろ家』

今回は大阪にあるラーメン屋『ひろ家』さんのご紹介です。
古墳巡りの折、前々からちょっと気になっていた柏原にある徳島ラーメンのお店。
今回遂にその思いを完遂し、ご訪問に至ったという訳です。そんな徳島ラーメンのお店『ひろ家』さんをレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20191130222418j:plain

店舗概要

お店があるのは大阪府柏原市、大阪東部の大阪市中心部から見たらベッドタウンの様な場所です。一方で、道は昔のものが割と残っているようで太い幹線道路の脇に路地が細かく網目状に拡がっているのは大阪の下町を思わせます。お店はそんな細い路地に入った先の住宅と住宅に囲まれる場所にあって、お向かいにはまだタバコ屋さんが残っていたり、お店も雰囲気のある佇まい、何だか懐かしい感じを思わせます。

f:id:aoi0730kanon0930:20191130223102j:plain

店内は阿波踊りのポスターやら何やらかんやらで徳島一色。
わざわざこんな住宅街のまん真ん中に店借りてラーメン屋しようと言うのも考えづらいので、きっと徳島旅行に行って徳島ラーメンに惚れ込んだ店長が実家を改装して始めた店だろうと思料します、多分当たってます。

推理全部フィーリングやけどな☆

証拠に調理場はおっちゃん、ホールスタッフはおじいちゃんとおばあちゃんのみ。しかも調理場のおっちゃんのじいちゃんばあちゃんに対する当たりがやたらきつい、親子とみて間違いないでしょう。
営業時間(店舗HPより)

f:id:aoi0730kanon0930:20191130231127j:plain

メニュー・味

メニューです、いわゆる手元に置かれたメニュー表と言う物はなく、お店に掲示されているもののみ。ラーメンの種類は徳島ラーメン一色。

f:id:aoi0730kanon0930:20191130222513j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191130222516j:plain

まずはやっぱり徳島ラーメン。これ食べないとここに来た意味が半減しますからね。

f:id:aoi0730kanon0930:20191130223004j:plain

そもそもラーメンの種類これ一択なんやけどね☆

食べたことがある人はご存知の通りコクがあって、甘辛く炊かれた肉がトッピングされているのが何よりの特徴。すき焼きのような味わいなので、白ご飯がよく合います。
この通り、店のお墨付き。

f:id:aoi0730kanon0930:20191130223535j:plain

好みによりますが、僕は生卵入れる派です。ヨード卵ひかりなんだとか。最近ブランド卵が増えたので影が薄くなりましたが元祖ちょっといい卵と言えば『ヨード卵ひかり』です。

f:id:aoi0730kanon0930:20191130223725j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20191130223729j:plain

甘辛く濃いのでちょっと飽きが来た後半に投入、初めから入れるとこの甘辛濃い徳島ラーメン本来の味を味わう時間が無くなってしまうので、やはり、後半15分だけ活躍してもらう船越英一郎のような立ち位置で居てもらうのが個人的な好みです。
チャーハンです。

f:id:aoi0730kanon0930:20191130224018j:plain

白ご飯がどうたらこうたら言うてたやん☆

味もですが、具が独特であさりでしょうか、貝っぽいものが含まれていてとても美味しい。今度家でも再現したくなる、そんな新発見の炒飯です。

アクセス

大阪府柏原市国道170号線柏原駅下り』交差点より北路地を西へ。お店西側に駐車場あり、大阪は住宅街に入ると全然コインパーキングがないので有難い。

まとめ

今回はこれで以上です。
徳島ラーメンはローカルフードのイメージが濃いですが、未体験の方は是非一度味わってみてください。卵との相性がいいので、初めからサービスでついてくるお店も多いですが、トッピングメニューだったとしても追加をお薦め、というか後半投入までで初めてこのラーメンは完結します。大阪で食べられる場所は貴重なので、興味がわいた方はぜひこちらへ。