神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

『濃厚』の二文字は伊達じゃなかった『つけ麺きらり』

今回は伏見にあるラーメン・つけ麺屋『きらり』さんのご紹介です。
看板、そしてのれんに踊るのは大きな二文字『濃厚』。伊達じゃありませんでした。
今回はそんな濃厚さがウリの名店きらりさんをご紹介です。

f:id:aoi0730kanon0930:20210917215609j:plain

店舗概要

お店は京都市伏見区

このお店があるのは京都市伏見区。伏見と言えば当ブログでも度々紹介している大手筋商店街から広がる界隈が観光地として有名ですが、このお店はそこから一駅『中書島』という駅前にあります。

f:id:aoi0730kanon0930:20210917215903j:plain

L字のカウンターは平日・休日問わずほぼ常時満席

混んでるお店が少し苦手な僕はピークタイムを少し外した時間帯を狙っていくように心がけているんですが、このお店ばかりはそんな工夫は通用しません。午前11時開店のこのお店は日によっては開店前から行列、つけ麺メインのお店の割りに回転は早いので待つ苦痛は控えめですが、14時半の閉店まで人の列が途絶える事はなく、京都有数の名店との呼び声も高いお店です。

↑の写真は雨という事もあって行列が途絶えた瞬間を撮った貴重な一枚です☆

アクセスなど

  • 営業時間:11時00分~14時30分
  •  定休日:水曜日・木曜日
  •  駐車場:あり
  • 住  所:〒612-8213 京都府京都市伏見区東浜南町660−3

数台とはいえ、駅前店で駐車場の用意があるのはありがたい限りです。ただ、この界隈はコインパーキングの料金も気になるほどではないので、並びが緩そうなときは迷わずGOです。

メニュー・味

今回メニューはありません

今回残念ながらメニューはありません。このお店平時から食券制なんですが、ひっきりなしに訪れるお客さんの波は撮影どころではありません。やってやれないことはないですが、臭いのに自分だけ気づかない中年男性並みにウザがられる程度は覚悟して自己責任で。

前置き長いで☆

基本メニューはお店の名前通り濃厚つけ麺、それに辛いやつとかとても辛いやつとか、カレー味などがあって、普通のらーめんも用意されているといった盤石な布陣が敷かれています。

つけ麺を食すに作法あり

このパターン嫌いな人いますよね、好きに食べさせろっていう

あんたもやろ☆

でもそれが納得できるもの、あまりうるさく感じないものであれば気になりません。ちなみにこのお店の作法はこんな感じ

f:id:aoi0730kanon0930:20210917223105j:plain

和蕎麦か

結局ツッコむんかい

という訳で今回はどノーマルのつけ麺大をチョイス。

f:id:aoi0730kanon0930:20210917223259j:plain

まず麺をそのままで、これはたまに見かけます。特につけ麺は太麺が主流で小麦に自信ありというお店もよく見かけます。この辺りから面倒くさくなってくるので一気に三番『わき目も振らず自分らしくがつがつと』へ移行。

はやいわ

写真でご覧になっただけでわかる通りつけ麺のつけ汁が濃い。太麺の食べ応えに負けない濃厚さを存分に感じられます。

f:id:aoi0730kanon0930:20210917223551j:plain

味変タイムは平日だったのですだち酢にて。濃厚さウリのものはどうしても後半間延び感が出てしまいます、まして今回は大盛。清涼感がプラスされて、量的に厳しいかなという方には特におすすめ。
そして一心不乱に食べきったところでラストは割りスープ。つけ麺の〆基本はやはりこれでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20210917223829j:plain

ただのお湯でなく何かしらの出汁が使用されているのか、薄めてもまた違ったおいしさに色直しされて、正に一度で二度おいしい一杯です。

まとめ

今回はこれで以上です。
緊急事態宣言の中でもラーメン屋さんは比較的影響が少なそうとはいえ、それでも潰れるお店は少なくありません。そんな中、昔と変わらず行列を作り続けることが出来る、それはこのお店が美味しいという事の一つの証左といえるでしょう。
ここは平日休日時間帯問わずいつ行っても混んでいます、ある程度の並びは覚悟する必要があるものの、待った時間分だけ後悔のないクオリティはきっと提供してくれる名店です。