神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

とんこつにまみれてみよう『ずんどう屋』

今回ご紹介するのは、今やロードサイドを中心にえらい速さで店舗拡大を続けるずんどう屋です。
姫路発信の豚骨ラーメンで出始めの頃は『あ、美味しいなここ』位のお話やったんですが、あれよあれよという間にどこでもかしこも見かけるようになり、今や店舗数40店舗超(2018年11月現在)、大阪・兵庫を中心にロードサイドでやたらめったら見かけるお店になりました。

食べたことのある方も多いかと思いますが、改めてこの背脂豚骨のずんどう屋にお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20181106232125j:plain

今回お邪魔したのは京都八幡店

近年のラーメンチェーンが店舗数を伸ばすのは駅前じゃなく断然ロードサイド。僕なんかもそうですが、車が要らない・公共交通機関で十分な地域は政令都市の中心部に限られた話で、それ以外のちょっと地方に住んでてどっか行きたいな~という場合にはもう車必須。そんな中ご飯を食べましょうとなった場合、駐車場もない駅前に店は求めずロードサイドに堂々と車を止めれる場所を選ぶのは必定という訳ですね。

今回お邪魔したのもそんなご多分に漏れない国道一号線沿いに堂々と店を構える京都八幡店です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181106231824j:plain
こちらの他も何店舗かお邪魔したことはありますが、どこもしっかりと席数を確保したお店ばかりなので、待ち客が出来ている事もありますが、とにかく回転率が速い×2。並ぶのが嫌いで15分以上並ぶ店は行く気がしない人、つまり僕ですがパッと見混んでそうやな、と思った時も試しに並んでみて下さい、結構びっくりするくらい早く列は捌けられていきます。

メニュー・味

基本編

メニューです。多分これも各店概ね共通。元味ラーメンというのがノーマルですが、味が変わる訳でなくトッピングが変わっていく方式なので、ラーメンは辛口と普通の2種類。味を左右するのは、麺の種類と背脂の量。麺は細麺のストレートとちぢれ麺。背脂はあっさりから『まみれ』まで。

まみれって何?!

勿論まみれるのは麺で、何にって背脂に、な訳ですが初見でのネーミングインパクトは中々のものです。ちなみに麺の固さもオーダー可能です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181106233650j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181106233652j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181106233654j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181106233656j:plain

ランチの場合、セットメニューが豊富に用意されていて、ご飯もののラインナップが多いのも嬉しい。

サービスで高菜が配置されています。

f:id:aoi0730kanon0930:20181106234350j:plain

今回は元味ラーメンちぢれ、背脂まみれ。セットでずん丼をオーダー。

元味ラーメンです。僕の手がぶれている訳でもカメラの解像度が低い訳でもありません、表面に写る細々したの、これ全部背脂です。
味はとにっかく濃い、胸焼けしそう、な見た目に反し結構するするっと食べれちゃうんですよねこれ。

f:id:aoi0730kanon0930:20181106234554j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181106234813j:plain

ずん丼です。とろとろの味付けチャーシュー。ラーメンが濃いので小位に納めとくのが胃にもいいかもしれません。

f:id:aoi0730kanon0930:20181106234846j:plain

応用編

行けば分かるので大した話でもないですが、調味料の並びで生にんにくが置いてあります。濃い味好きな人は良くお世話になるあれです。(ない店舗もあるみたいです。)

f:id:aoi0730kanon0930:20181106235342j:plain
ここでふと疑問が生まれます。まみれとにんにくどっちにしよう。個人の感覚次第ですが僕の場合はこんな感じです。
・まみれ+にんにくあり
⇒論外、流石に無理、スープがネクタイに飛んでしまおうもんならもう取れないレベル
・普通+にんにくあり
胃もたれが気になる人向け。『ずんどう屋は濃い』というのはあくまで背脂の量次第なので、しっかりした味を感じながらあっさりと食べられる。但し食べた後の女子とのコミュニケーションは諦める事。
・まみれ+にんにくなし
⇒多少胃がもたれる前提でとにかくこってりが食べたい人向け。にんにくを入れるとその辛味でちょっととがった感じになるので、背脂独特の甘みを思う存分楽しみたいならこっち。僕の選択はこれが多い。
・普通+にんにくなし
⇒普通です。別に美味しく食べられるんですが、面白みに欠ける。

個人的にこってり好きなんで参考にする際はその点を差し引いて聞いて頂けると助かります。

まとめ

今回はこれで以上です。関西のロードサイドを急浸食したラーメン屋は横綱来来亭、神座、丸源ラーメンほか上げ連ねたらきりがないですが、各店の流行り様から今後ますます店舗数は増えていくことでしょう。濃い味が好きな方は今のうちに我流の食べ方/スタイルを確立すべく研究する事はきっと後々実を結ぶことと思います。