神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

撫でると幸せになれる猪『護王神社』

神社に欠かせないもの、狛犬。怖そうなのから愛嬌のあるやつまで、様々ですが、共通しているのは狛『犬』という位だから犬。。。だけじゃない。たまに犬じゃない狛〇〇っているんですが、その中でも珍しい(というか僕はほかで見たことがない)狛犬ならぬ狛猪のいる神社のご紹介、『護王神社』です。

護王神社は京都のど真ん中『京都御所』西門の向かいに門を構える神社で、ご祭神は和気清麻呂公(わけきよまろこう)、この方は平安京建都に貢献された方だそうで、この方が配流された際、足が立たなくなってしまった。そんな時いのししの守護によって不思議と歩けるようになったという事から、足腰の守護神、つまり病気平癒の神様として信仰を集めているそうです。
今回はそんな腰痛、痛風予備軍、メタボ(関係ない)な僕の為にあるような護王神社へ一礼。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609000448j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180609000450j:plain

いい写真が中々取れませんでした、というのもこの神社東の門前が御所とお向かいさんの側なんですが、その間に通る道は烏丸通、京都でも有数の交通量の多い通りで車道に出るのは勿論、全景撮る為に後ろに下がるのも怖いほど車がわんさか通る道。観光でご参拝の際は十分気を付けましょう(っても、普通にしてれば何も怖い事はないんですがw)

鳥居をくぐるとまずは御門、さらに奥には拝殿。その前に手水舎へ。猪に所縁ある神社だけあって、ここにも猪が。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609001629j:plain

この猪が鼻をなでると幸せになれる『幸運の霊猪』なんだそうです。よく日ごろから撫でられまくっているのでしょう、黒い猪が鼻だけ金色になってますw

ご拝殿。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609002138j:plain
拝殿の各方角には四神が飾られています。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609002510j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180609002513j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180609002515j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20180609002608j:plain
『四神相応』という四神を方角の守護神に見立てる思想がありますが、この神社にはその思想が息づいているのでしょう。あと、件の『狛猪』はこの拝殿の手前にいました。
可愛いような雄々しいようなw

f:id:aoi0730kanon0930:20180609004008j:plain

本殿へご参拝。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609004224j:plain
本殿脇には『招魂樹』というものがありました。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609004310j:plain

このいっぱい刺さった白いのは『座立亥串(くらたていぐし)』と言う願掛けの串で、自分の名前と願い事を書いて立てておくこの神社特有の祈願方法のようです。隠れて見えないですが、この木の根元には『願掛け猪』がいて、その猪に祈願をしているようです。

チェーンソー彫刻『飛翔親子猪』

f:id:aoi0730kanon0930:20180609004820j:plain
縁起物と思いきや、チェーンソー芸術家によるアートのようです。
元は樹齢300年の木だったのですが、神社の造営計画上やむなく切ったあと、その切り株をつかって製作されたものなんだそうです。

御朱印を頂きに社務所へ。待っている間、待合所を見学。

猪所縁の神社だけに猪像や、猪の写真がずらり。こんなに猪に囲まれたのは初めてやし、今後もない事でしょうw

 

f:id:aoi0730kanon0930:20180609221057j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180609221059j:plain

この待ち時間、変に離れるのは失礼なんだそうですが、スマホ見てるのは論外としても、ただ書いて頂いてるのをじ~~っと見てるのも何だか急かしているようでそれはそれで申し訳ない気がして手持無沙汰になります。
無事御朱印も頂けました。書き出しは『和氣公綜社』つまり、この神社のご祭神和気清麻呂公を指しているようです。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609005256j:plain
順番に境内を散策。まずは足腰御守りの碑

f:id:aoi0730kanon0930:20180609224715j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180609224721j:plain

猪(どっちか豚にも見える)が手を洗う手水舎。まあ両者ともルーツは同じや言う説もある位やしねw

f:id:aoi0730kanon0930:20180609224849j:plain
和気清麻呂公の像。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609225150j:plain
君が代の歌詞にも出てくる『さざれ石』。

f:id:aoi0730kanon0930:20180609225432j:plain
伊勢神宮遥拝所

f:id:aoi0730kanon0930:20180609225555j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20180609225559j:plain

神社外壁にはぐるりと、ご祭神や神社の成り立ちについての物語が順番に描かれているので、参拝の際は一読してみると御由緒がよく分かります。

f:id:aoi0730kanon0930:20180610105615j:plain

今回はこれで以上です。
護王神社のアクセスは地下鉄『丸太町』駅から徒歩5分、上述の通り京都御所の西向いさんなので、電車でも気軽にご参拝出来る立地です。最近足腰に不安を感じる方は勿論、一願成就を座立亥串に託されたい方、御朱印の欲しい方、一度お参り下さい。

茜丸本舗 どら焼き