神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

知ってる人は知っている木屋町〆の一杯『そば処 川道屋銀華』

今回は京都で飲んだ後、誰もが一度はある〆の一杯『ラーメンやと翌日の胃もたれが。。』どっかの胃薬の宣伝みたいですが、そんな問題を解決する一店、そば処銀華のご紹介です。

皆が皆暴飲暴食してる訳やないんよ?

割合は不明ですが、多くの人がそれを求めるから深夜営業が成り立っているんだと確信しております。
このお店は、京都一の繁華街、木屋町先斗町の中心にあり、午後5時から営業している為、勿論普通に晩御飯として活用する事も可能かと思いますが、場所柄やはり本領を発揮するのは飲んだ後、地元のバーなどで『〆の一杯のお勧めない?』と聞いたら一回は名前が上がる名店です。
という訳でそば処銀華さんにお邪魔します。f:id:aoi0730kanon0930:20190102234604j:plain

お店概要

冒頭でも触れた通り、このお店は京都一の飲み屋街木屋町先斗町の丁度中心にあります。ほっそい路地を折れた先にあるので、店の存在を知らずにふらっと立ち寄る事はまず不可能。それでも目印を敢えて上げるなら木屋町の派出所(交番?)の角です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190102235132j:plain
間口は狭いですが、京都の町家商店らしく中も結構狭い。そんな中、カウンター5,6テーブル3,4は確保されていて、週末ともなればこの席を奪い合うようにひっきりなしにお客さんが入り、食べて出て、違うお客さんに席を渡して、を繰り返しています。

メニュー・味

メニューは結構忙しそうなお店でゆっくり撮影が出来なかったのですが、温・冷とも揃っていて、特段定食の用意というのはなし。やはり、ご飯と言うより飲んだ後の一杯と言うのが適したポジションのように感じます。値段は千円前後と、立地や手打ち蕎麦の相場観(個人的なですが)を考えると、標準的なラインかなというところ。
今回は寒かったけど、ざるそばを食べたい、なので『あつもり』をチョイス。

f:id:aoi0730kanon0930:20190102235820j:plain
ラーメンつけ麺派の方はご存知の方も多いでしょう、一言で言ってしまえば両方熱いざるそばです。つけ麺では割とメジャーな部類ですが、和蕎麦で味わうのは今回初めて。
つけ汁にはうずらではない普通の卵が一個丸ごとダイビング。
つけ汁が温かいのはほんのりとした白身の固まり加減でも何となく察して頂けるかと思います。
味は、二八というんでしょうか、喉越しと蕎麦の香り、それにつるつるとした食感のバランスがよく、飲んで歌った(忘年会でしたので)後の喉でも抵抗なく受け入れてくれます。ざるなら正味重いのかもしれない鶏卵がまた良い味を出しているのがプラスポイント。

アクセス

電車の場合:京阪三条駅徒歩6分。

まとめ

今回の銀華さんは、この木屋町本店の他、北大路ビブレにも支店を出店されていて、宴席で木屋町に縁がない方、車で訪問したい方はそちらの方が合っているかもしれません。

 銀華さんは、創業明治35年。途中太平洋戦争の加減で営業存続が出来なかった時期もあったようですが、現在三代目の店主が変わらぬ味を守り続けるという、実に110年以上続く老舗です。味は進化も大事ですが、昔の味を守るというのもそれはそれで大事で、また難しい事と思います。
冬の定番辛味大根や鴨なんばなんかもあるみたいなので、一度味わってみて下さい。