神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

王道極めるラーメン『たいじ』 

今回ご紹介するのは、(多分)夜は中華中心の居酒屋さん、昼は定食屋さん、地元に(多分)愛されてる地域密着のお店『たいじ』です。

多分言い過ぎ

夜居酒屋だろうは行った事が無いため、地元に愛されているだろうは常連と思しきお客さんが入れ替わり立ち代わり出入りしていたためです。
他用で近所に行った際何気なく立ち寄った、そんな出会いがもしかしたらお店との一番良い出会いなんかもしれません。並ばんで入っている分ハードルも高くならんし。

行列店は並ばずにいつも帰るでしょ☆

15分以上並んだあとの料理は期待値に待ち時間分が無駄に上乗せされてしまいますので、お互いによくないと思うんですよ。

前置きが長くなりましたが、今回はそんな一見何でもない居酒屋さんのようなラーメン屋さんのような『たいじ』にお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190108223346j:plain

外観・内装

このお店は、京都府宇治市宇治市中央郵便局の並びにあるお店です。
観光エリアの集中する宇治駅界隈から少し離れ、向かいにはショッピングモール(のちっちゃいやつ)があったりと、いうなればもろに居住エリア。お店の外観も一見すると食べ物屋さんなのか何屋さんなのかわからない外観ですが、意を決して中へ入ると威勢はいいけど柔和な印象の店員さん数名が出迎えてくれます。
内装は、これまた地元客がふらっと立ち寄るのに適した、キッチンとお話ができるカウンター席、それに個人店舗ではあまり見ない、畳の座敷席が設置されています。

メニュー・味

メニューです。まず目に入るのはこの値段。

f:id:aoi0730kanon0930:20190108223420j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190108223423j:plain

ランチ限定やったとしてもALL700円は中々見ません、他の単品メニューも別に高くないのに霞んでしまうレベルの安さ。
今回は当然(?)ラーメン定食を選択。

王道のラーメンと聞くとどんなラーメンを思い浮かべますか?出身や世代によって異なるとは思いますが、僕の思い描く王道ラーメンとは昔ながらのあっさり中華そば。
麺はつやつやのストレート細麺、スープはあっさり醤油で、チャーシューは脂身なし、トッピングはメンマ・ネギ(場合によってはなると)

f:id:aoi0730kanon0930:20190108223820j:plain

美しい

変態なん?

いえ、素直な感想です。
透き通ったスープに浮き立つように見える細麺、脂身なし・漬け込んだ味で勝負のチャーシュー、『ラーメン』の理想形と言えます。味の調節は胡椒のみという点も含め王道、からの王道。
味の濃いラーメンは美味しいし僕自身好きなんですが、毎日は食べれません、第一胃がもたれるし。その点、毎日食べられるのはこういうあっさりした定番拉麺なんです。
炒飯もオーソドックスな味。f:id:aoi0730kanon0930:20190108224350j:plain
しっとりした中華屋さん系の作りに、さっきのと同系統と思しきチャーシューが散りばめられ味を演出。ラーメンと同様、派手さや自己主張がないだけに毎日でも食べたくなる炒飯です。

アクセス

電車の場合:JR宇治駅徒歩12分。
車の場合 :宇治郵便局横
駐車場無し。徒歩推奨。

まとめ

今回は以上です。
地元向けに営業しているのか、看板、お店の外観がほんまにさりげなくて初見では通り過ぎてしまう可能性もありますが、常連専用のいわゆる排他的な雰囲気もなく、一人で昼食を普通に楽しむ事も可能です。僕の言う『王道のラーメン』共感頂ける方は是非一度試してみて下さい。

近隣の観光スポット

観光エリアとは逆なのが唯一お勧めしにくいところです。

www.aoimon.net

www.aoimon.net