神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

地元の人が足繁く通うちゃんぽん専門店『どんたく』

今回は宇治にあるちゃんぽん屋さん『どんたく』のご紹介です。
このお店、むか~しから宇治にあるんですが、その特徴は『ちゃんぽん』。長崎でも行かないと敢えて選択肢に上がらないそのちゃんぽんと言うジャンル

※個人の好みのお話です☆

そこを敢えて

ちゃんぽんばっかり出しますよ!!

と敢えてちゃんぽん専門に特化した形態をとるこのお店は

敢えての用法と容量間違ってません?

その他と競合しにくい特異なジャンルのお陰もあってか、JR宇治駅前正面という超一等地でいつからかわからない位ずっと営業を続けている超老舗です。
では、今回はそんなちゃんぽん専門店『どんたく』にお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601133030j:plain

店舗概要

お店は宇治にあります、JR宇治駅前という駅前一等地。新宿で例えるならさしずめ歌舞伎町1丁目。

言うてて切なくならへん?

少なく見積もっても20年はずっとこの場所に在り続けるラーメン屋としては超老舗なレベルのお店です。
テーブル席が多数揃えられた広々した店内には、平日は仕事終わりのサラリーマンがビール片手に、週末は仕事を終えた麹屋のおっちゃんがビール片手に色々、お祭りの日はそれこそビール片手に騒ぐ

あんたの周りだけや☆

居酒屋としてもラーメン屋としてもご飯屋としても親しまれています。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601133752j:plain

営業時間:11:00~24:00(深夜0時)
(定休:毎週火曜日)
周辺道路が観光客で機能しなくなる『縣祭り』の日(6月5日)にも営業する強者。

メニュー・味

メニューです。ちゃんぽんと言って連想するものは何でしょう。野菜、魚介、少し濁った白めのスープ、長崎、大学の飲み会こんなところでしょうか。

最後の方意味違うで☆

語源同じらしいです。(ちゃんぽん=さまざまな物を混ぜること、または混ぜたもの)

f:id:aoi0730kanon0930:20190601135617j:plain

一言にちゃんぽんと言ってもノーマルから味噌、焼き、辛みそ、カレーなど様々種類があって、皿うどん、冷麺まであるぱっと見ちゃんぽん専門店とは思えない豊富な布陣。ちゃんぽん専門というのは麺に限った話らしく、サイドメニューはぎょうざからエビマヨ、かに玉丼に至るまで色んなものが揃っています。ご飯屋としても居酒屋としても使い勝手が良いお店。

今回は晩酌兼夕食で訪問という事で、まずはこれ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190601142328j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190601142332j:plain

『ろくに予定もない金もないおっさんの週末に意味を与えてくれる』セットです。

そんなメニューない、メニュー名長い☆

f:id:aoi0730kanon0930:20190601141305j:plain
個人的一番のお勧めがこの焼きちゃんぽん。
皿うどんの麺がちゃんぽんで、揚げる代わりに焼いてある、そんな感じです。皿うどんが固すぎる、けど固めんが好きと言うわがままな方にぴったりです。
麺が揚げ麺ほど固くないのでとろとろの餡がよく絡みます。海鮮に加え、アサリ出汁が効いていてビール飲みながらでも食べられます。

アクセス

JR奈良線『宇治』駅前ロータリー。

まとめ

今回はこれで以上です。
最近宇治の観光客激増を受けて、昔この店とパチンコ屋を除き真っ暗で懐中電灯が必要だったこの界隈は

言い過ぎや☆

今や飲食店がひしめく通りになりました。といってもそれは昼間の話、懐中電灯こそ要らなくなったものの、夜は数軒の居酒屋があるほかは飲食店がまだまだ不足気味。ランチにも勿論ありですが、手軽な夕食を摂りたい時の強い味方になってくれる一店です。