神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

椀内に見えるサバの幻影『サバ6製麺所』

今回は奈良斑鳩にある『サバ6製麺所』さんのご紹介です。
製麺』と付いていなければ、ぱっと見ラーメン屋である事すらわからないお店なんですが、中々個性が光るラーメン屋さんでした。
では今回はサバ6製麺所さんにお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190729210233j:plain

店舗概要

このお店、京都に出店がなかったので存じていなかったんですがチェーン店です。
大阪・兵庫・奈良・東京・宮城と言う、華麗に京都以東の中部地方をまとめて飛び越えて、関東進出しているそこそこアバンギャルドな店舗展開で拡大を続けていて、16店舗(2019年7月現在)を構えています。今回ご訪問したのはその中の奈良斑鳩店、柿食えば~で有名な聖徳太子が建立した法隆寺のご近所さんです。
お店のコンセプトは名前にもある通りサバ(鯖)。青魚嫌いな偏食の人はそれだけで敬遠しそうですが、そもそも鯖節も鰹節も出汁を取る言う時点ではおよそ嫌われる『青臭さ』などは一切ありません。安心して食べて頂けるかと思います。

f:id:aoi0730kanon0930:20190729211321j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190729211324j:plain

営業時間/11:00~22:00(定休無し)

メニュー・味

メニューです。ラーメン(中華そば)、つけ麺、鯖醤油麺につけ麺のピリ辛を含む計4種。サイドも含めるとメニューの半分以上に鯖が登場するという中々のこだわりが見え隠れします。

f:id:aoi0730kanon0930:20190729212410j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190729212415j:plain

つけ麺です、ピリ辛じゃない方。

f:id:aoi0730kanon0930:20190729212604j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190729212607j:plain

鯖。

めっちゃ鯖です。何味と言うか、香り、味ともに濃厚鯖味、ベースは醤油ですが鯖の味わいが残さず綺麗につけ汁に封入されていて、とても濃厚。食べ応えと濃厚スープによく絡む太麺チョイスも良く活きています。味玉の味付けが濃厚つけ汁に負けないよう、濃い味に造られているのも、チャーシューが脂身多めの部位がチョイスも

一碗でぶつかり合う濃厚同士が美味しい

このための演出であると言えます。

うん、全然わからない☆

ボキャ不足です、すみません。

鯖醤油そばです、正直つけ麺はかなりパンチが強いので、濃いのはちょっと、、、と言う方はまずこちらを試金石にしてみるとよいかもしれません。

f:id:aoi0730kanon0930:20190729213553j:plain
基本コンセプトはさっきのサバ濃厚つけ麺と同様ですが、濃厚な部分を全てマイルドにした感じ。麺はつけ麺に負けず劣らずの太麺なので、食べ応えだけは変わらず。

メニュー名に書いてあるしね☆

サバめし、名前もシンプルなら内容もかなりシンプル。

f:id:aoi0730kanon0930:20190729222811j:plain

いわゆるアイデアまかない料理ってやつですね、家庭での再現が可能そう。

それ、店屋もんに一番言うたらあかんやつや☆

アクセス

奈良県生駒郡国道25号線『法隆寺東』交差点を南へすぐ。駐車場あり。

まとめ

今回はこれで以上です。
個人的に数々ラーメン屋を食べ歩いていますが、つけ麺は中々の濃厚さでした。

濃厚好きやけど濃厚過ぎるのは苦手、でも濃厚食べたい

そんな猫好きやけどネコアレルギー。でも猫と戯れたいなどいう矛盾した願望をお持ちの方はピリ辛をチョイスすればいい感じに濃厚さが辛さで中和されてすっきり。
逆に更に濃厚さを求める方は、セルフでニラ唐辛子と、ニンニクをトッピングできるサービスもあるので、それぞれの方面にまだまだ秘めたポテンシャルを感じるお店です。
色々と試してみて下さい。

土佐の匠魚を全国へ 匠の魚商オンラインショップ