神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

食べ物と動物とアクティビティと『ブルーメの丘』

今回ご紹介するのは、滋賀県にある『ブルーメの丘』です。
『どっか連れてって』。
言われた経験がある方はお分かりの通りそこそこの無茶ぶりです。
どっか=どこでもというわけでは当然ありません、子供が遊べるところで、天候を考慮(雨の時は屋内、晴れの時は屋外)、お出かけ気分がそこそこに味わえて、日帰り。

ねえよ、そんなもん!!

落ち着け☆

と心では思っていても、子供の思い出作りにやっぱりバリエーションは必要なわけで、そんな中うってつけの施設、それが今回のブルーメの丘です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328211000j:plain

施設概要

ブルーメの丘は、滋賀にある農業公園です、いわゆる観光農園と牧場と公園をまぜこぜにした感じ。エリアの各所に四季折々花が植えられていて、また色んな動物と触れ合うことが出来、色んなアトラクションや遊具が設置されています。
 ・好きな外出の場所:ゲームセンター
 ・休みの日したい事:テレビゲーム
このような不健康なお子さんがいらっしゃる方には特にお勧めのスポット。

あんたんとこやろそれ☆

いつの間にかこうなっちまったんでねぇ。。

アクティビティ←new

他にも色んなアクティビティが用意されていますが、2019年3月1日にオープンしたアクティビティがこれ。アルプスジムと言います。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328212239j:plain
何これめっちゃ面白そう

むしろ、僕がやってみたかったので子供を焚き付けたともいえるんですが、ドイツ製というこの施設、一番上の高さは17m。奈良の大仏様が高さ18mなので、頭の粒々に立って、綱渡りしたり木を伝ったりするようなもの。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328214140j:plain

わかりづらい上に罰当たりな!!

施設概要はこんな感じ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328214516j:plain

  • アルプスコース(2F~4F)
    中学生以上3,000円(学割2,500円)、小学生2,000円。
  • キッズコース(1F)
    1周600円

危なくないですか?
⇒人数制限の上で体験時間が予め60分と決まっています。その中で安全に遊ぶための講習があって、結構丁寧に教えてくれる上、カラビナ(金属製フック)が常に遊具と繋がっている状態で楽しむので、ロープが切れでもしない限り落ちません。なので、安心感はあります。

怖くないですか?
⇒そらめっちゃ怖いです。ただ、恐らくお父さん・お母さんが子供連れて行くことになるでしょう、お子さんの前で怯える姿を見せてしまうのが嫌な方にはあまり向いているとは言えません。あといえる事はただ一つ。
気合です。

清々しい位何のアドバイスにもならへんね☆

父ちゃん嫌でも頑張らなあかん場面があるって事です。
僕がこれだけ魅力的に感じる以上、他の人にも同じように魅力的に感じるようで、かなりこの施設混雑しています。

動物

この園のメインともいえるのがやはりこの動物とのふれあいでしょう。定番のモルモットや兎などの小型動物に始まり

f:id:aoi0730kanon0930:20190328220107j:plain

カンガルーや、カピバラ

f:id:aoi0730kanon0930:20190328222054j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190328222304j:plain

その他、ふくろうや豚、羊・ヤギ、アルパカ、果てはエミューなど動物園でも中々見ることのできない動物たちがいます。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328222513j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190328222527j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20190328222729j:plain

エミューなどに乗って走り回れたら最高なんですが、残念ながらそこまでの自由度はないものの、どの動物も扱いは大らかで、怪我しない程度に触ったり餌をあげたりと割と好きなように触れあう事が可能です。

花園

園内入口入ってすぐの写真です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328223100j:plain色んな花々が四季折々に植えられています。
四季のテーマに沿って花畑が作られているコーナーもあって、例えば春なら菜の花畑。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328223229j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190328223222j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20190328223234j:plain

夏はひまわり。この時は昨年の台風後の訪問やったので、皆こんにちわしている残念な画像になっていますが。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328223532j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190328223537j:plain

初秋にはコスモス。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328224052j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190328224101j:plain

こんな感じで、四季に合わせ広大な敷地に好き勝手あ、いえ豪華な庭園を演出しています。もう、これはガーデニングというか正に農業ですね。

お土産やお食事

農業公園のもう一つの楽しみ、それが食べ物でしょう。農園産品など色んなものが購入・食事できます。
色んな物が並んでますが、肉・野菜、牛乳(ミルク)に至るまで全部(多分)農園産。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328225748j:plain
イートインも色々ありますが、その場で炙って提供してくれるソーセージが最高。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328230308j:plainカリっカリの皮と中の肉汁の相反する性質のコラボレーションは地場産品ならでは。
お土産も色んなものがあります。
一番目を惹くのはやはりソーセージ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328230516j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190328230540j:plain

チーズは種類がとても豊富。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328230523j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190328230540j:plain

変わり種としては、色んな味のマスタード

f:id:aoi0730kanon0930:20190328230528j:plain
勿論クラフトビールも。

f:id:aoi0730kanon0930:20190328230547j:plain

デパートの北〇道市なんかで買うソーセージも美味しいですが、やっぱり新鮮。何より値段が違います。ここなら同じ金額で倍の量が買えます。

アクセス

滋賀県蒲生郡(日野町)内、国道477号線『西大路』交差点北へ。
駐車場収容3000台らしいので、少なくとも入園は可能。

まとめ

今回はこれで以上です。
子供の長期休暇の時期は結構混雑しますけど、それ以外の特に平日に休みが取れる人はのびのびと園内を巡る事が出来るかと思います。
また、日野町自体が今このブルーメの丘はじめ、観光に注力している街なので、史跡や神社などゆっくりといろんな場所を巡るのもお薦め、田舎の風景に囲まれながらゆったりと流れる時間を過ごすのは本当に心が安らぎますよ。

近隣の観光スポット

www.aoimon.net 

www.aoimon.net