神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

和歌山ラーメン『丸田屋(岩出本店)』

今回は和歌山県にある中華そば『丸田屋』のご紹介です。
ご当地ラーメンといえば、福島の喜多方ラーメン、広島の尾道ラーメンなどもう全国にあり、もうメジャーデビューしたものから地元で愛されるローカルグルメまで様々あります。

その中でも和歌山ラーメンは関西住みの為もあってか、近年通販を中心にローカルの枠を超え、メジャーデビューを果たしたラーメンであると考えます。(個人的に)
今回のラーメン屋は和歌山県内に3店舗を展開する和歌山ラーメンチェーン店で、一言でいうと和歌山ラーメンらしい和歌山ラーメンといってよいでしょうか。

相変わらず日本語へたくそやね♪

逐次勉強中です。
では、今回はそんな和歌山ラーメンの聖地(そのまんまですが)和歌山の雄ラーメン丸田屋におじゃまします。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127225605j:plain

外観・内装

このお店『中華そば丸田屋』は和歌山県の海沿いから少し内陸側に入った岩出市
和歌山県って全部海沿いやないの?もしかしたら、こんな失礼なことを考えている方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。細長い形状を地図で見れば確かに西側一面は全て海沿いですが、東にも土地はあり、しっかり奈良までつながっています。

当たり前やん!

いや、伝えたかったのはそこではなく、和歌山県北部~奈良~京都は全て国道24号線で繋がっているという事です。和歌山北部における他府県との行き来はほぼこの東西の国道24号線(京奈和自動車道はまだ貫通していないので)と、大阪との連絡橋国道26号線に集約される事となります。
その為、この国道24号線はたまに例外もありますが、どこを見ても飲食、パチンコ、ショッピングモールがいっぱい。チェーン店が多いのは多いんですが、正直食べるお店には全く困る事はありません。
前置きが長くなりましたが、今回のお店はそんな国道24号線沿いにお店があります。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127230939j:plain
駐車場が大きく取られている反面、お店が道から遠く、またラーメン屋と言えば『うちはラーメン屋やさかい!!』と言わんばかりの原色系の外観やったり、1㎞先からでも目視できるようなでっかい看板が立っていそうなものですが、そういったものは一切なし。
まあ、場所さえわかってしまえば、上品な佇まいは入りやすくていいのかもしれません。
このお店は混雑が激しいのか、入口と出口が分れています。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127231517j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181127231507j:plain
左が入口で、右が出口です。

店内は見た目通り広く、カウンターもテーブルも多数、ファミリーでも利用しやすく、一人でも混雑時待つことを気にしなくてよさそうです。ファミリー層への気遣いか、メニューの特徴からか(和歌山ラーメン濃いからね)ウェットティッシュ出してくれるのは地味にありがたい。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127234313j:plain

メニュー・味

メニューです。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127232241j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181127232702j:plain

『和歌山ラーメン』が通り名ですが、気のせいか和歌山はラーメンを中華そばと呼ぶお店が多い気がします。〇〇食堂という名前のお店も多いので、元はホンマに地元の人を相手にする、地元の人の為の食堂だった歴史が伺えます。

要らないよね?ここでその知識★

中華そばが2種類あるように見えますが、特製=チャーシュー麺のようです。
サイドメニューに色々と気になるものが見え隠れしています。

中華そば

まず中華そばです。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127232843j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181127232845j:plain
左が中華そば大盛、右が特製中華そば(並)です。

チャーシューは捻りなしの昔から親しみのあるタイプ、ネギ、メンマ、あと和歌山ラーメンと言えばこのかまぼこです。
味は、これぞ和歌山ラーメンと言ったところでしょうか。荒々しい濃厚醤油とんこつ、噛み応えのあるストレート麺。『和歌山ラーメンってどんなん?』って聞かれた時にここ紹介しておけば間違いないと思います。

たまご飯

思ったのと違うのが出てきました。確かに卵入ってます、かき混ぜたらいつものフォルムになりました。ただ、卵投入のみの物を想像していたんですが嬉しい誤算です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127233443j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20181127233428j:plain

これ、めっちゃ旨いです、鰹節がほんのり香るいい匂い、醤油が、これなんでしょう。上品な香り、辛くなく、かといって薄くなく、卵を邪魔しないけどしっかり醤油味。

早すし

今回はキャパ超えてしまったので、頂いてませんが和歌山のご当地食みたいです。

何でも和歌山では中華そばはお寿司と一緒に食べる習慣があるらしくそのお寿司の代表格なんだそうです。和歌山・奈良の柿の葉寿司との関連性は不明です。

f:id:aoi0730kanon0930:20181127234159j:plain

アクセス

車の場合:国道24号線岩出市内中黒交差点北西角。

まとめ

今回はこれで以上です。
ここの中華そばとの直接的な関連性は不明ですが、この濃厚醤油ラーメンの源泉は地元に美味しい醤油があったからに他ならないと思料します。
湯浅醤油は和歌山の調味料メーカで、醤油の発祥メーカーなんだとか。今日の和歌山ラーメンの隆盛に湯浅醤油はなくてはならないものやったことでしょう。そう考えると何だか感慨深いものがあります。

たまに真面目な話すると恥ずかしくなりません?

いつも真面目に書いているつもりですが。
まあ固い事は抜きにして、このお店に来たらまずはラーメン、そしてたまご飯この二つはぜひ押さえて下さい。