神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

高知のうまいもん勢ぞろい『土佐黒潮水産』

今回は高知にあるご飯屋さん兼居酒屋『土佐黒潮水産』さんのご紹介です。
ご飯屋さん兼と書きましたが、昼間でも居酒屋色を色濃く感じてしまうのは、もはや土佐の風土と言ってもいいでしょう。昼から飲んでも許される街、それが土佐です。

注)勝手なイメージです

土佐で昼から飲んでよい居酒屋が寄り集まった施設と言えば『いろめ市場』なんですが、平日でも結構な混雑具合、それが休日ともなれば、もう目も当てられない惨状になってしまいます。ひろめ市場は観光地、別に昼から酒が飲める土佐の海の幸が堪能できる場所は一つではありません、という訳で今回行ってきたのがここでした。順番にレポートしていきます。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824185258j:plain

店舗概要

お店は高知県高知市の中心、高知城の東『ひろめ市場』に隣接しています。やっぱり飲食で観光客の集客が望めるのは、断トツでひろめ市場の様で、その周りにはひろめ市場にあぶれた人の受け皿になってくれるような飲食店がいっぱいあります、ここもその一つ。休日なんか特にひろめ市場は駄々っ混みなんで、初めっから周辺のお店狙いの方が確実かもしれません。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824195854j:plain

お店の形式としてはいわゆる〇〇食堂と同様、ご飯とお味噌汁に他のお惣菜的なものをピックしていくスタイル。勿論、出来立てをオーダーする事も可能。

メニュー・味

メニューです。高知に来て高知っぽい物は『鰹たたき』くらいしか食べていなかったので、出来るだけ高知を感じられるものを順番にオーダー。
まずはかつおたたき。他府県では中々見かける事自体無いこの肉厚のボリューム感。
なんぼ食べてもこれだけは何度でも食べられます。
食べ方は地元の人に倣った塩たたきで、ちょっとわかりにくいかもですが。

飽きとか永遠に来ないでしょう。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824200432j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190824202133j:plain

炭火焼き鳥。『炭火』と言う点がミソ。
程よい焦げと炭の香りが運転を控えていても『生ちょうだい』と叫んでしまいそう。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824203503j:plain

目光のから揚げ。『メヒカリ』と読みます、そのまんまですね。マメアジより更に細かい魚なんですが、揚げ方なのか元々なのか骨が全く気にならない。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824203510j:plain

知ってる人は知っている、知らない人は試してみてね、のうつぼ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824212233j:plain

生きている時のインパクトがきつすぎて、とても食べ物のイメージがわきませんが、ぷりぷりの身と独特な食感の皮のコラボレーションは他のものでは中々味わう事は出来ません。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824203512j:plain

かつおと言えばどうしてもたたきのイメージが強いんですが、当然ですが刺身でも美味しく食べられます。⇓はかつおのユッケ。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824203518j:plain

今回はランチでお邪魔しているので、ご飯が必須。ちりめん丼と海鮮丼。ご飯に到達するのが大変な位盛沢山の具で埋め尽くされています。

f:id:aoi0730kanon0930:20190824212550j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190824212554j:plain

アクセス

とさでん交通『大橋通』駅徒歩2分。高知市内の市街地は車以外なら路面電車が便利です。東西にズバッと横切っていて、本数もまあまあ多いので『とさでん』で最寄り駅探してそこから南北に歩くと観光が捗ります。

まとめ

今回はこれで以上です。
ひろめ市場は知名度が群を抜いているので、正味平日だろうが休日だろうが混んでいるものは混んでます。京都の錦市場のように観光客だけしかいないならまだしも、ここは地元の方もまあまあ利用するらしいので、ピークタイムはもう知っちゃかめっちゃかな状況になってしまうので、もう『ひろめ市場』を観光スポットと割り切れる方は食事の場所を他に絞って探した方が早いです。

世界中のホテル予約を、一気に比較【ホテルズコンバインド】