神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

東京からの元祖つけ麺屋さん『大勝軒』

今回は関東の方にはお馴染みかもしれないつけ麺屋『大勝軒』のご紹介です。
『元祖つけ麺』と称されるこのお店のウリはやっぱりつけ麺、現在京都に2店舗。
京都駅の京都拉麺小路西京区内にある訳ですが、今回は西京区の方にお邪魔します。

f:id:aoi0730kanon0930:20190301235208j:plain

店舗概要

このお店は京都市西京区にあります。ラジオを聞いているとよく耳にする京都市亀岡市を結ぶ国道9号線で最も混む、もしくは渋滞情報で渋滞の先頭として報じられる交差点、そんな交差点の北西角にこのお店はあります。交通量激高。
店内はカウンターがL字型に10席前後のほかテーブル席が1,2席用意されている程度の割とこじんまりとしたお店です。

メニュー・味

メニューです、食券制。つけ麺がメインと言うだけあって、濃厚と元祖の2種が用意されている他、中華そば、それにサイドメニューも結構充実しています。f:id:aoi0730kanon0930:20190301235915j:plain
元祖と濃厚、どちらも気になる響きがあり、怪訝そうにこちらを伺う店主を尻目に十数秒の間券売機の前で悩んだ末

ええ加減もうちょい決断力を身に着けようね☆

選ぶ時間も楽しみの一つです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190302000413j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190302000416j:plain

今回は濃厚つけ麺をチョイス、写真は300gです。
連れの先輩は元祖の方をオーダーしていたんですが、見るからに粘度が違います、もう削り粉要らないんじゃ、と思えるほどにつけ汁はどろっどろ、麺はたまご麺と言うやつでしょうか、つるつるとした艶は食べなくてものど越しの良さが伝わってきます。
味はつけ麺の中では比較的オーソドックスとも思える削り粉で魚介風味を演出した豚骨ベースのつけ汁を太麺が余すところなくキャッチします。
トッピングはねぎ・メンマ・チャーシューの他なるとが載っている辺り昔からのこだわりを感じます。

当初麺を食べ終わった後は雑炊風に仕上げる予定でしたが、やはり300gが思う存分つけ汁を吸ってしまった結果、ご飯を入れるほど汁が残らないという結果に。
そこで、今回は割りスープに急きょ変更。魚介の香りが程よく鼻孔をくすぐる濃さとして丁度よい味になります。

f:id:aoi0730kanon0930:20190302002030j:plain

アクセス

京都市西京区内国道9号線『千代原口』交差点北西角。駐車場は店西側に提携駐車場あり(無料)

まとめ

今回はこれで以上です。
濃厚つけ麺はその見た目の通り、濃厚そのものでしたが、元祖の方はそこまでの濃さを感じない見た目。味の感想を聞いた所、かなり甘めな味付けだったという事です。
濃厚も元祖も、かなり満足度の高い一杯に仕上がっていますので、自分の好みに合わせて選択可能なのがこのお店一番の魅力にも感じます、一度召し上がってみて下さい。

⇓おうちで美味しいラーメンを味わいたい人はここ

有名ラーメン店の味をそのままご自宅にお取り寄せ