神社に一礼

近畿圏内で神社・ラーメンを中心に『明日どこ行こ?』に答えられるブログを目指しています。

ガチンコラーメン探問その1『天下ご麺』

今回は水口の塩ラーメン屋『天下ご麺』のご紹介です。
『天下ご麺』滋賀県内に数店舗あるラーメン屋の名前なんですが、TOKIO司会のバラエティ『ガチンコ』の人気コーナー『ガチンコラーメン道』から派生して出来たラーメン屋(だそうです。)

自信ない情報は書かなきゃいいんやで☆

店はいるまでは触れるつもりなかったんですが諸々触れざるを得ない事象が店内にありまして。という訳で、今回は天下ご麺水口店にお邪魔します。f:id:aoi0730kanon0930:20190119235007j:plain

店舗概要

このお店があるのは滋賀県水口市。水口というのは、江戸時代には東海道の宿場町で、水口城を中心に栄えた山あいの町ですが、今回このお店には直接関係ありません。

関係ないなら書くなよ♪

その内、別のトピックで触れていきます。
さて、今回のお店ですがカウンターばっかりのこじんまりしたお店ですが、インテリアから既にかなり濃い。まずお店に入るとカウンターの上、一面に貼られたこの店の、ではなくラーメンの歴史と思われる年表が掲げられ、お店入って右側には『ガチンコラーメン道』で何度もみた指導者『佐野実』氏の肖像写真。中々食べる前から結構お腹いっぱいになれるお店です。

メニュー・味

メニューです。食券制のこのお店、結構色んなメニューを取扱いされています。

f:id:aoi0730kanon0930:20190120000605j:plain
近江塩鶏麺がメインの様で、そこに鰹武士(節)醤油、とん塩、エビ味噌、担々麺と球種が多くて狙い球を絞るだけでも大変。それぞれの特徴が書かれた品書きも横にありました。『通麺』というのが際立ってお得に見えますが、トッピングがネギのみというシンプルな作りで麺とスープだけを楽しめるように配慮されているようです。f:id:aoi0730kanon0930:20190120000723j:plainまずは、メインと言われて食べない訳にもいきません。ここはセオリー通り近江塩鶏麺
から攻めることとします。f:id:aoi0730kanon0930:20190120001534j:plain
塩ベースのスープに足されているのは鶏脂でしょうか、基本ベースをあっさりにしながら物足りなく感じない様に、コクをプラス。白ネギと焦がしねぎ、違う二種類のネギが食感と清涼感が口に広がります。小麦の香りがいっぱいに感じられる麺に、温玉も食べ応え十分。

チャーシュー丼です。豪快に盛られたチャーシューが二枚、それに白髪ねぎ。たれは甘辛くて、こちらも食べ応えは十分。

f:id:aoi0730kanon0930:20190120002752j:plain

アクセス

車の場合:滋賀県水口市内『水口税務署前』交差点東側。

まとめ

今回はこれで以上です。
水口は水口城跡はじめ、見どころも多いし、自然と触れ合えるアクティビティもあります。また、京都奈良大津辺りからのアクセスも良いので週末のドライブがてら子供をあそびに行かせるには距離的に丁度いい場所でもあります。
お出かけの際のランチにご一考ください。