神社に一礼

京都、滋賀を中心に訪問した神社を紹介するブログです。

兎と龍『恩智神社』

今回は大阪府八尾市にある神社『恩智神社』のご紹介です。
河内国二の社に数えられるこの神社のシンボルは兎と龍。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404211547j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190404211550j:plain

ちょっと参拝までが大変なんですが、今回はこの恩智神社に一礼。

f:id:aoi0730kanon0930:20190405000427j:plain

神社概要

この神社は大阪府は八尾市にあります。創建は雄略天皇の頃(470年頃)とされる1500年もの歴史を持つ、由緒ある神社です。
御祭神は2柱。
大御食津彦命(おおみけつひこのみこと)
大御食津姫命(おおみけつひめのみこと)
神功皇后三韓討伐の際、この神様は住吉大神と共に、海路・陸路を安全に道案内し、神功皇后に加勢して以来、朝廷からの厚い信仰を受けていて、称徳天皇には神封(神社に与えられる領地のようなもの)が与えられ、冠位も最終正一位まで叙せられ、恩智大明神の称号を賜るまでに至ったとされています。
この神社は当初天皇森(現在の頓宮)にあったんですが、建武年間に恩地左近が恩智城を建造する際、自分のお城が神社より上方にあるのは不敬として、今の恩地山山上に移されたとされています。
ご利益は交通安全と衣食住の守護してくれるという事です。また、河内の祓い神として人形祓いの神様としても信仰を集めています。

境内散策

ご本殿・ご拝殿

神社参道

ご本殿と拝殿はこの神社の境内最奥にあります。この神社の特徴はこの長い参道。奥の方にまでずっと道が続いているのわかりますでしょうか。山裾にある静かな神社で、一歩一歩階段を登る毎清々しい雰囲気と木の香りとを感じることが出来る場所です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404230503j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190404230507j:plain
拝殿

登り切った奥に見えるのがこの神社のご拝殿・そして奥にあるのがご本殿です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404231049j:plain

ご本殿

こちらの神社は珍しいんですが、本殿にお参りできます。大体の神社ってこのご拝殿に向かって一礼して終わり。本殿前まではいけませんよね。
こちらは普通に裏手に回るとお参りが可能。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404231342j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190404231346j:plain

f:id:aoi0730kanon0930:20190404231349j:plain

神兎・神縁兎

拝殿前に鎮座する像の一つが神兎です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404232246j:plain龍と兎は神のお遣いとされていて、兎が道案内した話なんか因幡の白兎なんかでも有名。導きの神様とされていて、交通安全初め縁結びなどあらゆるものをいい方向に導いてくれるとされています。本殿前にいる方が神縁兎。f:id:aoi0730kanon0930:20190404232414j:plain

神龍

拝殿前と本殿内に座するもう一つの像、それが神龍です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404232751j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190404232759j:plain

龍もお導きのご利益があるとされていて、本殿前の龍にお参りしてから、拝殿前の神龍が持つ神璽(たま)を撫でる事で開運のご利益があるとされています。

閼伽井戸(清明水)

神社の裏手にあるのが、この色んな意味で不思議な様相を呈す井戸『閼伽井戸(あかいど)』です。水の受け口が赤茶色に染まっている通り、この井戸は雨が降る前には赤茶色の水が流れる不思議な井戸なんだとか。僕の訪問日は快晴やったので、透明な普通の水でしたが、実際に雨の前には今でも赤茶色の水が出る、事もあるそうです。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404233314j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190404233315j:plain

春日神

拝殿左手には摂社春日神社があります。f:id:aoi0730kanon0930:20190404234136j:plain

御朱印

御朱印は本殿すぐそばの社務所で頂けます。ここでも龍と兎がポイント。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404230110j:plain
神様の遣いとしてお祀りしているだけあって、兎と龍のお守りも多く取扱いあり。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404230116j:plain

頓宮

神社入り口鳥居から、本殿までの間に空き地があり、そこにもお社があります。
この神社の元の鎮座地『頓宮』です。

f:id:aoi0730kanon0930:20190404234508j:plain
f:id:aoi0730kanon0930:20190404234511j:plain

アクセス

大阪府八尾市内国道170号線『南高安小学校前』交差点南へ。境内駐車場有。

まとめ

今回はこれで以上です。
最寄り駅は近鉄『恩智駅』ですが、ちょっと遠いです。(約20分)。境内駐車場は長い石段を登った先にあるんですが、元気な方は是非とも石段下からご参拝してみて下さい、石段を踏みしめる毎この神社の良さを感じ取っていただけるものと思います。